普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


大人気の“オンライン・セッション”とは?

 “インスタ映え” する写真を何気なく毎日眺めてしまう人は、8億人もいると言われている。インスタグラムには風景やペット、食べ物、雑貨など様々な写真が掲載されるが、なかでもアメリカで人気が高いのがファッションに関する写真だ。

 アメリカでは、大勢の普通の女子たちが毎日、自分の着ている洋服や靴、小物の写真をインスタで紹介している。インスタの「ストーリー機能」を利用し、流行りの商品を自宅や店内の試着室で試着する様子を撮影。その服の着心地や生地、サイズに対するコメントなどをライブの臨場感そのままに紹介する“オンライン・セッション”の人気が高まっている。言い換えれば、以前からあるTVショッピングや、実演販売のインスタグラム・バージョンだ。

 “オンライン・セッション”の人気の理由は、服を店頭ではなく、オンラインで買う人が増えたことに比例する。フォロワーたちはセッション映像を見て、その服の購入を検討することで、オンライン・ショッピングにおける失敗を防げる点が特に支持されているという。

思わずポチってしまうファッション・ショッピング

 そのうえ、その商品について解説する女子たちも、「セールになったら絶対これを買うわ!」などと親近感が湧くような発言をするため、フォロワーは、お洒落なのに気取らない彼女たちに惹かれ、一緒に買い物をしているような気分になって商品を購入してしまうという。ときには自身の悩みをインスタ上でフォロワーに打ち明けて相談し、フォロワーから「身近な存在」だと感じてもらえるようにする、つまりフォロワーとの距離感を密にし、フォロワー数を増やすという日々の努力を怠らない。そして、ある程度のフォロワーがつくと“インフルエンサー”(影響力のあるインスタグラマー)とみなされ、スポンサー・オファーが来るのが一般的だが、自分から好きなブランドや会社へアプローチをするアメリカ人も多い。

 なかでも、98万人のフォロワーがいるレイチェル・パーセルさんは、スポンサー契約をしていたNordstromという有名デパートの売り上げを“ホリデー・シーズンだけ”で約1億円も計上したことがある。レイチェルさんが自身のファッション・ブログを始めた頃は借家住まいだったが、活動の場をインスタグラムに移してからは状況が一変。昨年からは自身のファッション・ブランドを展開し、現在は2軒目となる大邸宅“インスタ御殿”を建設中だ。ちなみに売却した1軒目のインスタ御殿の写真はこちら

この手軽な一攫千金ビジネスに飛びつく人たちは後を絶たず、最近では、プラスサイズ専門などを売りする人たちや、たとえば話題のカーラさんのように「アラ還世代」にターゲットを絞った人たちなどまで、インスタ・ビジネスに続々と参戦し、同世代のフォロワーを集めて話題になっている。このビジネスモデルが広がる勢いは、当分止まりそうにない。

「SNS」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。


「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

日本にも進出している米ファストフード・チェーン「タコベル(Taco Bell)」。メキシカン・フードを代表するタコスを手軽な価格で販売する同チェーンが、カリフォルニア州にこの夏、タコベルをテーマにした高級ホテルをオープンするという。ファストフード・チェーンがプロデュースする高級ホテルとは、一体どんなホテルなのだろう?


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング