2,000人待ちの商品も? アメリカ人の常識「ドライ・シャンプー」

2,000人待ちの商品も? アメリカ人の常識「ドライ・シャンプー」

日本人の多くが毎日、洗髪していると言われるが、海外では日本人ほど頻繁に髪を洗う人は少ない。髪の毛の洗い過ぎは良くないと考える人も多く、「ドライ・シャンプー」と呼ばれる洗髪しないタイプの商品も人気だ。


ドライ・シャンプーとは何なのか?

 日本では髪の毛を洗う際、汚れを落とすためにシャンプーを使用する人が多いが、髪の毛の洗い過ぎは良くないという話を耳にしたことはないだろうか? 

 実は世界的には、髪の毛を毎日シャンプーで洗う人は日本よりも少なく、アメリカ人女性の半数以上は毎日髪を洗わないと言われている。ハリウッド女優のミランダ・カーも髪の毛を洗うのは2日に1度、セレーナ・ゴメスは3日に1度、キム・カダーシアンは5日に1度という頻度だという。日本とアメリカの気候の違いもあるだろうが、彼女たちはジムで汗を流したり、大きな照明機材の下で仕事をしているにもかかわらず、洗髪はこの頻度なのである。

 毎日洗髪をしない人たちが愛用するのが、「ドライ・シャンプー」と呼ばれる、「髪を濡らさずに使用できるスプレーやパウダー状のシャンプー」で、シャンプーや石鹸の大手メーカーであるDoveやパンテーン社なども様々な商品を出している。なかでも特に人気が高く、購入までに2,000人待ちの商品といわれるのはVerb’sのドライ・シャンプー($16)だ。

人気の理由は、その手軽さ

  毎日の洗髪によって、頭皮や髪にダメージを与えたくないと考える人たちだけでなく、ドライ・シャンプーは、その手軽さも人気の理由のひとつ。洗髪した翌日以降の髪の根元にスプレーし、頭皮に擦りこむだけで手入れが完了する。頭皮の油をシャンプーが吸収してくれるので、頭皮がスッキリするだけでなく、女性の場合は前日に巻いた髪のカールもそのままキープできる。また、ドライ・シャンプーによって髪の根本にボリュームが出るため、朝のスタイリングも簡単にまとまるという声も多く、ドライ・シャンプー派に向けて、「このヘアー・アイロンで巻いたカールは1週間持つ」を売りにしている関連商品もあるほどだ。

 アメリカ人は何よりも効率的なモノやコトを好む傾向にあると言われるが、ドライ・シャンプーはその手軽さから、男性用やペット用の需要も高く、この商品群の世界マーケット市場は、2023年までに$4,300,000,000(4.3ビリオンドル、43億ドル、 約4700億円)に到達すると言われている。

 日本ではまだ馴染みが薄いかも知れないが、入院中や産後、怪我で入浴できない際や高齢者などへの需要が高いのではないだろうか。そう考えれば、日本でももっと流行ってもいいかもしれない。

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

https://bizseeds.net/articles/698

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?

アメリカの「美容業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

美に対するセレブリティたちの執着は、時に常軌を逸することがある。鳥の糞やプラセンタを使ったフェイシャル、蛇の毒を使ったアイクリーム、蜂に刺されるトリートメントなど、奇妙な美容術は山ほどあるが、今回は「まさか、それを使って?!」と驚愕するような「あるモノ」を使用した話題のフェイシャル・トリートメントを紹介しよう。


アメリカでシェイプウェアーがうける理由

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。


アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

アメリカで人気の消えない眉毛、「マイクロブレーディング」とは?

ふさふさで美しく整ったアメリカ人のあの眉毛、実は「マイクロブレーディング」のお陰かも知れない。これまでとは一線を画す新技術が、本物と見間違うほどの眉毛を作り出すと話題だ。






最新の投稿


成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング