ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

脳に働きかけて能力向上を図るブレインテックは、アメリカで急成長し続ける技術エリアだ。今回紹介するのは、ブレインテック・ヘッドフォン。トップ・アスリートたちがこよなく愛する商品の秘密とは?!


オリンピック級選手を虜にする秘密兵器

 「確実にパフォーマンスを向上する」ということで、スポーツ選手の間で人気を博しているヘッドフォンがある。開発したのはHalo Neuroscience社。ヘッドフォンの内側につけられた突起を通じ、ブレインテックを使って運動野に働きかけることで、アスリートの能力を高めるというものだ。

 オリンピックのメダリストらが取り入れて有名になったが、例えば全米スキー連盟のジャンプ強化指定選手がこれを利用したところ、装着した選手たちが次々に飛距離を伸ばし、13%以上もパフォーマンスが向上したというのだから驚きだ。

 内部の突起を除けば、見た目はまったく普通のヘッドフォンだ。使い方も通常のヘッドフォンと変わらず、装着中には音楽も聴ける。専用アプリを用いて、プログラムされたセッションを管理するそうだが、それが一体どんなものなのか、実物を紹介した映像はこちら。

あのネイビーシールズも導入!

 このヘッドフォンを定期的に装着することで得られる効果は、トレーニングの効率化、持久力、筋力、瞬発力、マッスル・メモリーの向上と魅力的なことばかり。そして、これらの効果に注目したのは、アスリートだけではない。なんと、米軍が誇るエリート特殊部隊、ネイビーシールズも同商品をテスト導入しているのだ。

 現在、これらをテストしているのは、ネイビーシールズのスナイパーたちだ。過酷な戦場では、全身全霊をかけた集中力が求められるが、その集中力のピークは、いくら百戦錬磨の兵でも、なかなか長くは続かない。しかし、このヘッドセット装着により、高い集中力が極限下で20時間も継続可能というデータが出ており、本格導入が検討されているという。

 このヘッドフォンは日本に向けても発送可能とのことで、密かに使用しているプロ選手もいるようだ。同社に寄せられた利用者アンケートでは、運動に苦手意識のあった人たちが、ヘッドセットの着用で体を動かすことが習慣化したとの声も多く、生活習慣病防止のための運動サポート・ツールとしても市場が広がることを期待しているという。

halo sport ホームページ
https://www.haloneuro.com/

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

https://bizseeds.net/articles/683

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?

「自己啓発」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

ニューロサイエンスを駆使したゲームで人材を採用する企業が続々

アメリカでは昨今、離職率の高さが問題になっている。人事担当者が数多くの履歴書を吟味し、面接を重ねても、それだけでは判断がつかない現実があるようだ。そんな中、候補者の適正を判断するAI搭載ゲームやビデオ面接アプリを使って、その結果で候補者の適正を判断する大手企業が増えているという。


30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

30秒でストレス解消できるブレインテックが登場

アリゾナに拠点を置く TouchPoint Solution社が開発したストレス対処のためのブレインテック・ガジェットに注目が集まっている。現在、特許申請中だというこのガジェットには、どんな特徴があるのだろう?


ダイエットもブレインテックの時代へ!

ダイエットもブレインテックの時代へ!

健康産業の現場で、着々とその存在感を示しつつあるブレインテック。そのテクノロジーを用いてダイエットを成功させるヘッドフォンが誕生し、話題になっている。アイルランドの企業とカリフォルニア大学サンディエゴ校が合同開発した商品とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング