男子留学希望者必読! セクハラの濡れ衣を着せられる理由

男子留学希望者必読! セクハラの濡れ衣を着せられる理由


 昨年5月、テキサス大学アーリントン校で、セクハラの濡れ衣を着せられた男子学生が卒業間近に自殺するという事件が起こり、今年4月に遺族が大学を相手に訴訟を起こした。2011年にオバマ政権が「セクハラや性的暴行の加害者を罰し、被害者を守らない大学には連邦政府からの予算を与えない」という主旨の命令を下して以来、様々な大学で男子学生がセクハラやレイプの濡れ衣を着せられる事件が続出している。

 その命令書は、セクハラや性的暴行が実際に起きたと判断する基準を、こう定めている。"It is more likely than not that sexual harassment or violence occurred."つまり、セクシュアル・ハラスメント、または暴行が起きた確率が5割以上であること。(more likely than notは、「5割を超える確率で、どちらかと言われれば多分そうだろう」という意味。)
 
 この極めて曖昧な”基準”に従い、連邦政府からの予算を失いたくない大学側は”事件”が起きるたびに”被害者”の主張をほぼ全面的に受け容れ、”加害者”に反駁の機会を与えることなく、”加害者”を退学または停学処分にしてきた。濡れ衣を着せられた学生の総数は明らかではないが、こうした処罰は闇から闇に葬られるケースが多く、濡れ衣を着せられた学生が弁護士を雇った場合も、大学側が政府からの報復を恐れて、たいていは秘密裏に示談で済ませているという。

 これまでに処罰を受けた学生が大学を訴えたケースは約180件。既にえん罪となり、加害者だとされていた学生の無実が晴らされた判例のうち、マスコミが取り上げて話題となった数は10件以上ある。ちなみに原告側が勝利したケースの担当判事のほとんどが、大学側が”被害者”の偽証をほぼ無条件で信じ、”加害者”の基本的な人権を無視したことを指摘している。

 さらに、多くの裁判でEメールなどの証拠から、セックスをした後にフラれた女子学生が男子生徒に逆恨みをしてレイプだと偽証したケースや、合意の上で複数の男子学生とセックスをした女子学生が、後に噂が広まることを恐れて偽証したケースなどの真相も明らかになっている。今年の4月には、ローリング・ストーン誌が2014年に「ヴァージニア大学で集団レイプ事件が起きた」という記事をねつ造したことに関する裁判で、同誌はヴァージニア大学学長に300万ドルの賠償金を払うことになった。

 冒頭のテキサス大学の遺族が起こした裁判はまだ始まったばかりだが、そもそも連邦政府の介入を嫌うテキサス人たちは、自殺者まで出したオバマ政権下の不合理なルールをトランプ大統領が一日も早く撤回してくれることを望んでいる。もしアメリカの大学でこのルールの被害に遭った方がいたら、下記の被害者たちの相互援助グループのサイトに大学側の横暴に立ち向かう手段などが掲載されているので参考にしてほしい。

参考『Families Advocating for Campus Equality』:https://www.facecampusequality.org/
参考『Help Save Our Sons』:http://helpsaveoursons.com/category/fighting-back/

この記事の寄稿者

関連する投稿


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング