保守派クリスチャンの鑑、ペンス副大統領

保守派クリスチャンの鑑、ペンス副大統領


 ペンス副大統領は敬虔な福音主義キリスト教徒で、妻以外の女性と夕食はとらず、妻が同伴しない場合はアルコールが出るパーティにも行かないことで知られている。これは福音主義者の伝道師、ビリー・グラムが提唱した行動規範で、ビリー・グラム・ルールと呼ばれている。
 政治家は、妻以外の女性と夕食をとっているシーンを目撃されただけで、浮気をしていると勘ぐられることさえある(2008年の大統領選の際には、”マケイン候補がロビイストの女性と二人きりで会っていた”という事実から、NYタイムズ紙が「マケインはロビイストの女性と浮気をしている!」と書き立てた)。

 保守的なキリスト教徒は「瓜畑に履を納れず、李下に冠を正さず」というルールを、“良識的なプロトコール”として尊重している。しかし、アメリカの多くのメディアはこのルールを遵守しているペンス氏を「女性差別」、「時代錯誤!」などと徹底的に糾弾した(上司と一緒に夕食や飲みに行ける男性たちの方が、一緒に行けない女性たちよりも昇進の可能性が高くなるから)。

 下院議員時代のペンス氏の女性スタッフが、「ペンス氏は仕事が終わり次第に家に帰り、業務時間内の業績でスタッフを判断してくれたので私は昇進しました。このルールが女性に不利だとは思いません」と反論したが、メディアは彼女の意見を無視して、ペンス批判を続けた。

 保守派の総本山のようなテキサス州に住むイスラム教徒の私は、こうしたアメリカのメディアの“意見”を聞くたびに、彼らのあまりの無知と偏見にあきれかえってしまう。

 もし、イスラム教徒の民主党下院議員、キース・エリソン氏が「妻以外の女性と夕食はとらず、アルコールが出るパーティには行かない」と言ったら、メディアはどんな反応を示しただろうか? エリソン氏を「女性蔑視! 時代錯誤!」と叩くどころか、「女性と二人きりで部屋にいただけでも浮気だと勘ぐられるワシントンで、スキャンダルを回避する危機管理能力がある」、「イスラム教の習慣を重んじ、主義主張を貫く信念の人物」などと彼を絶賛したに違いない。ペンス氏を非難したフェミニストたちも、「女性スタッフを夕食やお酒の席での人間関係で評価せず、仕事の能力で判断してくれる最良の上司!」と褒めちぎったことだろう。

 働く女性の真の敵は、女性と夕食をとらないペンス氏ではなく、「オフィス・アワー以外の個人的なつきあいで部下を贔屓したり、昇進を決める男性上司」ではなかろうか。しかし、8割方がリベラルと言われるアメリカのメディアは、まるでトランプ大統領とトランプ支持者を憎むことを生き甲斐に仕事をしているようなので、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という状態に陥って、物事の真相が見えなくなっているようだ。
 
 ちなみに、テキサス州にはビリー・グラム・ルールに従っている人が多いので、もし女性読者の中にテキサスに出張する予定がある方がいるならば、このルールの存在を頭の片隅に止めておいてほしい。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はバーバラ・ブッシュ夫人の訃報を喜んだリベラル派大学教授のツイート炎上に関する保守派の意見を紹介する。


シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。すべての性的マイノリティーたちが、リベラル主義という訳ではない。リベラルに嫌気がさして引っ越しまでするゲイたちもいるのだ。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。アメリカ社会ではごく一般的な、近所の主婦たちが集まる「ブック・クラブ」。主婦たちのリアルな思想の井戸端会議の実態とは?


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング