世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。


2022年から宿泊できる宇宙ステーション型ホテル

 ロケットに乗って、地表からの高度320kmにある「宇宙ホテル」に宿泊する12日間の旅行パッケージの予約受付が開始した。冗談のような同プランは、米テキサス州ヒューストンで起業したOrion Span社が開発したもので、「地球を90分で一周する宇宙ホテルに12泊」というパッケージで、なんと値段は「1人あたり950万ドル(約10億円)」、予約時の頭金だけでも8万ドル(約860万円)とかなり高額だ。つまり、1泊の値段は約79万ドル(約8,500万円)という、一般人からは程遠いラグジュアリーな旅行である。

 Orion Span社はスタートアップだが、元NASAのエンジニアなどにより開発した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」を2021年に宇宙へ打ち上げて、翌年から宇宙ホテル業務を開始する予定だという。この「Aurora Station」は、42平方メートルで、最大4人の宿泊客と2人の乗組員が滞在できる。「Aurora Station」のイラストや予約先はこちら

宿泊するには宇宙飛行士のような準備も必要

 この旅行は、お金さえ出せば行けるわけでもないらしい。旅行の参加者は、宇宙飛行士たちが約2年間かけて受講するプログラムの短縮版を受けなければならず、出発の3カ月から始まる専用の訓練プログラムを受講する必要がある。オンラインによる「宇宙飛行の基礎」や「軌道力学」講座の受講後に、ヒューストンにある同社の施設で身体トレーニングを受けることが条件付けられているという。

 同社創業者兼CEOのフランク・バンガー氏は、この開発の理由を「人々を宇宙へと届けたいと考えたのは、それが人類に残された最後のフロンティアだからだ。誰でも簡単に利用できる目的地になるようにとAurora Stationを開発した」と話すが、宇宙開発関係者の中には、今回の同社の試みは現状どのような市場が存在しているのか、動向を見定めようとしているのではないかとの見方も出ている。

  予約は同社の公式サイト(前述)で受け付けており、世界中から投資家も絶賛募集中だ。さて、4年後に笑うのは誰になるのだろう?

参考記事:
This luxury space hotel could be up and running in four years

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

https://bizseeds.net/articles/100

引用元『How Much Each Company Will Charge to Take You to Space』 :https://goo.gl/5pqCZ7

「NASA」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


宇宙旅行 NASA 旅行業界

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング