成功への選択「激動の時を乗り越える方法」:2018年5月7日~5月14日

成功への選択「激動の時を乗り越える方法」:2018年5月7日~5月14日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「今週の選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて今週、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


今週の質問

友人との楽しい飲み会に参加しているあなた。そろそろお腹が一杯ですが、誘われたら断れないのは次のどちらですか?

1)食後のデザート
2)最後のワイン

今週の格言

今週のキーワード

 今週は、来週15日の新月に向けて、どんどん月が減っていくプロセスの途中です。しかも翌日16日には天王星がおうし座に入るという特別な星の動きがあります。これらの動きは誰にとっても「激動」を引き起こしますが、今週は来るべき激動に向けての「膿だし」が必要になってくるでしょう。

選択肢1:「食後のデザート」を選んだあなたへ

 この時期、思わぬ形で、あなたは長年大切にしてきたものを手放さねばならないかもしれません。それは人間関係だったり、モノだったりと様々でしょうが、今週、手のひらから離れるものは、気持ちよく手放して正解です。「大切にしているもの」と「執着」は、時に紙一重です。機能しなくなったものや、使わなくなったものに対しては、それらを感謝と共に、「送り出す」姿勢を貫きましょう。  
 人は出会った人、モノすべてを抱えて生きることは出来ません。多少つらくても、この手放しが、あなたの人生を次のステップに導くはずです

選択肢2:「最後のワイン」を選んだあなたへ

 人はひとりでは生きてはいけません。ですから意識、無意識にかかわらず、時に人は第三者との交流の中で、自分を抑え込んで「自分らしくない自分」を演じてしまうことがあるかもしれません。
 今週の開運のヒントは、「自分らしくない自分との決別」です。今まで言いにくかったことや、損だと分かっていてもあえて求められた役割を引き受けていたことなどに対して向き合いましょう。そして必要であれば、NOと言える自分を大事にしてください。来週から誰にも平等に起こる、ちょっとした「激動」を耐え抜くためには、今あなたが何を欲しているかに正直になる必要があるでしょう。

その他の「成功への選択」の記事へ

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング