日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


「安全なの?」との不安の声が

 日本ではドラッグストアなどで簡単に入手できるお手軽リラクセーション・グッズ。なかでも花王株式会社が販売する「めぐりズム・蒸気でホットアイマスク」は、パッケージを開けると香る天然エッセンシャル・オイルのアロマと、自然に40度という絶妙な温度にマスクが温まることで目を癒すという優れモノだ。この商品を使ったことがある日本人は多いことだろう。

 しかし、この商品の知名度はアメリカではかなり低い。日系やアジア系スーパーマーケットでたまに見かけるのと、アマゾン・ドットコムで購入できるくらいだ。しかも、アメリカ人向けに大々的に宣伝しているわけでもないので、箱を見ただけでは「それが何なのか?」を簡単に想像することは難しく、今回の参加者も「本当に安全なの?」と、最初は戸惑い気味だった。

 不安がる参加者たちに使用法を説明し、実際に商品を使ってもらった。その反応をまとめた映像はこちら。

香りとパッケージ改善は必須?

 実際に使ってもらうと、編集部の不安はよそに、かなりの好反応だった。マスクが自然に温まる仕組みに「ワォー!」と皆、興奮気味。しかし、ちょっと手厳しい意見もチラホラあり、それを含めたアメリカ人女性たちの感想は……。

アンリ:
「私はとても好きだけど、就寝前に使うのはちょっと怖いわね。絶対に付けたまま朝まで寝ちゃうから。でも、とても気持ちがいいし、購入したい」

クリスタル:
「私はこの匂いが苦手かも。ちょっとキツ過ぎね。無臭か、あるいは後から自分がアロマを垂らせるようにしたらいいのに。そうよ、オイルを何種類か少量つけて販売すべき! それなら使えると思うわ」

ロリー:
「優れた商品だとは思うけど、なぜこの会社の人たちは、マスクに生理用品のパッケージみたいな柄をつけたのかしら?」

総評

 商品は「仕組み」や「手軽さ」という点においては、かなりの高評価だった。日本で大人気の商品だと説明すると「それは理解できる!」と皆が同意し、パッケージから出せば、すぐに目が温められるという発想は「さすがクールな商品が多いジャパンのもの」と感心していた。

 しかし、香りの評価はかなり厳しく、エッセンシャル・オイルは「自分が自分の好きな強さに調整したい」というクリスタルさんの意見に対して、全員が同意。また、ロリーさんの言うように、マスクの柄が生理用品を彷彿させるという点については、参加者全員が失笑していた。商材自体がどんなに優れていても、日本人にウケるデザイン感覚をそのままアメリカに持ってきてはダメなのだろう。気をつけねばならないのは、こういう小さな感覚の違いだ。しかし、その小さな違いに気づくか気づかないかで、アメリカ市場での商品展開の勝負は決まってしまう。せっかくのリラックス商品なのに、香りの好みがアメリカ人のそれと異なることから、今回の査定ではリラックス度がもう一歩伸びないという結果になってしまった。

珍しさ    ★★★★★
使いやすさ  ★★★★
リラックス度 ★★★
洗練度    ★★★
購入したい度 ★★★★

メーカーホームページ:
www.kao.co.jp/megrhythm/

「日本文化」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング