眠りのIQが高まる、究極のベッド

眠りのIQが高まる、究極のベッド

「睡眠IQ」を高めるという、ハイテクなベッドが話題を呼んでいる。「このベッドで毎晩眠ることで、人生そのものの質が変わる」と言われる理由とは? 人気の秘密に迫ってみよう。


現代人の睡眠の「質」は良くない

 人間は人生の多くの時間を、ベッドの上で過ごす。しかし、一体どのくらいの人が、日々の「良質な睡眠」を心掛けているだろう。

 睡眠の質は、健康維持とは切っても切り離せない。医学的見地から見ても、睡眠は血圧、免疫システム、糖尿病やガンなどの特定の疾患へのリスクにも影響を及ぼすと言われているが、米国疾病管理予防センターによると、現代人の睡眠の質は良質とはとても言えないそうだ。同センターの見解では、理想的な睡眠を得られている人は、人類全体の三分の一程度だろうというのだから驚きである。

 それでは良質の睡眠とは、一体どんなものなのか。それらを「睡眠IQ」としてデータ化し、理想的な睡眠を実現するアプリとベッドを開発したのが、ミネソタ州ミネアポリスに拠点を置くスリープナンバー社だ。同社が開発したベッドとアプリを紹介した映像はこちら。

眠っている人の疲れを感知する優れもの

 このベッドの名称は、「スリープナンバー360」。リスポンシブル・エアーと呼ばれる独自のテクノロジーを使用して、ベッドの上で眠る人の微妙な体の動きをすべて感知し、疲労を癒して快適な眠りをサポートするベッドだ。このベッドは3つの層から構成され、 ベッドの角度を自動で上下の高さや、マットレスの圧を調整してくれる。例えば「いびき」をかくような睡眠状態にあっても、ベッドが動いてそれが止まるように働きかけるという。寝返りを打つときはもちろん、微妙な体の動きに合わせ、マットレスが一晩中、動いて寝ている人をサポートしてくれるのだ。

 また、このベッドは眠っている人の体温も探知する。専用アプリを利用して、室内のエアコンと同期させ、室内の温度を眠っている人の体温から計算された最適な室温に調整してくれるという。

 このベッドは昨年、世界最大の家電見本市「CES」で、イノベーションに関する賞をいくつも受賞した。実際にこのベッドで眠ってみると、「無重力」を体感できるような解放感が味わえるそうだ。日本での販売はまだ始まっていないが、上陸したら話題になることは間違いないだろう。値段はシングルサイズで約1,700ドル(約17万4千円)〜と、優れた機能を搭載している割にはお手頃なのも魅力だ。

Sleep Number 360
https://www.sleepnumber.com/360

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

https://bizseeds.net/articles/694

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。

「健康」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


CES 睡眠 IQ

関連する投稿


「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

「テックなパジャマ」に全米の男性が夢中?!

米家電協会が毎年主催する世界最大規模の家電ショー「CES」。AI関連機器やテック系ガジェットなどの出展が目立つ中、今年のCESで異彩を放っていたのが、Under Armour(アンダーアーマー)が開発した「パジャマ」だ。一見、何の変哲もないように見える商品だが、一体どこがテックなのだろう?


食品廃棄物を自然に返そう!

食品廃棄物を自然に返そう!

オーガニック栽培や遺伝子組み換えがない安全な野菜を求める意識の高いアメリカ人の中には、自宅の庭に菜園を作って野菜を育てる人も多い。そんな家庭菜園家たちを虜にしている画期的な新商品が話題になっている。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング