普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


大人気の“オンライン・セッション”とは?

 “インスタ映え” する写真を何気なく毎日眺めてしまう人は、8億人もいると言われている。インスタグラムには風景やペット、食べ物、雑貨など様々な写真が掲載されるが、なかでもアメリカで人気が高いのがファッションに関する写真だ。

 アメリカでは、大勢の普通の女子たちが毎日、自分の着ている洋服や靴、小物の写真をインスタで紹介している。インスタの「ストーリー機能」を利用し、流行りの商品を自宅や店内の試着室で試着する様子を撮影。その服の着心地や生地、サイズに対するコメントなどをライブの臨場感そのままに紹介する“オンライン・セッション”の人気が高まっている。言い換えれば、以前からあるTVショッピングや、実演販売のインスタグラム・バージョンだ。

 “オンライン・セッション”の人気の理由は、服を店頭ではなく、オンラインで買う人が増えたことに比例する。フォロワーたちはセッション映像を見て、その服の購入を検討することで、オンライン・ショッピングにおける失敗を防げる点が特に支持されているという。

思わずポチってしまうファッション・ショッピング

 そのうえ、その商品について解説する女子たちも、「セールになったら絶対これを買うわ!」などと親近感が湧くような発言をするため、フォロワーは、お洒落なのに気取らない彼女たちに惹かれ、一緒に買い物をしているような気分になって商品を購入してしまうという。ときには自身の悩みをインスタ上でフォロワーに打ち明けて相談し、フォロワーから「身近な存在」だと感じてもらえるようにする、つまりフォロワーとの距離感を密にし、フォロワー数を増やすという日々の努力を怠らない。そして、ある程度のフォロワーがつくと“インフルエンサー”(影響力のあるインスタグラマー)とみなされ、スポンサー・オファーが来るのが一般的だが、自分から好きなブランドや会社へアプローチをするアメリカ人も多い。

 なかでも、98万人のフォロワーがいるレイチェル・パーセルさんは、スポンサー契約をしていたNordstromという有名デパートの売り上げを“ホリデー・シーズンだけ”で約1億円も計上したことがある。レイチェルさんが自身のファッション・ブログを始めた頃は借家住まいだったが、活動の場をインスタグラムに移してからは状況が一変。昨年からは自身のファッション・ブランドを展開し、現在は2軒目となる大邸宅“インスタ御殿”を建設中だ。ちなみに売却した1軒目のインスタ御殿の写真はこちら

この手軽な一攫千金ビジネスに飛びつく人たちは後を絶たず、最近では、プラスサイズ専門などを売りする人たちや、たとえば話題のカーラさんのように「アラ還世代」にターゲットを絞った人たちなどまで、インスタ・ビジネスに続々と参戦し、同世代のフォロワーを集めて話題になっている。このビジネスモデルが広がる勢いは、当分止まりそうにない。

「SNS」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

トヨタのインスタ広告が秀逸とアメリカの広告業界で話題に

パラリンピックに出場する視覚障害を持つスキーヤーの視界は、実際にはどのように見えているのだろうか? トヨタがインスタグラムで発信した映像広告が秀逸だとアメリカの広告業界で話題になっている


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

ブレインテックで鬱と不安を解消できる?!

「成人の10%近くが鬱を経験する」と言われるアメリカ社会で、最近注目を集めているブレインテックがある。脳に働きかけ、心の健康と良質な睡眠を得られるというこの商品、一体どんなものだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング