2,000人待ちの商品も? アメリカ人の常識「ドライ・シャンプー」

2,000人待ちの商品も? アメリカ人の常識「ドライ・シャンプー」

日本人の多くが毎日、洗髪していると言われるが、海外では日本人ほど頻繁に髪を洗う人は少ない。髪の毛の洗い過ぎは良くないと考える人も多く、「ドライ・シャンプー」と呼ばれる洗髪しないタイプの商品も人気だ。


ドライ・シャンプーとは何なのか?

 日本では髪の毛を洗う際、汚れを落とすためにシャンプーを使用する人が多いが、髪の毛の洗い過ぎは良くないという話を耳にしたことはないだろうか? 

 実は世界的には、髪の毛を毎日シャンプーで洗う人は日本よりも少なく、アメリカ人女性の半数以上は毎日髪を洗わないと言われている。ハリウッド女優のミランダ・カーも髪の毛を洗うのは2日に1度、セレーナ・ゴメスは3日に1度、キム・カダーシアンは5日に1度という頻度だという。日本とアメリカの気候の違いもあるだろうが、彼女たちはジムで汗を流したり、大きな照明機材の下で仕事をしているにもかかわらず、洗髪はこの頻度なのである。

 毎日洗髪をしない人たちが愛用するのが、「ドライ・シャンプー」と呼ばれる、「髪を濡らさずに使用できるスプレーやパウダー状のシャンプー」で、シャンプーや石鹸の大手メーカーであるDoveやパンテーン社なども様々な商品を出している。なかでも特に人気が高く、購入までに2,000人待ちの商品といわれるのはVerb’sのドライ・シャンプー($16)だ。

人気の理由は、その手軽さ

  毎日の洗髪によって、頭皮や髪にダメージを与えたくないと考える人たちだけでなく、ドライ・シャンプーは、その手軽さも人気の理由のひとつ。洗髪した翌日以降の髪の根元にスプレーし、頭皮に擦りこむだけで手入れが完了する。頭皮の油をシャンプーが吸収してくれるので、頭皮がスッキリするだけでなく、女性の場合は前日に巻いた髪のカールもそのままキープできる。また、ドライ・シャンプーによって髪の根本にボリュームが出るため、朝のスタイリングも簡単にまとまるという声も多く、ドライ・シャンプー派に向けて、「このヘアー・アイロンで巻いたカールは1週間持つ」を売りにしている関連商品もあるほどだ。

 アメリカ人は何よりも効率的なモノやコトを好む傾向にあると言われるが、ドライ・シャンプーはその手軽さから、男性用やペット用の需要も高く、この商品群の世界マーケット市場は、2023年までに$4,300,000,000(4.3ビリオンドル、43億ドル、 約4700億円)に到達すると言われている。

 日本ではまだ馴染みが薄いかも知れないが、入院中や産後、怪我で入浴できない際や高齢者などへの需要が高いのではないだろうか。そう考えれば、日本でももっと流行ってもいいかもしれない。

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

https://bizseeds.net/articles/698

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?

アメリカの「美容業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでシェイプウェアーがうける理由

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。


アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング