サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


サマーキャンプはアメリカの常識

 日本の子供の夏休みは、お受験に備えて日々塾に通うことなどが一般的かもしれない。しかし、アメリカでは夏休みは「ライフスキル習得の機会」だと考えることが一般的だ。そのため、子供達を学校以外の場でそれぞれの興味に合わせて学ぶことができる「サマーキャンプ」に通わせる。

 キャンプの種類はアート、スポーツ、演劇、科学、社会福祉系などと様々だが、なかにはサーカスの曲芸を学べるサーカス・キャンプ、ヨットで数日間の旅をするセイリング・キャンプ、西部開拓時代の生活を体験するカウボーイ・キャンプ、ネイティブ・アメリカンの薬草の知識を学ぶキャンプなど、なかなか体験できないような変わったプログラムも用意されている。

 人気のサマーキャンプになると年明け早々に募集を開始し、あっという間に満員になるものもあるが、一般的にはサマーキャンプを選ぶ時期は4月頃。子供のいる家庭では家族で夏の計画を立て、子供たちが今年はどんなスキルを学びたいかといった会話が盛んになる。

 このようにアメリカの生活に浸透しているサマーキャンプだが、最近人気が高いのは「テクノロジー・キャンプ」と呼ばれるもの。なかでも特に人気の高い「iD Techキャンプ」を紹介した映像はこちら。

会場は有名校ばかり、生徒は世界中から

 「iD Techキャンプ」は、7歳から18歳までの子供を対象にした、あらゆる最新テクノロジーを学ぶためのキャンプだ。アメリカでは科学、技術、工学、数学を一連の流れで学ぶSTEM(ステム)教育が根付いているが、「iD Techキャンプ」が提供するものも、このSTEMスキルである。

 同キャンプは毎年全米150以上の会場で開催されるが、会場が名門スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)、など、一流大学であることも人気の秘密。プログラムは1週間から4週間に及ぶものまであり、子供たちはコーディングやゲーム構築、ロボット工学、3Dデザインなど、社会に出てから役立つ技術を思う存分学ぶことができる。講師には、超一流企業の現場技術者らが来ることでも知られており、このキャンプを受講した生徒の多くは、実際に一流企業に就職している実績も多数ある。そんな理由もあって、生徒はアメリカのみならず、世界中から集まるという。

 アメリカでは「良い大学に入ること」よりも、子供たちが「何に興味を持ち、どんな将来を構築したいか」ということが重要視される。それを育てるきっかけになるのがサマーキャンプ。未来を創造するテクノロジー・エリアのリーダー育成は、サマーキャンプを通じて、かなり早くから始まっているのである。

iD Techキャンプ
https://www.idtech.com/

アメリカの「学生」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


今週の選択「夏の風物詩」:2018年5月14日~5月18日

今週の選択「夏の風物詩」:2018年5月14日~5月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「今週の選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて今週、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング