携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、アメリカの若者たち、なかでも女子たちから圧倒的に支持されている写真加工アプリ「VSCO 」だ。


人をインスパイアーするような写真をシェアーしたい

 インスタグラム(以下インスタ)は若者を中心とする大勢の人々の生活の一部になり、そこから始まるビジネスも増え、現代人にとって「撮影した写真を加工して投稿すること」は、ひとつの文化になってきている。そんな中、写真を美しく加工して投稿できるアプリ「VSCO(ヴィスコ)」が、アメリカの若者、特に女子たちの間では欠かせないアプリになった。

 VSCOの基本的なコンセプトはインスタよりもシンプルだ。フィード(投稿)もでき、VSCOで加工するとアーティスティックな写真に仕上がる。VSCOはフィルターの数や加工のオプションが、インスタよりも圧倒的に多く、アプリをダウンロードした際についてくるフィルター数はそれほど多くないが、気に入ったフィルターをテーマごとに購入することができるのだ。例えばポートレイト・シリーズやランドスケープ・シリーズ(景色)などがあり、フィルター数にもよるが、だいたい2ドル〜4ドルでフィルターのパッケージを購入できる。おしゃれなフィルターが多く、「VSCOをソーシャルネットワークのプラットフォームで使う」のではなく、「加工をVSCO上でして、その写真をインスタにあげる」という若者も少なくない。私もインスタを見ていて素敵な写真があると「これはVSCOで加工したのかな」と思うことが頻繁にある。

写真を通じてユーザーとの関係性を構築できるアプリ

 VSCOのフィードは、インスタのように「今日の出来事」を載せるのではなく、アーティスティックで、それを見た人がインスパイアーされるような写真を投稿するユーザーが多い。もちろんVSCOのフィルターを駆使すれば写真をアーティスティックにすることができるが、写真自体が美しくおしゃれであることも非常に重要だ。またVSCOには、ツイッターのリツイートやお気に入りのような記録もできるため、他のユーザーが投稿した写真を集めたり、気に入った写真を自分のフィードに残すこともできる。

 このようにしてユーザー同士の繋がりや、写真を通して人をインスパイアーしていく関係性を構築することができるVSCOは、現代のモバイル・フォトグラフィーの文化をこれからも変えていくと思われる。VSCOのスローガンでもある、”Create, Discover, and Connect” (創造し、発見し、繋がる)という考え方は、テクノロジーやソーシャル・メディアで未来を切り拓いていくであろうミレニアル世代ならではのもの。これからも携帯ひとつでクリエイターになれるようなアプリから目が離せそうにない。

VSCO HP:
https://vsco.co/

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

https://bizseeds.net/articles/719

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?

コロンビア大学・バーナードカレッジ在学中の「光田有希」の他の記事へ

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。


「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

日本にも進出している米ファストフード・チェーン「タコベル(Taco Bell)」。メキシカン・フードを代表するタコスを手軽な価格で販売する同チェーンが、カリフォルニア州にこの夏、タコベルをテーマにした高級ホテルをオープンするという。ファストフード・チェーンがプロデュースする高級ホテルとは、一体どんなホテルなのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング