ハイネケン新商品CMが人種差別的なのは、広告代理店の狙い通り?

ハイネケン新商品CMが人種差別的なのは、広告代理店の狙い通り?

人種のるつぼ、アメリカにおける広告は誰が見ても気を悪くしないような映像や言葉選びが重要だ。そんな中、大手ビール会社ハイネケンが、誤解を招くような映像にまさかのコピーを乗せたCMを発表し、大炎上した。


キャッチコピーに「Lighter Is Better」

 オランダのビール会社ハイネケンは、多様性を打ち出した広告で知られており、昨夏にも、「政治やジェンダーなどに関する意見が相反する人たちがビールを挟んで話し合う」というCMを発表して高い評価を得ている。そのハイネケンが、「アメリカで、なぜこの内容?」と首を傾げてしまうようなテレビCMを制作。瞬く間に多くの批判を受けて、CMの放送を中止 、Youtubeも削除した。

 問題のCMは新商品「ハイネケン・ライト」のキャンペーンの一環。バーテンダーがビールのボトルをカウンターの先にいる客へ向けて滑らせると、そのボトルが黒人女性や黒人男性を通り過ぎて、黒人ではない女性に届き、そこで「時には、ライトな方がいい(Sometimes, Lighter Is Better)」という文字が現れるというもの。しかし、英語では肌の色が薄いこともライト(Light/ Lighter)と表現するため、このコピーはまるで、黒人よりも肌の色が薄い人の方が優れている(better)であると言っているようにも受け取れてしまい、多くの人々を不快にしたと大批判された。問題の映像はこちら。

炎上させることが目的のCM?

 グラミー賞アーティストのチャンス・ザ・ラッパーは、このCMが出たときから人種差別的だと問題視していた。ツイッターで彼は、不買運動を呼びかけているのではなく、「こういうことが頻繁に起きることが問題」だと訴え、「多くの広告代理店が意図的に炎上を狙ってコマーシャルを作っている。炎上すれば、記事やツイッターでそのブランド名が何回も言及されることになるからだ」と発言して話題になった。 「(広告代理店はこうやって)いろんな奴らを釣ろうとしているんだ」とツイートする彼には、734万人ものフォロワーがいる。消費者からの声を広告業界人はどう見るのか。アメリカの広告業界が今後どのように広告を作っていくのか気になるところだ。

米当局、インスタ「ステマ」疑惑追及 インフルエンサー21人を調査

https://bizseeds.net/articles/417

 米連邦取引委員会(FTC)が、スーパーモデルのナオミ・キャンベルやアンバー・ローズ、ハリウッド女優のリンジー・ローハン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ソフィア・ベルガラなど有名人21人に対し、人気SNS、「インスタグラム」の各自のアカウントで意図的に特定の商品を紹介し、そこから何らかの報酬を得ていた事実がないかを問い合わせる書簡を送った。当局は各自へ今月中に回答するよう求めている。

「エンタメ業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


【Red vs. Blue】トランプ大統領「不法入国者は米裁判抜きで即送還せよ」?!

【Red vs. Blue】トランプ大統領「不法入国者は米裁判抜きで即送還せよ」?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるからだ。当連載では、アメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人に見解を披露してもらい、その相違点を読み比べる。今回はトランプ大統領の「不法入国者は即刻強制送還するべき」発言について。


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


【Red vs. Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

【Red vs. Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、高視聴率の冠番組を持つ女優が人種差別ツイートをした直後に、その女優をクビにしたABCテレビの対応について


本物のリベラルを傷つける偽物リベラル

本物のリベラルを傷つける偽物リベラル

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。古き良き時代を知る人には、「最近のリベラル派は真のリベラルとは言い難い」と指摘する人が多い。それは、どういう意味なのか?






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング