スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


今後は「リザーブ」を1,000店舗オープン。東京にも!

 世界で最も有名なコーヒー・チェーン、スターバックス社。世界中に約2万7千店舗を展開する同社が、米国シアトルにある本社ビルの1階に、これまでのスターバックスとはイメージが大きく異なる、シックで高級志向のブランド「スターバックス・リザーブ®」の第一号店を作った。これから、この「リザーブ」店を世界中に1,000店舗展開していく予定だ。

 希少価値の高い豆を揃えた「スターバックス・リザーブ」セレクションによるコーヒーや、イタリアから原材料を輸入し、店舗に隣接するベーカリーで作るパンや軽食などを提供し、価格帯も従来のスターバックスよりも高く設定している。

 アップスケールな雰囲気が漂う黒と木目を基調とした天井の高い店内は、通常のスターバックス店舗の4倍以上の広さがある。そこに日本にも一部で既に導入されているフル・サービスのコーヒー・バー「リザーブ・バー」と、 イタリア発「プリンチ(Princi)」のベーカリー&デリ、グッズ売り場、テーブル席が配されている。

©Starbucks

 同社の「リザーブ」ブランド店舗には、2014年に同じくシアトルにオープン後、世界展開を開始した「リザーブ・ロースタリーズ(Roasteries)」がある。しかし、「リザーブ」にはコーヒー豆を焙煎する巨大なロースターがないため、ファクトリーのライブ感を演出する「ロースタリーズ」とは店内の印象は大きく異なる。また、「ロースタリーズ」には日々、観光バスで乗り付けるアジアからの観光客が後を絶たないが、「リザーブ」にはまだ観光バスの団体はおらず、店内ではアルコール類も楽しめるからか、ファミリー層や未成年層が少なく「ロースタリーズ」よりも落ち着いた雰囲気だ。

サードウェーブ系に対抗する必要があるのか?

 「リザーブ・ブランド」は、コンセプトや内装、メニューはもちろん、カップやロゴなども従来のスターバックスとは異なる。店員も派手なタトゥーやカラフルな髪のスタッフを大勢揃えて、ヒップ感を強調している。

©Starbucks

 しかし、大量生産していない高級コーヒー豆を揃え、それを日本の喫茶店ではお馴染みのサイフォンやコーヒープレス、カリターを使用して客の好みの方法で淹れてもらうことができても、それが楽しめるカウンター席は数えるほどしかない。また、大型店内のそこに座ることで特別感を得られるような造りと演出、スターバックス独自の定番ドリンク各種も注文できる選択肢を残したことで、マス(大衆)から絶大な支持を得るスターバックス社らしさが随所に息づき、サードウェーブ系とは根本的に空気感がまったく異なる店舗だ。

 同社は今もなお、成長を続けている。例えば中国では過去5年間で店舗が800から3,200に増えた。平均して15時間毎に1店舗がオープンしている計算になるが、2021年までにはこれを5,000店舗に増やす計画だ。そんな背景から、コーヒー好きが多い地元シアトルでは、「これだけ成功している巨大企業が今さらサードウェーブ系に対抗することもなかろう」という声をよく耳にする。しかしそれは、同社の戦略を否定的に見ているわけでもなさそうだ。地元コラムニストの言葉を借りるなら、「トヨタの高級車レクサスがどんなに良い車でも、壊れやすいヨーロッパ車を好む人がいるように、コーヒー好きのこだわりは豆と淹れ方の問題よりも、さらに奥深い」ということらしい。

 スターバックスの「リザーブ」は、同社の高級志向ブランド店として、きっと成功するだろう。しかし、「リザーブ」はあくまでもスターバックスであり、サードウェーブ系ではない。そうである必要はなく、そうなることもないだろう。「リザーブ」は「スターバックスのファン」のためのブランドなのだ。サードウェーブ系ファンが「リザーブ」に行くことはなくても、世界中のスターバックス・ファンたちは「リザーブ」へ足を運び、同社はさらに発展していくだろう。

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

https://bizseeds.net/articles/641

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?

「シアトル」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、リベラル派で知られるスターバックス社の元CEO、ハワード・シュルツ氏が、来年の米大統領選に出馬を検討中であるとインタビューで話したことについて。


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング