イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が日本時間4日、同球団の会長付特別補佐に電撃就任した。地元メディアとして記者会見に出席したBizSeeds編集部記者が、「イチロー選手とマリナーズ球団に対する地元シアトル市民の反応」をリポートする。


イチローへの対応はすべて「異例」

  シアトル・セーフコ球場で急遽開催された記者会見。日本でも大きく報道されたように、イチロー選手は、「この日が来る時は、やめる時だと思っていた」と語った。しかし、そう語ったのは先月から噂されていた引退会見ではなく、「会長付特別補佐への就任発表」会見の席。マリナーズ球団によるイチロー選手へのこの配慮は、全米メディアでも“異例のオファー”だと大きく報じられた。

  春キャンプ終盤にマリナーズの外野手に故障者が相次ぎ、古巣に電撃復帰したイチロー選手のニュースに、シアトルは湧いた。本拠地での開幕戦でイチローの名前がアナウンスされたときには、球場が揺れるほど誰よりも大きな歓声が上がった。しかし、以前のような活躍が見られないまま、4月半ばにレギュラー陣が復帰し、イチロー選手の試合出場機会は激減。それでも、マリナーズは異例の「外野手5人体制」を続けた。

 米大リーグで、ベンチ入りできる選手枠は1チーム25人。そのうち外野手は通常3〜4人だ。そのため、この「外野手5人体制」は、シアトルの野球ファンたちの間で大きな波紋を呼んだ。イチロー選手は歴史的に稀に見る秀でた選手であり、ランディ・ジョンソンとケン・グリフィーJRに続き、野球殿堂(Hall of Fame)入りが期待される「マリナーズの象徴」だ。しかし、イチロー選手がどれほどレジェンドであっても、日々の試合に勝利し、プレーオフ出場を目指すチームにとって、レギュラーではない44歳のイチロー選手をベンチ入りさせておく余裕はないという声は、4月後半のシアトルでは無視できないほど大きくなっていた。

勝つために試合をする それがプロの野球ではないのか?

 当然のことだが、試合は勝つためにある。イチロー選手は「50歳まで引退しない」と公言していたが、それは彼個人の計画である。2軍へ降格するオプションはないイチロー選手にとっては、「ベンチ入りできない=解雇」。4月後半から多くの地元メディアが「イチローの引退発表は今日か、明日か?!」と報道し続けていたのは、こうした背景からだ。

 だが、イチロー選手には引退する意思はない。しかも彼は、打席に立てば球場全体から「イチロー・コール」が起きるスーパースターであり、44歳とは思えない高い身体能力と深い野球の知識と経験を持ち、大リーグ18年のシーズン通算成績は、ヒットが歴代21位の3089本、打率3割1分1厘。ホームラン117本、打点780、盗塁は509本という偉業を達成した特別な選手である。そんな選手を「解雇する」という選択肢はあり得ない。そんな中で球団が考えた解決策が「会長付特別補佐」の椅子を用意することだった。

「選手の可能性を閉ざさない」、球団からの贈り物

 会長付特別補佐は珍しい役職ではないが、イチロー選手に対するマリナーズ球団の誠意が伝わるのは、その条件だ。今季は現役選手としてユニフォームを着てチームと共に毎日練習を続け、遠征にも帯同できるが、試合に出ることだけはできない。しかし「来季以降は試合に復帰することもできる」という異例の条件をつけた。これは、まだ引退する意思がないイチロー選手にとって最高のオファーだろう。

 その証拠にイチロー選手本人も「それ(来季の復帰)があることで明確に目標を持っていられる。チームがそういうスタンスで、こんな形をとってくれることは、本当に信じられないこと」と話し、大リーグでも前例がない特別なオファーに対して感謝の意を表明している。

 マリナーズ球団のディポトGMは会見で、「イチローが今季だけでなく、その先もマリナーズに残ることを確実にすることが重要だった。補佐役の就任はイチローが選手として試合に出場する可能性を閉ざすものではない。彼はマリナーズ以外の球団でのプレーを望んでおらず、マリナーズの選手として引退することを望んでいるが、引退はまだ先のことだ」と、球団における彼の価値の高さを力説した。

 シアトル・マリナーズは、来年3月に米大リーグ機構と読売新聞社の協賛により、東京ドームで大リーグ開幕戦を行うことが既に決定している。今回の役職就任により、イチロー選手もマリナーズの一員として東京ドームへ行くことは確実だ。シアトルの地元記者団から「日本での来季開幕戦にイチローは出場するのか?」と聞かれたディポトGMは、「来季もチームに残ることを彼が断らない限りは」と満面の笑みで答えていたが、おそらくそれは本意だろう。

 才能に溢れ、日々の努力を惜しまず、まだ現役続行が可能なアスリートが自身の引退を決めるのは極めて難しいことだろう。そんな中で、同球団が「イチロー選手=シアトル・マリナーズ」という図式と天才アスリートへのリスペクトを守りつつ、勝つために存在するプロ野球球団としての任務を推進できるような判断をこれほど素早く下したことに、シアトル市民は心からの賞賛を送っている。いろんな意味で、極めてアメリカらしいビジネスの進め方といえる出来事だった。

“オタクとハイキングの日”シアトル市で公認化

https://bizseeds.net/articles/163

引用元『Official ‘Hike with a Geek Day’ encourages tech and science workers to unplug and refresh outdoors』:https://goo.gl/LEbSui

アメリカの「スポーツ業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング