教室にシェルターの設置が加速する?

教室にシェルターの設置が加速する?

今年2月、17人もの犠牲者を出したフロリダ州パークランドの高校における銃乱射事件。アメリカの教育現場ではこうした悲劇を防ぐための解決策が模索されている。そんな中でも注目の対策は?


アメリカに安全な場所などない

 2月14日、フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で起こった銃乱射事件。アメリカを震撼させたこの事件後も、残念ながら銃撃事件は後を絶たない。銃が社会に浸透していない日本では考えにくいだろうが、こうした事件は、どこでも起きる可能性がある。銃所持反対運動なども高まっているものの、アメリカ社会から銃を完全に取り除くことは困難極まりない。

 そのため銃撃事件後のアメリカの教育現場では、各地域や学校で様々な会合が開かれ、こうした事件を未然に防ぐための対策を検討している。そんな中、シェルターを学校に設置したオクラホマ州ヒールトン市の対策が注目されている。

教室に設置できるシェルターを紹介した映像はこちら。

子供35人と教員2名を収容可能

 このシェルターを開発したのは、ユタ州に拠点をおくShelter-In-Place社。耐弾力の高いスチール製のシェルターは、銃の乱射はもちろんのこと、竜巻などの天災から身を守ることができるという優れものだ。シェルターは教室の角に設置することができ、子供35人と教員2名を収容できるサイズでデザインされている。

 同シェルターを取り入れたヒールトン市では、すでに7つの小学校と2つの中学校への設置が終了している。今後は市内すべての学校に、シェルターを設置する予定だという。

 銃乱射から子供たちを守るための対策として、トランプ大統領は教員に銃所持を推奨するコメントを発表し、リベラル派を中心に批判を浴びている。しかし同市の対策に対しては、リベラル派、保守派問わず「銃には銃を」という対策よりも、ずっと現実的で的を得た対策法だという称賛の声が高い。こうした商品の需要が高いことは決して喜ぶべきことではないが、ヒールトン市の対応を無視できないことも、アメリカ社会の現実であることには間違いない。

Shelter-In Place HP:
http://shelterinplace.com/

【Red vs Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

https://bizseeds.net/articles/669

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は高校銃乱射事件を受けて、トランプ大統領が「教師が武器を持てば銃犯罪の抑止力になる」発言したことについて。

「銃乱射事件」「銃規制」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴの公立中学校で取り入れられる予定の性教育プログラムの内容が「度を越えており問題がある」と炎上している。学校で教えるには相応しいとは言えない内容のカリキュラムに対して、反対派の教員や親たちは、日々デモを行っているというが……。


銃を規制しても問題は解決しない

銃を規制しても問題は解決しない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は アメリカの世論を二分する銃規制問題に対して、銃を所持している一般人のひとりとしての意見を述べる。


【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

【Red vs. Blue】トランプ大統領「教師が武器を持てば犯罪の抑止力になる」と発言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は高校銃乱射事件を受けて、トランプ大統領が「教師が武器を持てば銃犯罪の抑止力になる」発言したことについて。






最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング