アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


トレンディーな服より、スタバのコーヒーやハンバーガー

 毎春と秋に行われる投資銀行のパイパー・ジャフレーによる消費動向調査「Taking Stock With Teens」によると、今年も引き続き、ティーンエイジャーたちは、衣料品よりも、外食やテイクアウトなどに多く出費していることが分かった。

 この調査は平均年齢16歳の6,000人のティーンエイジャーを対象に行われ、うち1,400人は家族の平均所得が$100,000(約1020万円)と高く、4,600人は$56,000(570万円)と平均的な家庭の子供たちだった。所得が高い家の子供たちは、小遣いの24%を外食費、20%を衣料品などに遣い、平均的な所得の家庭の子供たちの場合は、21%が外食費、19%が衣料品という結果だった。前者は2014年からこの傾向が続いており、後者はその年によって外食費と衣料品の順位が入れ替わっている。

今後の主要顧客層となる「iジェネレーション世代」

 現在16歳前後のポスト・ミレニアルズ世代は、iジェネレーションやジェネレーションZ、ジェンZと呼ばれる1990年半ば以降に生まれた人たちで、生まれた頃からデジタル慣れしている世代だ。彼らが成長すると、今よりもさらに大きな顧客層になるため、企業やブランドもこの層の好みや傾向調査に余念がない。

 興味深い新傾向は、この世代は、外食は夜が全体の66%を占め(昼20%、朝2%)、2009年の調査では57%のティーンがフルサービスのレストランを好んだのに対し、2018年春の調査ではティーンの65%が、フルサービスではないレストラン・チェーンを好む結果が出た。最も人気が高かった飲食ブランドはスターバックス、最も人気が高いレストランは、フライドチキン・サンドイッチのファストフード店、Chick-fil-Aだった。

 この調査を行なった投資銀行のニコール・ミラー・レーガン分析担当者によると、過去17回の同世論調査において、スターバックスは高収入世帯層のティーンからは13回、平均収入世帯のティーンからは16回も1位に選ばれており、「今年の投資対象として最も優秀な企業として推薦。シェアーも$70まで上がる見込み」とコメントしている。「iジェネレーション世代」の動向を必死になって知りたいのは、企業やブランドのマーケティング部署だけでなく、投資銀行も同様なようだ。

参考記事:
Teens Would Rather Eat Out Than Buy More Clothes

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

https://bizseeds.net/articles/703

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。

アメリカの「若者」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちの間に急速に浸透したフレーバー入りの電子タバコ「JUUL」(ジュール)と、それにまつわる様々な問題について。


視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング