高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


車でも電車でもなく、自転車で通勤したい

 通勤時の渋滞ほど、無駄な時間はないと考える人は多い。ニューヨークやロサンゼルスなど一部の大都市を除き、電車や地下鉄が整備されていないアメリカでは、ほとんどの人が自家用車かバスで通勤している。よって、大都市における朝夕の車の通勤ラッシュはひどく、場所によっては空いて入れば15分で移動できる距離に1時間以上かかることもザラだ。

 そんな状況下の通勤者たちの間で注目が高まっているのが、最近の電動自転車「e-bike」(イーバイク)だ。「e-bike」は、ペダルを踏むときの力を電動モーターがアシスト(補助)する“パワー自転車”というイメージで、急な坂道や長距離も走りやすい。シフトを変えればモーターの力で自走も可能だ。

  オートバイやスクーターは自動車と同く渋滞した道路を走らねばならないが、「e-bike」は歩道や自転車専用レーンを走れるため、時間短縮になる。デザインもロードバイクやMTBタイプ、折りたたんで持ち運べるものなども揃っている上、ペダルを漕ぐことはエクササイズにもなるため、デスクワークが多いIT系プロフェッショナルたちに特に人気が高いという。

もう2台目の車はいらない

これまでの「e-bike」は、価格が高いことがネックだったが、新自転車メーカー各社が機能的な商品を製作し、仲介業者を介さず直接、消費者に販売する方法を取ったことで市場価格が下がり、トレンド化した。最近では全米最大手メーカー直販である Rad Power Bikeのモデルも約1,500ドル(約15万円強)〜、 PIMバイシクルは約$1,000〜、Eveloは4年保証書付きで$2,000〜と、かなり購入しやすくなっている。

 ここ数年におけるモーターとバッテリー機能の大幅な改善後は、子供を乗せられるカート付きや、荷物配達用カートが付いた「e-bike」(下の写真)なども続々と登場。自動車に比べて車体値が安いのはもちろん、ガソリン代や車両保険代などが必要ないため、夫婦でそれぞれ1台ずつ車を所有していた家族が2台目の車を手放して、代わりに通勤用かカート付きのe-bikeを所有するなど、家計にも環境にも体にも優しいと注目されている。

 また、「カート付きe-bike」は交通渋滞を回避できるため、アマゾンなどの宅配便や日々の食材配達などにも有効活用できるのではないかと言われている。すでにワシントン州立大学では、キャンパス内の郵便配達車の代わりに、カート付き電動自転車を使って郵便配達をすることに切り替えた。

 「電動は自転車ではない、オートバイだ」という声もある中、その法規を定めた市町村も出ており、ワシントン州シアトル市では、最高時速が毎時20マイルまでのe-bikeは自転車レーンの使用を許可されている。

 地球環境保全が叫ばれる中、渋滞緩和が簡単にできるならば何でも取り入れたいという市町村は多い。アプリを使って、どこでも乗り捨て可能なレンタル自転車の普及も広まっている中、「車より自転車」の流れは、今後さらに進むと予想される。

参考記事:
The E-bike Craze Has Officially Hit Seattle

「シリコンバレー」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

イチロー「引退ではない」 球団からの贈り物に賞賛の声

米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が日本時間4日、同球団の会長付特別補佐に電撃就任した。地元メディアとして記者会見に出席したBizSeeds編集部記者が、「イチロー選手とマリナーズ球団に対する地元シアトル市民の反応」をリポートする。


スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

スターバックスの最高峰「Starbucks Reserve」、世界第1号店の評判は?

コーヒー好きを魅了する「ブルーボトル」や「インテリジェンシア」等、サードウェーブ系本格派コーヒー店に顧客を奪われることに危機感を覚えたスターバックス社が、米シアトルの本社ビル1階に、世界初高級志向の「Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)」を開店。オープンから約2カ月、現地の人々の反応はいかに?


シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

シアトルを逃げ出したゲイのパパ友たち

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。すべての性的マイノリティーたちが、リベラル主義という訳ではない。リベラルに嫌気がさして引っ越しまでするゲイたちもいるのだ。


アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?


今週の選択「夏の風物詩」:2018年5月14日~5月18日

今週の選択「夏の風物詩」:2018年5月14日~5月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「今週の選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて今週、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング