高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


車でも電車でもなく、自転車で通勤したい

 通勤時の渋滞ほど、無駄な時間はないと考える人は多い。ニューヨークやロサンゼルスなど一部の大都市を除き、電車や地下鉄が整備されていないアメリカでは、ほとんどの人が自家用車かバスで通勤している。よって、大都市における朝夕の車の通勤ラッシュはひどく、場所によっては空いて入れば15分で移動できる距離に1時間以上かかることもザラだ。

 そんな状況下の通勤者たちの間で注目が高まっているのが、最近の電動自転車「e-bike」(イーバイク)だ。「e-bike」は、ペダルを踏むときの力を電動モーターがアシスト(補助)する“パワー自転車”というイメージで、急な坂道や長距離も走りやすい。シフトを変えればモーターの力で自走も可能だ。

  オートバイやスクーターは自動車と同く渋滞した道路を走らねばならないが、「e-bike」は歩道や自転車専用レーンを走れるため、時間短縮になる。デザインもロードバイクやMTBタイプ、折りたたんで持ち運べるものなども揃っている上、ペダルを漕ぐことはエクササイズにもなるため、デスクワークが多いIT系プロフェッショナルたちに特に人気が高いという。

もう2台目の車はいらない

これまでの「e-bike」は、価格が高いことがネックだったが、新自転車メーカー各社が機能的な商品を製作し、仲介業者を介さず直接、消費者に販売する方法を取ったことで市場価格が下がり、トレンド化した。最近では全米最大手メーカー直販である Rad Power Bikeのモデルも約1,500ドル(約15万円強)〜、 PIMバイシクルは約$1,000〜、Eveloは4年保証書付きで$2,000〜と、かなり購入しやすくなっている。

 ここ数年におけるモーターとバッテリー機能の大幅な改善後は、子供を乗せられるカート付きや、荷物配達用カートが付いた「e-bike」(下の写真)なども続々と登場。自動車に比べて車体値が安いのはもちろん、ガソリン代や車両保険代などが必要ないため、夫婦でそれぞれ1台ずつ車を所有していた家族が2台目の車を手放して、代わりに通勤用かカート付きのe-bikeを所有するなど、家計にも環境にも体にも優しいと注目されている。

 また、「カート付きe-bike」は交通渋滞を回避できるため、アマゾンなどの宅配便や日々の食材配達などにも有効活用できるのではないかと言われている。すでにワシントン州立大学では、キャンパス内の郵便配達車の代わりに、カート付き電動自転車を使って郵便配達をすることに切り替えた。

 「電動は自転車ではない、オートバイだ」という声もある中、その法規を定めた市町村も出ており、ワシントン州シアトル市では、最高時速が毎時20マイルまでのe-bikeは自転車レーンの使用を許可されている。

 地球環境保全が叫ばれる中、渋滞緩和が簡単にできるならば何でも取り入れたいという市町村は多い。アプリを使って、どこでも乗り捨て可能なレンタル自転車の普及も広まっている中、「車より自転車」の流れは、今後さらに進むと予想される。

参考記事:
The E-bike Craze Has Officially Hit Seattle

「シリコンバレー」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が日本時間4日、同球団の会長付特別補佐に電撃就任した。地元メディアとして記者会見に出席したBizSeeds編集部記者が、「イチロー選手とマリナーズ球団に対する地元シアトル市民の反応」をリポートする。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング