テキサス人はなぜダウン症の胎児中絶に反対するのか?

テキサス人はなぜダウン症の胎児中絶に反対するのか?

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はアメリカを二分し続ける中絶問題について、保守派キリスト教徒が多く住む南部の人々の意見を紹介する。


今年の「ガーバー・ベイビー」はダウン症のルーカス君

 テキサスの多くの教会では、毎年「World Down Syndrome Day」(世界ダウン症デー)である3月21日前後に必ず、牧師たちがダウン症の胎児中絶の反対を唱える説教をする。

 これは年中行事と化しており、私の隣人が通っている教会では毎年3月にダウン症の子どもたちが行う演劇を披露したり、ダウン症の子供を持つ親のスピーチをフィーチャーするなどして、ダウン症に関する認知度を高めるための催しを行う。

 今年は2月に、ベビー・フードの最大手であるガーバー社が、ダウン症の幼児を“Gerber Baby”(ガーバー社の顔となる赤ちゃん)の優勝者に選び、3月9日にワシントン・ポスト紙が、「低IQの子どもを望まない女性がダウン症の赤ん坊を中絶するのは当然の権利だ」という記事を掲載したため、いつになくダウン症が大きな話題になっていた。さらに、3月17日にはダウン症の男性、ジョン・フランクリン・スティーヴンスさんが国連で感動的な演説をしたため、多くの教会にて牧師たちはいつもより長い時間を割いて熱弁をふるった。

中絶ではなく、養子縁組を

 保守派キリスト教徒は、「胎児も神の子である」と信じているため、中絶は人殺し、つまり神の道に背く罪だと考える。特にダウン症胎児の中絶は、「最も弱き者を救うことこそがキリストの道だ」と教えられている彼等にとって、決して許されてはならない大罪なのである。

 また、彼等は医学・科学がさらに進歩して、盲目かどうか、青い目かどうか、癌の遺伝子を持っているかどうかなどが羊水穿刺検査で分かるようになるであろう近未来を見据え、「ダウン症胎児の中絶を許したら、なし崩し的にあらゆる中絶が正当化されてしまうだろう」と恐れている。どの胎児に「生まれる権利を与えるか」という選択権を親が持つのは、人間が神のまねごとをする言語道断な神の冒涜であると彼等は考えているからだ。

 保守派キリスト教徒は、前述した通り「最も弱き者を救うことこそがキリストの道だ」と信じているため、例えばレイプされた女性が妊娠して胎児がダウン症だと判明した場合などは、犠牲者の女性、つまり「弱き者」に同情を示す。しかし、このような特殊なケース以外は、「自分の好みの赤ん坊じゃないから中絶する」という行為は、神を恐れぬ人間の身勝手な行為だと考えている。

 とはいえ、彼等はダウン症の中絶を望む女性を蔑視しているわけではなく、彼女たちに救いの手を差し伸べることが神の道だと信じ、教会やダウン症サポート・グループを通じて、ダウン症胎児の養子縁組促進運動を積極的に行っている。シングル・マザーや核家族が多い都会のライフ・スタイルと異なり、テキサス人の多くは昔ながらのキリスト教の価値観に固執し、家族の絆を重んじているため、親類縁者が近くに住み、皆で助け合いながら生きている。そのため「私が死んだらこの子の面倒を誰が見てくれるだろうか」という不安にさいなまれることなく、ダウン症の子どもを育てることができるのだ。

 彼等は、ダウン症胎児の中絶を望むリベラル派の人々に、「テキサスには受け入れ先がたくさんあるから、養子という選択肢を選んで欲しい」と呼びかけているが、両者の間の溝はあまりにも深すぎるため、彼等の声はリベラル派には届かないであろう。

ユーモアのセンス溢れるスティーヴンスさんの感動的な演説は、こちら。

「保守派」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング