アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

鬱病や精神的障害などから、飛行機にひとりで乗ることに不安を持つ乗客が、精神安定のために機内に同伴できる「エモーショナル・サポート・アニマル」(心を支えてくれる動物)。今までは基本的にどんな動物でも客室へ搭乗することが許されていたが、今年から新規定を設定する航空会社が続出している。その理由とは?


エモーショナル・サポート・アニマルならば搭乗は無料

 先週アメリカン航空が、今年の7月1日から機内に同伴できる「エモーショナル・サポート・アニマル」(以下ESA)の規約を改正すると発表した。このESAとは、精神疾患を持つ人たちの心の支えとなる「セラピー・アニマル」のこと。 支えがなければ飛行機に乗れない人にはかけがえないサービスだが、盲導犬のように専門の訓練を受けた「サポート・アニマル」とは異なり、ESAは特別な訓練を受けていないため、機内で吠えたり、粗相をしたりすることもある。

 アメリカの国内線におけるペットの機内搭乗料金は$125。しかし、ESAは「ペットではない」ため、搭乗料金は無料だ。その動物がESAであることを証明するには、精神科医の署名が入った書類が必要だが、近年、 費用さえ支払えば簡単に書類に署名する医者がいることが問題視されており、その動物が本当にESAなのか、それともペットなのかが判別しにくいことなども以前から問題になっていた。

隣席に蛇や蜘蛛? エモーショナル・サポートが必要なのは一体、誰?

 訓練を受けた盲導犬は、静かに振る舞うことができる。そのため飼い主の足元に盲導がにいても、それを気にしない乗客は多い。しかし、落ち着きなく動いたり、臭いがする動物や、人によっては見るだけでも鳥肌が立つような爬虫類を隣席の乗客がESAとして膝に乗せていたら、それらの動物や爬虫類が苦手な乗客にとっては精神的な苦痛になる。客室乗務員の中でも、訓練されていないESAの客室搭乗は、緊急時にさらなる混乱を招く恐れがあると懸念する声もあり、各社による新規定は、「支援が必要なのは一体、誰なのか」という声に対する妥協案だと見られている。

 今回、アメリカン航空が新規定で「安全と公共の健康にリスクを与える恐れがある」として客室への搭乗を禁止したのは「牙や角や蹄のある動物」や「清潔でない、または臭う動物」、「養鶏、水鳥、猟鳥、猛禽類」などに加えて、蜘蛛、蛇、爬虫類、山羊など。きっと過去には、それらを機内に同伴した乗客がいたということだろうが、特例として「訓練を受けたミニチュアの馬」は、今後も客室への搭乗が可能だそうだ。まさに、アメリカらしい規定である。

参考記事:NBC News
Goats? No. American Airlines debuts new emotional support animal policy

この記事の寄稿者

関連する投稿


空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の著者が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』の最終回。何年も教官として働きながらも旅客機のパイロットとして勤務する夢を諦めず、念願の夢を手にいれた道のりとは?


シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

毎日コンピューターに向かい、長時間の集中を強いられる仕事をしているシリコンバレーのIT業界従事者たちの間で、自宅の庭で鶏を飼うことが流行っている。バーチャルの世界から離れて、できるだけ自然と触れ合いたいと考える人が増えているようだ。


愛犬の巨大食道症を救う「魔法の椅子」

愛犬の巨大食道症を救う「魔法の椅子」

犬の「巨大食道症」という病気をご存知だろうか? 食道が伸び切って食物がうまく胃に運べなくなる病気で、犬種によっては発症数も多い。これまで治療が難しいとされてきたが、最近、この病気に苦しむ犬たちを救う「椅子」が発売され、愛犬家の間で話題になっている。


空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。次々と規定の航空免許取得に挑戦して、それを取得することを重ねる大学生活。その最後の難関は英語で説明する教官免許の試験だ


空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。さて自家用機免許を取得後に念願の4年制大学にめでたく転入したものの、周囲は男子生徒ばかり。この中でやっていけるのか?






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング