アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


トレンディーな服より、スタバのコーヒーやハンバーガー

 毎春と秋に行われる投資銀行のパイパー・ジャフレーによる消費動向調査「Taking Stock With Teens」によると、今年も引き続き、ティーンエイジャーたちは、衣料品よりも、外食やテイクアウトなどに多く出費していることが分かった。

 この調査は平均年齢16歳の6,000人のティーンエイジャーを対象に行われ、うち1,400人は家族の平均所得が$100,000(約1020万円)と高く、4,600人は$56,000(570万円)と平均的な家庭の子供たちだった。所得が高い家の子供たちは、小遣いの24%を外食費、20%を衣料品などに遣い、平均的な所得の家庭の子供たちの場合は、21%が外食費、19%が衣料品という結果だった。前者は2014年からこの傾向が続いており、後者はその年によって外食費と衣料品の順位が入れ替わっている。

今後の主要顧客層となる「iジェネレーション世代」

 現在16歳前後のポスト・ミレニアルズ世代は、iジェネレーションやジェネレーションZ、ジェンZと呼ばれる1990年半ば以降に生まれた人たちで、生まれた頃からデジタル慣れしている世代だ。彼らが成長すると、今よりもさらに大きな顧客層になるため、企業やブランドもこの層の好みや傾向調査に余念がない。

 興味深い新傾向は、この世代は、外食は夜が全体の66%を占め(昼20%、朝2%)、2009年の調査では57%のティーンがフルサービスのレストランを好んだのに対し、2018年春の調査ではティーンの65%が、フルサービスではないレストラン・チェーンを好む結果が出た。最も人気が高かった飲食ブランドはスターバックス、最も人気が高いレストランは、フライドチキン・サンドイッチのファストフード店、Chick-fil-Aだった。

 この調査を行なった投資銀行のニコール・ミラー・レーガン分析担当者によると、過去17回の同世論調査において、スターバックスは高収入世帯層のティーンからは13回、平均収入世帯のティーンからは16回も1位に選ばれており、「今年の投資対象として最も優秀な企業として推薦。シェアーも$70まで上がる見込み」とコメントしている。「iジェネレーション世代」の動向を必死になって知りたいのは、企業やブランドのマーケティング部署だけでなく、投資銀行も同様なようだ。

参考記事:
Teens Would Rather Eat Out Than Buy More Clothes

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

https://bizseeds.net/articles/703

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。

アメリカの「若者」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

先月、米スターバックス店内で起きた同店スタッフによる人種差別事件。これに対する社会への謝罪姿勢として、同社は5月29日に米国内約8,000の直営店を一斉閉鎖し、人種的偏見をなくすための勉強会に全従業員を参加させる。13億円以上も掛かる判断を迅速に行った同社の対応に賞賛が集まったが、日本企業も外国人とのトラブル対策は万端


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング