アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。


よりナチュラルに見える、消えない眉毛

 「アメリカ人はきれいな眉毛をしている」というイメージがあるかもしれないが、アメリカでは男女問わず、眉毛の悩みを抱えている人が意外と多い。その証拠に全米中どこにでもあるような街のドラッグストアーでも、バラエティーに富んだ眉毛用商品がずらりと並んでいる。

 そんなアメリカで今、人気が急上昇しているのが、消えない眉毛が手に入る「マイクロブレーディング」だ。マイクロブレーディングとは、毛の流れに沿って1本1本つぎ足すように丁寧に毛を描いていく、アートメイクの新しい技法である。従来のアートメイクのように、目の上にベットリと海苔を貼ったように不自然に見えることもなく、本物の毛にしか見えないことが評判を呼んでいる。その上、「痛みに弱い」と言われるアメリカ人たちにとって、この技術は「痛いと言うより、むず痒い程度」であることも大人気の理由のようだ。

 ビューティー・ブロガーや、インスタグラムのインフルエンサーたちも、こぞってレポートをしているので、マイクロブレーディングが、どれほど本物の眉毛に近いかはこちらの動画を。

マドンナやベラ・ソーンもマイクロブレーディング

 使用前/使用後の写真だけでなく、毛をブラッシングしている様子を見れば、「こんなに自然に見えるならば、やってみたい」と思う人も多いことだろう。眉毛が薄く、自分が与える第一印象にコンプレックスを持っている人には、男女問わず人気というのにも頷ける。また、マドンナなどの有名人が、この技術で今の眉毛を手にいれたということも人気に拍車をかけている。

 施術後にはヒーリングタイムが必要で、通常4〜10週間後にフォローアップがあり、アートメイクと同様、合計2回で完成となる。施術時間は約60分~90分、料金は地域やサロンによるが$400〜950と幅があり、施術者によってはウエイティング・リストが4年先までいっぱいという人もいるらしい。

 フォローアップが必要なので、アメリカ旅行のついでに……というのは難しいだろうが、こんなに自然に見える眉毛なら施術を受けたいと思う人も多いだろう。でも、何年も待ちたくないからといって、 マイクロブレーディングの施術ライセンスを保持しない施術者のところにはいかないように気をつけよう。

「新サービス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


美容 新技術 新ビジネス

関連する投稿


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング