空への夢の始まり14—自家用機免許を取得

空への夢の始まり14—自家用機免許を取得

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。ようやく自家用機の免許取得の国家試験を受けるまでたどり着いた。しかし、管制塔が何を言っているかがわからない?!


管制塔を避けて飛んでも試験には受からない

 初めてのソロ・フライトを無事に終えた後もトレーニングは順調に進んだ。しかし、外国人にとっての難関とされる「管制塔とのラジオでのコミュニケーション」で、躓いてしまった。

 自家用機の免許を取得する際には、 ホームベースから50マイル以上離れた空港まで単独で行って帰ってくる「クロスカントリー飛行」を規定時間、飛ぶことも条件のひとつだ。空港には管制塔がないところもあるので、英語に不安がある私は、管制塔がない空港を選んで何度も練習を重ねた。

 しかし、免許を取得する際には、管制塔のある空港へ行かなければならない。それをクリアーするために担当教官と何度も同じ空路を通い、同じ空港を訪れては管制塔とのやりとりを練習した。少しすると、たいてい同じような会話が同じような場面で交されることがわかってきた。 当時は、女性で外国人のパイロットがシアトルの上空付近を飛んでいるのは少なかったせいか、私がよく訪れた空港の管制官たちは、私のオドオドした拙い英語でのやりとりを頑張って聞き取ってくれていた。

 管制塔のある大きな空港に単独でクロスカントリー飛行に出た時は、初めてのソロ・フライトよりも緊張した。 飛びながら、私はまるで幼児が“初めてのお使い”をさせられているような緊張を感じていたことを覚えている(ありがたいことに、この日は何もなく、想定内のラジオコールで済んだ)。

管制塔からの指示が聞き取れない?!

 トレーニングも最終段階に入ると、さらに長い距離を、いくつかの空港に離着陸しながらホームへ戻るという、「ロング・クロスカントリー飛行」があった。その日はとても天気がよく、たくさんの小型機がシアトル上空を飛んでいた。何事もなくスムーズにフライトが終わりかけ、最後は頻繁に訪れている、初ソロ・クロスカントリーを行った空港でタッチ・アンド・ゴーをしてから、ホームベースに戻るだけだった。

 慣れている空港なので、いつもの調子で管制塔に呼びかけた。しかし、管制塔からは予期してなかった返答が戻ってきたのである。「今、この空港上には7機の飛行機がいて、すべてが着陸しようとしている。お前は6番目だ。そこで360度右回りに回りながら待機するように」。しかし、私はこの指示を瞬時には理解できなかったのだ。

 いつも通りの返答がくると思い込んでいたため、早口でラジオから聞こえてきた英語が全く聞き取れなかった。焦って、「もう一回、言ってください」と連呼すると、管制官が苛立った声で「右回りに360度回っていろ!」と言い、なんとかそこだけは聞き取ることができた。

 言われた通りに、右旋回を不安げに行った。飛行しながら、「もしも、私のやっていることが間違っていたらどうしよう……」と、ぶつかりそうな飛行機が周囲にいないかとキョロキョロと確認しながら待機した。2周した頃に、着陸の許可が出た。その後、無事にホームベースに帰り、教官にその出来事を話すと、ネイティブにとっては簡単な管制塔とのやり取りも、私のように英語を第二外国語とするパイロットにとっては大変危険な状態にもなりえることを、教える側としても改めて認識したらしい。その後は、様々な状況を仮定した管制塔とのやり取りを、教官と共に繰り返し練習した。

 私の場合は、飛行機の操縦には苦労しなかったものの、自家用機免許の国家試験への道のりは、英語力の壁を乗り越えることが主な課題だった。この試験では、まず筆記試験を受けて、それに合格すると試験官との口頭試験(試験官の問いかけに対して英語で説明するテスト)と実地試験がある。不安だった口頭試験は、片言の英語でも試験官に正しい答えが伝わるように、キーポイントだけを強調する回答策を用意して臨んだ。そして、無事に試験に合格することができたのである。

(次号へ続く)

「航空業界」に関する記事

この記事の寄稿者

愛知県豊橋市出身。高校卒業後、渡米。ボストン郊外のセーラム・ステート・カレッジで英語を学び、その後、航空学科のあるワシントン州グリーン・リバー・コミュニティ・カレッジへ。同校を経てセントラル・ワシントン大学に編入し、航空学で学士号、工業エンジニアリングで修士号取得。卒業後、同大学で操縦教官に就任。7年間の教官生活の傍ら、個人用ビジネスジェット機のパイロットも経験。2007年3月に 『Women in Aviation, International』 から奨学金を受けると共に、アジア人の女性パイロットネットワーク『Women in Aviation Asia』を発足。2008年1月、ホライゾン航空入社。不景気で一時解雇となり、グアムで遊覧飛行、飛行訓練、ドクター・ジェットの操縦を務めるも、2010年10月に同社復帰。同年、航空宇宙産業技術展2010ビジネスジェットパネリストも務めた。現在はオレゴン州に拠点を移し、家庭を持ち、子育てをしながら空を飛んでいる。

関連する投稿


空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の著者が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』の最終回。何年も教官として働きながらも旅客機のパイロットとして勤務する夢を諦めず、念願の夢を手にいれた道のりとは?


空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。次々と規定の航空免許取得に挑戦して、それを取得することを重ねる大学生活。その最後の難関は英語で説明する教官免許の試験だ


アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

鬱病や精神的障害などから、飛行機にひとりで乗ることに不安を持つ乗客が、精神安定のために機内に同伴できる「エモーショナル・サポート・アニマル」(心を支えてくれる動物)。今までは基本的にどんな動物でも客室へ搭乗することが許されていたが、今年から新規定を設定する航空会社が続出している。その理由とは?


空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。さて自家用機免許を取得後に念願の4年制大学にめでたく転入したものの、周囲は男子生徒ばかり。この中でやっていけるのか?


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング