イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が日本時間4日、同球団の会長付特別補佐に電撃就任した。地元メディアとして記者会見に出席したBizSeeds編集部記者が、「イチロー選手とマリナーズ球団に対する地元シアトル市民の反応」をリポートする。


イチローへの対応はすべて「異例」

  シアトル・セーフコ球場で急遽開催された記者会見。日本でも大きく報道されたように、イチロー選手は、「この日が来る時は、やめる時だと思っていた」と語った。しかし、そう語ったのは先月から噂されていた引退会見ではなく、「会長付特別補佐への就任発表」会見の席。マリナーズ球団によるイチロー選手へのこの配慮は、全米メディアでも“異例のオファー”だと大きく報じられた。

  春キャンプ終盤にマリナーズの外野手に故障者が相次ぎ、古巣に電撃復帰したイチロー選手のニュースに、シアトルは湧いた。本拠地での開幕戦でイチローの名前がアナウンスされたときには、球場が揺れるほど誰よりも大きな歓声が上がった。しかし、以前のような活躍が見られないまま、4月半ばにレギュラー陣が復帰し、イチロー選手の試合出場機会は激減。それでも、マリナーズは異例の「外野手5人体制」を続けた。

 米大リーグで、ベンチ入りできる選手枠は1チーム25人。そのうち外野手は通常3〜4人だ。そのため、この「外野手5人体制」は、シアトルの野球ファンたちの間で大きな波紋を呼んだ。イチロー選手は歴史的に稀に見る秀でた選手であり、ランディ・ジョンソンとケン・グリフィーJRに続き、野球殿堂(Hall of Fame)入りが期待される「マリナーズの象徴」だ。しかし、イチロー選手がどれほどレジェンドであっても、日々の試合に勝利し、プレーオフ出場を目指すチームにとって、レギュラーではない44歳のイチロー選手をベンチ入りさせておく余裕はないという声は、4月後半のシアトルでは無視できないほど大きくなっていた。

勝つために試合をする それがプロの野球ではないのか?

 当然のことだが、試合は勝つためにある。イチロー選手は「50歳まで引退しない」と公言していたが、それは彼個人の計画である。2軍へ降格するオプションはないイチロー選手にとっては、「ベンチ入りできない=解雇」。4月後半から多くの地元メディアが「イチローの引退発表は今日か、明日か?!」と報道し続けていたのは、こうした背景からだ。

 だが、イチロー選手には引退する意思はない。しかも彼は、打席に立てば球場全体から「イチロー・コール」が起きるスーパースターであり、44歳とは思えない高い身体能力と深い野球の知識と経験を持ち、大リーグ18年のシーズン通算成績は、ヒットが歴代21位の3089本、打率3割1分1厘。ホームラン117本、打点780、盗塁は509本という偉業を達成した特別な選手である。そんな選手を「解雇する」という選択肢はあり得ない。そんな中で球団が考えた解決策が「会長付特別補佐」の椅子を用意することだった。

「選手の可能性を閉ざさない」、球団からの贈り物

 会長付特別補佐は珍しい役職ではないが、イチロー選手に対するマリナーズ球団の誠意が伝わるのは、その条件だ。今季は現役選手としてユニフォームを着てチームと共に毎日練習を続け、遠征にも帯同できるが、試合に出ることだけはできない。しかし「来季以降は試合に復帰することもできる」という異例の条件をつけた。これは、まだ引退する意思がないイチロー選手にとって最高のオファーだろう。

 その証拠にイチロー選手本人も「それ(来季の復帰)があることで明確に目標を持っていられる。チームがそういうスタンスで、こんな形をとってくれることは、本当に信じられないこと」と話し、大リーグでも前例がない特別なオファーに対して感謝の意を表明している。

 マリナーズ球団のディポトGMは会見で、「イチローが今季だけでなく、その先もマリナーズに残ることを確実にすることが重要だった。補佐役の就任はイチローが選手として試合に出場する可能性を閉ざすものではない。彼はマリナーズ以外の球団でのプレーを望んでおらず、マリナーズの選手として引退することを望んでいるが、引退はまだ先のことだ」と、球団における彼の価値の高さを力説した。

 シアトル・マリナーズは、来年3月に米大リーグ機構と読売新聞社の協賛により、東京ドームで大リーグ開幕戦を行うことが既に決定している。今回の役職就任により、イチロー選手もマリナーズの一員として東京ドームへ行くことは確実だ。シアトルの地元記者団から「日本での来季開幕戦にイチローは出場するのか?」と聞かれたディポトGMは、「来季もチームに残ることを彼が断らない限りは」と満面の笑みで答えていたが、おそらくそれは本意だろう。

 才能に溢れ、日々の努力を惜しまず、まだ現役続行が可能なアスリートが自身の引退を決めるのは極めて難しいことだろう。そんな中で、同球団が「イチロー選手=シアトル・マリナーズ」という図式と天才アスリートへのリスペクトを守りつつ、勝つために存在するプロ野球球団としての任務を推進できるような判断をこれほど素早く下したことに、シアトル市民は心からの賞賛を送っている。いろんな意味で、極めてアメリカらしいビジネスの進め方といえる出来事だった。

“オタクとハイキングの日”シアトル市で公認化

https://bizseeds.net/articles/163

引用元『Official ‘Hike with a Geek Day’ encourages tech and science workers to unplug and refresh outdoors』:https://goo.gl/LEbSui

アメリカの「スポーツ業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。すべての性的マイノリティーたちが、リベラル主義という訳ではない。リベラルに嫌気がさして引っ越しまでするゲイたちもいるのだ。


アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング