ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


アドレナリンが勝負に役立つ?

 そのアトラクションの正体とは「SlotZilla Zip Line」。ロープに吊るされた状態でワイヤーをつたい、ダウンタウンの目ぬき通りのフェアモント・ストリートを、文字通り「飛ぶように」移動するというもの。オープンは2014年だが、最近、地元メディアで、このアトラクションを利用すると「カジノで小当たりする」というニュースが紹介されて以来、一獲千金を狙うギャンブラーたちの「ご利益スポット」としても注目されるようになった。

 スリルと恐怖の入り混じった体験により、アドレナリンが出て、ギャンブルのパフォーマンスが高まるということらしいが、小当たりといっても、アメリカのギャンブルはスケールが違う。このジップラインを体験した後、たった1ドルしか使っていない人が、スロットマシーンで500万円も当たったとか、ポーカーで1,000万円近く勝ったなどの話が絶えないらしい。想像を絶するジップラインを紹介した映像はこちら。

最大時速は65キロ

 ジップラインの始発点には、12階建てに相当する巨大なスロットマシーンを模したタワーがそびえ立っている。ジップラインには、地上約23メートルのものと、35メートルの2種類がある。35メートルのものは、ビルの約11階に相当するというので、かなりの高さだ。

 高い方のジップラインは腹ばいになり、まるでスーパー・ヒーローのごとく、5ブロック、距離にして500メートル以上を駆け抜ける。最高時速は、なんと時速65キロにもなるという。

 このアトラクションは、飲酒後の人や心臓疾患を抱える人、あるいは妊婦や小さな子供には受付制限があるが、それ以外では、体重が27 kg以上で135 kg以下の人ならば体験できる。もし、ラスベガスに遊びに行くなら、このジップラインで飛んでから、カジノに繰り出してみてはどうだろう?

SlotZilla Zip Line
https://vegasexperience.com/slotzilla-zip-line/

日本版統合型リゾート「IR」への指針

https://bizseeds.net/articles/598

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?

「ラスベガス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング