サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


サマーキャンプはアメリカの常識

 日本の子供の夏休みは、お受験に備えて日々塾に通うことなどが一般的かもしれない。しかし、アメリカでは夏休みは「ライフスキル習得の機会」だと考えることが一般的だ。そのため、子供達を学校以外の場でそれぞれの興味に合わせて学ぶことができる「サマーキャンプ」に通わせる。

 キャンプの種類はアート、スポーツ、演劇、科学、社会福祉系などと様々だが、なかにはサーカスの曲芸を学べるサーカス・キャンプ、ヨットで数日間の旅をするセイリング・キャンプ、西部開拓時代の生活を体験するカウボーイ・キャンプ、ネイティブ・アメリカンの薬草の知識を学ぶキャンプなど、なかなか体験できないような変わったプログラムも用意されている。

 人気のサマーキャンプになると年明け早々に募集を開始し、あっという間に満員になるものもあるが、一般的にはサマーキャンプを選ぶ時期は4月頃。子供のいる家庭では家族で夏の計画を立て、子供たちが今年はどんなスキルを学びたいかといった会話が盛んになる。

 このようにアメリカの生活に浸透しているサマーキャンプだが、最近人気が高いのは「テクノロジー・キャンプ」と呼ばれるもの。なかでも特に人気の高い「iD Techキャンプ」を紹介した映像はこちら。

会場は有名校ばかり、生徒は世界中から

 「iD Techキャンプ」は、7歳から18歳までの子供を対象にした、あらゆる最新テクノロジーを学ぶためのキャンプだ。アメリカでは科学、技術、工学、数学を一連の流れで学ぶSTEM(ステム)教育が根付いているが、「iD Techキャンプ」が提供するものも、このSTEMスキルである。

 同キャンプは毎年全米150以上の会場で開催されるが、会場が名門スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)、など、一流大学であることも人気の秘密。プログラムは1週間から4週間に及ぶものまであり、子供たちはコーディングやゲーム構築、ロボット工学、3Dデザインなど、社会に出てから役立つ技術を思う存分学ぶことができる。講師には、超一流企業の現場技術者らが来ることでも知られており、このキャンプを受講した生徒の多くは、実際に一流企業に就職している実績も多数ある。そんな理由もあって、生徒はアメリカのみならず、世界中から集まるという。

 アメリカでは「良い大学に入ること」よりも、子供たちが「何に興味を持ち、どんな将来を構築したいか」ということが重要視される。それを育てるきっかけになるのがサマーキャンプ。未来を創造するテクノロジー・エリアのリーダー育成は、サマーキャンプを通じて、かなり早くから始まっているのである。

iD Techキャンプ
https://www.idtech.com/

アメリカの「学生」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング