シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。すべての性的マイノリティーたちが、リベラル主義という訳ではない。リベラルに嫌気がさして引っ越しまでするゲイたちもいるのだ。


マイノリティーの中のマイノリティー

 「リベラル派は人種、文化、宗教、性の多様性に対して寛容」というのが、一般的なイメージだろう。しかし、これはある意味では正しくない。過激なリベラル派の場合、寛容性に欠けてしまうこともあるからだ。

 以前住んでいたシアトル対岸の島は、やや極端なリベラル派が多く住む場所だった。私のように有色人種で移民、女性であることは、彼らにしてみると自動的にマイノリティーの典型になってしまう。だから何かにつけ「マイノリティー」の代表としての意見を求められるのだが、それが苦痛でたまらなかった。マイノリティーはマイノリティーらしく、リベラルが求める教科書通りの反応をしないといけない。うっかり保守への理解など示そうものなら、説教されるのがオチだ。一度、「合法移民の立場からすると、不法移民の野放しは、やはりよくない」と発言したら、「トランプ大統領の手下か?」と叱られた。

ゲイでも時には保守的になる

 こうしたことが起きるたびに、「マイノリティーの中のマイノリティー」という気分になった。しかし、それは私に限ったことではない。子供の学校で仲良くなったゲイ・カップルのパパ友がいる。彼らも私と同じでリベラル的なところもあれば、保守的な部分もあるという人たちだ。彼らの発言は、リベラル派が想像する「ゲイらしさ」とは、時折かけ離れる。そのせいか、リベラル派の押し付けが苦痛になり、結局このカップルは、カナダに引っ越してしまった。

 カナダでは楽しく過ごしているらしい。ゲイの親同士のコミュニティーに入ったそうだが、そこでは子供のことになると結構、皆が保守的らしい。例えばワシントン州では、「小学校低学年から性別は選べる」というという授業が採用されると話したら、「いくらなんでも早いだろう?」と呆れられたという。彼らは「ちょっと、ほっとした」と言っていた。

 「多様性を求めるのであれば、本当はマイノリティーを意識する方がナンセンス」と彼らは言う。マイノリティーでも、思想は完全にリベラルとは限らない。それこそ、それも含めて、人は多様なのだ。

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

https://bizseeds.net/articles/601

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?

「シアトル」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


ひとつ、はっきりさせようじゃないか Let’s get one thing straight

ひとつ、はっきりさせようじゃないか Let’s get one thing straight

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。トランプという大統領を生んだ環境を作ったのは、アメリカの分断を煽る右派メディアだと考えるリベラル派の筆者が、アメリカの再生に必要なことは何かを語る。


アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?


トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。アメリカ社会ではごく一般的な、近所の主婦たちが集まる「ブック・クラブ」。主婦たちのリアルな思想の井戸端会議の実態とは?






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング