スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


今後は「リザーブ」を1,000店舗オープン。東京にも!

 世界で最も有名なコーヒー・チェーン、スターバックス社。世界中に約2万7千店舗を展開する同社が、米国シアトルにある本社ビルの1階に、これまでのスターバックスとはイメージが大きく異なる、シックで高級志向のブランド「スターバックス・リザーブ®」の第一号店を作った。これから、この「リザーブ」店を世界中に1,000店舗展開していく予定だ。

 希少価値の高い豆を揃えた「スターバックス・リザーブ」セレクションによるコーヒーや、イタリアから原材料を輸入し、店舗に隣接するベーカリーで作るパンや軽食などを提供し、価格帯も従来のスターバックスよりも高く設定している。

 アップスケールな雰囲気が漂う黒と木目を基調とした天井の高い店内は、通常のスターバックス店舗の4倍以上の広さがある。そこに日本にも一部で既に導入されているフル・サービスのコーヒー・バー「リザーブ・バー」と、 イタリア発「プリンチ(Princi)」のベーカリー&デリ、グッズ売り場、テーブル席が配されている。

©Starbucks

 同社の「リザーブ」ブランド店舗には、2014年に同じくシアトルにオープン後、世界展開を開始した「リザーブ・ロースタリーズ(Roasteries)」がある。しかし、「リザーブ」にはコーヒー豆を焙煎する巨大なロースターがないため、ファクトリーのライブ感を演出する「ロースタリーズ」とは店内の印象は大きく異なる。また、「ロースタリーズ」には日々、観光バスで乗り付けるアジアからの観光客が後を絶たないが、「リザーブ」にはまだ観光バスの団体はおらず、店内ではアルコール類も楽しめるからか、ファミリー層や未成年層が少なく「ロースタリーズ」よりも落ち着いた雰囲気だ。

サードウェーブ系に対抗する必要があるのか?

 「リザーブ・ブランド」は、コンセプトや内装、メニューはもちろん、カップやロゴなども従来のスターバックスとは異なる。店員も派手なタトゥーやカラフルな髪のスタッフを大勢揃えて、ヒップ感を強調している。

©Starbucks

 しかし、大量生産していない高級コーヒー豆を揃え、それを日本の喫茶店ではお馴染みのサイフォンやコーヒープレス、カリターを使用して客の好みの方法で淹れてもらうことができても、それが楽しめるカウンター席は数えるほどしかない。また、大型店内のそこに座ることで特別感を得られるような造りと演出、スターバックス独自の定番ドリンク各種も注文できる選択肢を残したことで、マス(大衆)から絶大な支持を得るスターバックス社らしさが随所に息づき、サードウェーブ系とは根本的に空気感がまったく異なる店舗だ。

 同社は今もなお、成長を続けている。例えば中国では過去5年間で店舗が800から3,200に増えた。平均して15時間毎に1店舗がオープンしている計算になるが、2021年までにはこれを5,000店舗に増やす計画だ。そんな背景から、コーヒー好きが多い地元シアトルでは、「これだけ成功している巨大企業が今さらサードウェーブ系に対抗することもなかろう」という声をよく耳にする。しかしそれは、同社の戦略を否定的に見ているわけでもなさそうだ。地元コラムニストの言葉を借りるなら、「トヨタの高級車レクサスがどんなに良い車でも、壊れやすいヨーロッパ車を好む人がいるように、コーヒー好きのこだわりは豆と淹れ方の問題よりも、さらに奥深い」ということらしい。

 スターバックスの「リザーブ」は、同社の高級志向ブランド店として、きっと成功するだろう。しかし、「リザーブ」はあくまでもスターバックスであり、サードウェーブ系ではない。そうである必要はなく、そうなることもないだろう。「リザーブ」は「スターバックスのファン」のためのブランドなのだ。サードウェーブ系ファンが「リザーブ」に行くことはなくても、世界中のスターバックス・ファンたちは「リザーブ」へ足を運び、同社はさらに発展していくだろう。

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

https://bizseeds.net/articles/641

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?

「シアトル」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

米アマゾン・ドットコム社の本社があるシアトルの街中で、無料のバナナ・スタンドを開始したのは2015年12月。昨年1月には配布100万本を達成し、来月末でスタンド開始から早3年が経とうとしている。同社は今後もバナナの配布を続ける予定だというが、なぜバナナなのだろう?






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング