保守派クリスチャンの鑑、ペンス副大統領

保守派クリスチャンの鑑、ペンス副大統領


 ペンス副大統領は敬虔な福音主義キリスト教徒で、妻以外の女性と夕食はとらず、妻が同伴しない場合はアルコールが出るパーティにも行かないことで知られている。これは福音主義者の伝道師、ビリー・グラムが提唱した行動規範で、ビリー・グラム・ルールと呼ばれている。
 政治家は、妻以外の女性と夕食をとっているシーンを目撃されただけで、浮気をしていると勘ぐられることさえある(2008年の大統領選の際には、”マケイン候補がロビイストの女性と二人きりで会っていた”という事実から、NYタイムズ紙が「マケインはロビイストの女性と浮気をしている!」と書き立てた)。

 保守的なキリスト教徒は「瓜畑に履を納れず、李下に冠を正さず」というルールを、“良識的なプロトコール”として尊重している。しかし、アメリカの多くのメディアはこのルールを遵守しているペンス氏を「女性差別」、「時代錯誤!」などと徹底的に糾弾した(上司と一緒に夕食や飲みに行ける男性たちの方が、一緒に行けない女性たちよりも昇進の可能性が高くなるから)。

 下院議員時代のペンス氏の女性スタッフが、「ペンス氏は仕事が終わり次第に家に帰り、業務時間内の業績でスタッフを判断してくれたので私は昇進しました。このルールが女性に不利だとは思いません」と反論したが、メディアは彼女の意見を無視して、ペンス批判を続けた。

 保守派の総本山のようなテキサス州に住むイスラム教徒の私は、こうしたアメリカのメディアの“意見”を聞くたびに、彼らのあまりの無知と偏見にあきれかえってしまう。

 もし、イスラム教徒の民主党下院議員、キース・エリソン氏が「妻以外の女性と夕食はとらず、アルコールが出るパーティには行かない」と言ったら、メディアはどんな反応を示しただろうか? エリソン氏を「女性蔑視! 時代錯誤!」と叩くどころか、「女性と二人きりで部屋にいただけでも浮気だと勘ぐられるワシントンで、スキャンダルを回避する危機管理能力がある」、「イスラム教の習慣を重んじ、主義主張を貫く信念の人物」などと彼を絶賛したに違いない。ペンス氏を非難したフェミニストたちも、「女性スタッフを夕食やお酒の席での人間関係で評価せず、仕事の能力で判断してくれる最良の上司!」と褒めちぎったことだろう。

 働く女性の真の敵は、女性と夕食をとらないペンス氏ではなく、「オフィス・アワー以外の個人的なつきあいで部下を贔屓したり、昇進を決める男性上司」ではなかろうか。しかし、8割方がリベラルと言われるアメリカのメディアは、まるでトランプ大統領とトランプ支持者を憎むことを生き甲斐に仕事をしているようなので、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という状態に陥って、物事の真相が見えなくなっているようだ。
 
 ちなみに、テキサス州にはビリー・グラム・ルールに従っている人が多いので、もし女性読者の中にテキサスに出張する予定がある方がいるならば、このルールの存在を頭の片隅に止めておいてほしい。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


年の瀬に「真の多様性」を考える

年の瀬に「真の多様性」を考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙の影響もあり、リベラルと保守の対立を感じるニュースが目立った今年。しかし年の瀬は真のアメリカの良さを感じることも。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング