新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


ダイヤモンドを薬指にインプラント

 誓いも愛情も大事にしたいが「指輪は苦手」という人や、高価な婚約指輪を失くすのが心配で身に付けることを躊躇する人も多い中、アメリカのミレニアルズ世代の人たちの間で人気が急上昇しているのが、なんと「ダイヤモンドのインプラント」だ。

 「インプラント」と聞くと、真っ先に歯のインプラントを想像するのが一般的だろうが、これは、婚約指輪のダイヤモンドをボディーピアスの要領でインプラントしてしまおうというアイデアで、正式名称はマイクロダーマル・ピアシングというもの。インスタグラムで瞬く間に人気が広がり、ニューヨーク・ポスト誌やFOXニュース等の米メディアが、こぞって“新しいトレンド”だと紹介したことで、その人気に拍車がかかった。その新トレンドの写真はこちら。

どうやって指に穴を開けるのか?

 耳に開けるピアスの穴とは異なり、ダイヤモンドのインプラントの場合、指の真皮にピアスのキャッチに相当する金属部品(アンカー)を埋め込み、そこに石、つまりダイヤモンドをはめ込む。施術時間はほんの数分程度で、施術費用も1箇所につき$40~と、リーズナブルだ。軍資金の少ないミレニアルズ世代の顧客の中には、高価なダイヤモンドではなく、ジェムダイア等のイミテーション宝石を埋め込む人もいるらしい。

 施術店によると、顧客の中には自分のデザインで複数の宝石を指に埋め込んだり、自身の体のタトゥーと宝石をコラボさせる人、また新郎新婦が揃ってダイヤモンドをインプラントするケースも多いそうだ。

 このインプラント、皮膚への負担は最小限にとどめられていると言われるが、施術前の金属アレルギーのテストは必須。指に開けた穴はずっと残り、アンカーが安定するまでのリスクや痛みが当然伴うという。しかし痛みあってもこれが文字通り“永遠の誓い”の印となることは間違いないだろう。

ミレニアルズ:経済の鍵を握る世代と彼らを顧客にしたい企業の実態

https://bizseeds.net/articles/12

日本でも浸透しつつある言葉、「ミレニアルズ(Millennials)世代」。1980年代から2000年代前半に生まれた世代を指すが、アメリカのミレニアルズ世代の実像とは、どのようなものなのか?

「ミレニアルズ」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカにおける結婚と現実

アメリカにおける結婚と現実

国際結婚をする人が増えているが、アメリカ人と結婚する場合は、上手くいかなくなった時のリスクも考えた方がよさそうだ。


インスタ映えするカラフルなアイスクリームたち

インスタ映えするカラフルなアイスクリームたち

暑い夏といえば、アイスクリーム! アメリカでは毎年7月第3日曜が「ナショナル・アイスクリーム・デー」で、7月にはアイスクリーム業界がさまざまなプロモーションを仕掛ける。SNSにもアイスクリームの写真がたくさんシェアされているが、なかにはアイスクリームのようなハイヒールまで登場し、インスタグラムを盛り上げている。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング