アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


トレンディーな服より、スタバのコーヒーやハンバーガー

 毎春と秋に行われる投資銀行のパイパー・ジャフレーによる消費動向調査「Taking Stock With Teens」によると、今年も引き続き、ティーンエイジャーたちは、衣料品よりも、外食やテイクアウトなどに多く出費していることが分かった。

 この調査は平均年齢16歳の6,000人のティーンエイジャーを対象に行われ、うち1,400人は家族の平均所得が$100,000(約1020万円)と高く、4,600人は$56,000(570万円)と平均的な家庭の子供たちだった。所得が高い家の子供たちは、小遣いの24%を外食費、20%を衣料品などに遣い、平均的な所得の家庭の子供たちの場合は、21%が外食費、19%が衣料品という結果だった。前者は2014年からこの傾向が続いており、後者はその年によって外食費と衣料品の順位が入れ替わっている。

今後の主要顧客層となる「iジェネレーション世代」

 現在16歳前後のポスト・ミレニアルズ世代は、iジェネレーションやジェネレーションZ、ジェンZと呼ばれる1990年半ば以降に生まれた人たちで、生まれた頃からデジタル慣れしている世代だ。彼らが成長すると、今よりもさらに大きな顧客層になるため、企業やブランドもこの層の好みや傾向調査に余念がない。

 興味深い新傾向は、この世代は、外食は夜が全体の66%を占め(昼20%、朝2%)、2009年の調査では57%のティーンがフルサービスのレストランを好んだのに対し、2018年春の調査ではティーンの65%が、フルサービスではないレストラン・チェーンを好む結果が出た。最も人気が高かった飲食ブランドはスターバックス、最も人気が高いレストランは、フライドチキン・サンドイッチのファストフード店、Chick-fil-Aだった。

 この調査を行なった投資銀行のニコール・ミラー・レーガン分析担当者によると、過去17回の同世論調査において、スターバックスは高収入世帯層のティーンからは13回、平均収入世帯のティーンからは16回も1位に選ばれており、「今年の投資対象として最も優秀な企業として推薦。シェアーも$70まで上がる見込み」とコメントしている。「iジェネレーション世代」の動向を必死になって知りたいのは、企業やブランドのマーケティング部署だけでなく、投資銀行も同様なようだ。

参考記事:
Teens Would Rather Eat Out Than Buy More Clothes

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

https://bizseeds.net/articles/703

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。

アメリカの「若者」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカの学生のソーシャルライフ

アメリカ東海岸の寄宿学校を卒業後、難関コロンビア大学バーナードカレッジに入学した日本の若者は、アメリカの若者をどう見るか? 次世代を動かすアメリカの姿を紹介する光田有希の『取説:アメリカの若者たち』。今回はアメリカの大学生たちのソーシャルライフについて、同じ大学生の視点からそこに息吹く文化を紹介する。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング