冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は4月28日に開催されるホワイトハウス記者協会主催の恒例夕食会を、トランプ大統領が再び欠席したことについて、リベラル派としての見解を述べる。


歴代大統領たちのようにユーモア溢れるスピーチができないトランプ

 アメリカの民主主義において、メディアは極めて重要な役割を果たしている。政府は国民に対して説明責任があるので、メディアが何の干渉も受けず、自由に政府を取材できることはとても大切だ。この「報道の自由」は、米国憲法修正第一項によって守られている。

 アメリカの記者にとって、首都ワシントンDCで大統領や政府の上層部を取材することは、最もやりがいのある仕事のひとつだ。主要報道各社には、大統領の職務を取材する担当記者がおり、ホワイトハウス記者協会は、大統領とそのスタッフを取材する全ての記者の代表を務める組織である。大統領とホワイトハウス担当記者というのは、論争の起きやすい関係だが、伝統的にそこには両者の敬意が払われている。民主的なプロセスの中で、お互いの役割の重要性を両者が理解しているからだ。

 およそ100年近く、ホワイトハウス記者協会は毎年ワシントンDCで夕食会を主催してきた。これは記者と政治家が、リラックスした心地よい雰囲気の中で交流できる貴重な機会だ。近年は、この夕食会に芸能人やスポーツ選手が招かれ、テレビで放送されるようにもなった。この夕食会では記者たちに賞や奨学金が与えられたり、謝辞を述べたりするが、国民が最も楽しみにするのは、その喜劇的な要素だ。通常、大統領が冗談を交えたユーモアたっぷりの短いスピーチをする。そして大スター(大抵は有名なコメディアン)が、大統領や政権、そしてメディアをこき下ろすスピーチをするが、このときの冗談は鋭くて辛辣だ。

ユーモアのセンスは紳士の証であって、戦いの引き金ではない

 ドナルド・トランプは、2年連続でこの夕食会を欠席している。1930年以降の全ての大統領は、大統領職についている間に最低でも1回は出席しており、トランプ以前にこの夕食会を欠席したのは、ロナルド・レーガン前大統領だった。しかし、それは1981年で、彼は暗殺未遂により銃で撃たれて休養中だった。そんな状態でも、レーガン前大統領は夕食会に電話を入れて、いくつかの冗談を飛ばした。

 人間の性格は、ユーモアのセンスによって判断できると言われている。アメリカ社会において、ユーモアのセンスは非常に重要な性格特性だ。良いリーダーは、ストレスのかかった状況で緊張感を緩めるために、上手なユーモアを使う。自信のある人は、自分自身のことを冗談にしたり、自分に対する他者からの冗談をスマートに受け止めるだけでなく、さらに面白い冗談で返答することもできる。

 しかし、ドナルド・トランプは、このような柔軟性を全く持っていない。彼は自意識過剰で、自分のために何かをしてくれる人以外には興味がないため、緊張と混乱と分裂を増長させる。トランプは、それが何の話題でも個人的に受け止めてしまう心の狭い男だ。彼の中には「良いユーモア」というものが存在せず、あるのは支配と屈辱だけ。人は強くて支配をして他人を屈辱するか、弱くて支配されて他人に屈辱されるかのどちらかだと思っているのだ。

 トランプの悪性自己愛はひどく厄介で、この国に深刻なダメージを与えている。しかし、恐らくもっと厄介でダメージを受けているのは、彼が行っている報道の自由への戦いだ。彼にとって報道の役目は、わかりやすく彼を称賛することであり、大統領選に勝ったことで彼自身に批判の余地はないと信じているようだ。きっと大統領という役職と王様の違いがわからないのだろう。記者たちが彼の政治や彼自身を非難すると、それらを「フェイクニュース(噓のニュース)」と呼び、報道の自由を「アメリカの人々の敵」と言う大統領がいるアメリカを誰が想像しただろうか。ユーモアのセンスがない現大統領にとって、ホワイトハウス記者協会主催の夕食会は最も避けたいことのひとつだろうが、報道の自由を否定することは、アメリカ民主主義の基本原則のひとつに反している。

 だがアメリカは、大統領が夕食会を欠席しても生き残れる。トランプの破壊的な大統領職下でも、この国が生き残ることができるかどうかを見ることで存続していくのだ。

(参考記事)
Trump to Skip White House Correspondents' Dinner Again

「ドナルド・トランプ」に関する記事

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。


テキサス人はなぜ「国境の壁」建設を歓迎するのか?

テキサス人はなぜ「国境の壁」建設を歓迎するのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はメキシコとの国境隣接州に住むテキサスの人々の多くが、トランプ大統領の壁建設を支持する理由を紹介しよう。


【Red vs. Blue】大統領悲願の国境の壁、国境沿いの住人の生活はどうなるのか?

【Red vs. Blue】大統領悲願の国境の壁、国境沿いの住人の生活はどうなるのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、トランプ大統領による国境壁建設案が、国境周辺で生活するアメリカ人の権利を侵害する問題について。


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング