毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


毎日たったの1秒だけ

 最近、アメリカの若者の間で流行っている 「1 Second Everyday(毎日一秒)」というアプリをご存知だろうか。簡単に説明すると、このアプリは毎日1秒間の動画を撮り、1年後には365秒の動画を作ることのできるカメラ・編集アプリだ。

 使い方は簡単で、アプリを立ち上げて、その日の出来事、例えば会った人や行った場所などを1秒間撮るだけだ。私の友人たちも、どこかのレストランへ行ったり、イベントに参加すると携帯を取り出して、1秒間の動画を撮影している。ある友人がフェイスブックに載せた昨年1年間分の動画には、彼女ならではの楽しそうなアクティビティーの数々に音楽もついて編集されていた。

将来に残したいハッピーな瞬間を紡ごう

 なんでも記録して、それをシェアーすることが当たり前になっている現代の若者には、ぴったりのアプリだが、このアプリにはクリエイターの熱い想いが込められている。ペルー出身のプロデューサー、クリヤマ・セザー氏によると、このアプリは彼が1年間の休職中に行ったプロジェクトがきっかけで生まれたそうだ。

 最初は、旅行中に毎日何をしたのかを覚えていたいというだけの目的で始めた1秒動画だったが、毎日1秒間だけでも思い出になるようなことを探して撮影していくうちに、自分がよりポジティブで、ハッピーな選択をしていたことに気付いたそうだ。これをきっかけに、クリヤマ氏はぜひ世界中の人に毎日1秒間の動画を撮るというシンプルな習慣を通して、1日の大切さや、人生の美しさについて感じて欲しいと願って、アプリを開発。それが多くの人々に支持された。

 ストレスの溜まる毎日を送りがちな現代人も、このようなアプリを通して、1日最低1回は何か「将来に残したいと思うようなハッピーなこと」をしてみると良いかもしれない。

「アメリカの学生」に関する記事

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アプリ 新ビジネス 学生

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング