米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

米スタバ「13億円の謝罪」決定の迅速さ 日本企業は真似できるか?

先月、米スターバックス店内で起きた同店スタッフによる人種差別事件。これに対する社会への謝罪姿勢として、同社は5月29日に米国内約8,000の直営店を一斉閉鎖し、人種的偏見をなくすための勉強会に全従業員を参加させる。13億円以上も掛かる判断を迅速に行った同社の対応に賞賛が集まったが、日本企業も外国人とのトラブル対策は万端


短時間で判断を下した同社首脳陣へ賞賛の声

 先月12日に米フィラデルフィアにあるスターバックス店内で起きた、同店スタッフによる人種差別事件。友人の到着を店内で待っていた黒人男性二人が、待っている間に化粧室を使用しようとしたところ店長が警察を呼び、その黒人男性客が大勢の警察官によって店内で捕らえられ、連行された。その様子を居合わせた客が撮影した映像はインターネットを炎上させ、人種差別を訴えるデモが起きる騒ぎに発展した。

 しかし、この炎上が早い段階で収まったのは、同社社長と会長の迅速なトラブル・シューティングゆえと言われている。同社首脳陣は事件当日の朝、同社広報からの電話で起こされた直後に米西海岸から飛行機に飛び乗り、半日以上かかる東海岸の現場に行って店舗スタッフや警察から事情を聞き、被害者に直接会って陳謝。当事者である同店店長の責任にして事件を終わらすことはせず、これが起きたのは社員教育が十分ではなかったからとし、今月29日に米国内の直営店約8,000店を一斉閉鎖して人種的な偏見をなくすための勉強会に全従業員を参加させると発表した。店舗を閉めて勉強会を行うことに掛かるコストは、約1,200万ドル(約13億1,650万円)。その判断を非常に短時間で行った同社のトラブル・シューティング力に、米ビジネス界の注目が集まった。

ロイヤル・カスタマーズを取り戻すためには

 スターバックス社は各地域に根ざし、地域住人のロイヤル・カスタマーズ(常連)に愛される店舗になることをモットーとしているだけに、今回の事件は店長が同社モットーの真逆となる行動をとったという、同社にとって最悪のケースだった。この悪いイメージを払拭するには、全店舗を閉めて反省するという大きなインパクトがある謝罪姿勢を社会に見せる必要があったと見られている。

 過去にアメリカで企業イメージを下落させた様々な事件(たとえばBPの石油タンカー事件、ユナイテッド航空の乗客機外引きずり出し事件、Equifaxの顧客名簿大量流失事件など)では上層部がしらんぷりを決め込んだが、それらのケースとは異なり、今回のスターバックス社上層部の対応は正しかったと褒めるビジネス・アナリストが多い。今から24年前、1994年に起きたレストラン・チェーン「Denny's」が、大勢の黒人顧客によって「同店の店員は黒人客だけに他人種客と異なる悪対応をする」と訴えられたケースでは、「Denny's」は5,400万ドル(約55億強)の和解金を支払ったが、このケースに比較しても、今回の「約13億円のコスト」は、「企業の評判を守るために価値のある金額」だと言う意見が多く聞かれる。

 東京オリンピックを前に、日本にも外国人観光客や外国人労働者たちが続々と増えているが、それに伴って人種にまつわるトラブルが増える可能性もある。レストランや販売店、宿泊施設、交通、レジャー施設や美術館など、特に外国人客が訪れるサービスを提供している企業では、明確なトラブル対策を用意しておくのが賢明だろう。

「スターバックス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、リベラル派で知られるスターバックス社の元CEO、ハワード・シュルツ氏が、来年の米大統領選に出馬を検討中であるとインタビューで話したことについて。


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング