アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。


よりナチュラルに見える、消えない眉毛

 「アメリカ人はきれいな眉毛をしている」というイメージがあるかもしれないが、アメリカでは男女問わず、眉毛の悩みを抱えている人が意外と多い。その証拠に全米中どこにでもあるような街のドラッグストアーでも、バラエティーに富んだ眉毛用商品がずらりと並んでいる。

 そんなアメリカで今、人気が急上昇しているのが、消えない眉毛が手に入る「マイクロブレーディング」だ。マイクロブレーディングとは、毛の流れに沿って1本1本つぎ足すように丁寧に毛を描いていく、アートメイクの新しい技法である。従来のアートメイクのように、目の上にベットリと海苔を貼ったように不自然に見えることもなく、本物の毛にしか見えないことが評判を呼んでいる。その上、「痛みに弱い」と言われるアメリカ人たちにとって、この技術は「痛いと言うより、むず痒い程度」であることも大人気の理由のようだ。

 ビューティー・ブロガーや、インスタグラムのインフルエンサーたちも、こぞってレポートをしているので、マイクロブレーディングが、どれほど本物の眉毛に近いかはこちらの動画を。

マドンナやベラ・ソーンもマイクロブレーディング

 使用前/使用後の写真だけでなく、毛をブラッシングしている様子を見れば、「こんなに自然に見えるならば、やってみたい」と思う人も多いことだろう。眉毛が薄く、自分が与える第一印象にコンプレックスを持っている人には、男女問わず人気というのにも頷ける。また、マドンナなどの有名人が、この技術で今の眉毛を手にいれたということも人気に拍車をかけている。

 施術後にはヒーリングタイムが必要で、通常4〜10週間後にフォローアップがあり、アートメイクと同様、合計2回で完成となる。施術時間は約60分~90分、料金は地域やサロンによるが$400〜950と幅があり、施術者によってはウエイティング・リストが4年先までいっぱいという人もいるらしい。

 フォローアップが必要なので、アメリカ旅行のついでに……というのは難しいだろうが、こんなに自然に見える眉毛なら施術を受けたいと思う人も多いだろう。でも、何年も待ちたくないからといって、 マイクロブレーディングの施術ライセンスを保持しない施術者のところにはいかないように気をつけよう。

「新サービス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


美容 新技術 新ビジネス

関連する投稿


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング