アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。


よりナチュラルに見える、消えない眉毛

 「アメリカ人はきれいな眉毛をしている」というイメージがあるかもしれないが、アメリカでは男女問わず、眉毛の悩みを抱えている人が意外と多い。その証拠に全米中どこにでもあるような街のドラッグストアーでも、バラエティーに富んだ眉毛用商品がずらりと並んでいる。

 そんなアメリカで今、人気が急上昇しているのが、消えない眉毛が手に入る「マイクロブレーディング」だ。マイクロブレーディングとは、毛の流れに沿って1本1本つぎ足すように丁寧に毛を描いていく、アートメイクの新しい技法である。従来のアートメイクのように、目の上にベットリと海苔を貼ったように不自然に見えることもなく、本物の毛にしか見えないことが評判を呼んでいる。その上、「痛みに弱い」と言われるアメリカ人たちにとって、この技術は「痛いと言うより、むず痒い程度」であることも大人気の理由のようだ。

 ビューティー・ブロガーや、インスタグラムのインフルエンサーたちも、こぞってレポートをしているので、マイクロブレーディングが、どれほど本物の眉毛に近いかはこちらの動画を。

マドンナやベラ・ソーンもマイクロブレーディング

 使用前/使用後の写真だけでなく、毛をブラッシングしている様子を見れば、「こんなに自然に見えるならば、やってみたい」と思う人も多いことだろう。眉毛が薄く、自分が与える第一印象にコンプレックスを持っている人には、男女問わず人気というのにも頷ける。また、マドンナなどの有名人が、この技術で今の眉毛を手にいれたということも人気に拍車をかけている。

 施術後にはヒーリングタイムが必要で、通常4〜10週間後にフォローアップがあり、アートメイクと同様、合計2回で完成となる。施術時間は約60分~90分、料金は地域やサロンによるが$400〜950と幅があり、施術者によってはウエイティング・リストが4年先までいっぱいという人もいるらしい。

 フォローアップが必要なので、アメリカ旅行のついでに……というのは難しいだろうが、こんなに自然に見える眉毛なら施術を受けたいと思う人も多いだろう。でも、何年も待ちたくないからといって、 マイクロブレーディングの施術ライセンスを保持しない施術者のところにはいかないように気をつけよう。

「新サービス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


美容 新技術 新ビジネス

関連する投稿


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。






最新の投稿


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング