携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

携帯ひとつでクリエイターになれる! アメリカで人気のアプリ「VSCO」

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、アメリカの若者たち、なかでも女子たちから圧倒的に支持されている写真加工アプリ「VSCO 」だ。


人をインスパイアーするような写真をシェアーしたい

 インスタグラム(以下インスタ)は若者を中心とする大勢の人々の生活の一部になり、そこから始まるビジネスも増え、現代人にとって「撮影した写真を加工して投稿すること」は、ひとつの文化になってきている。そんな中、写真を美しく加工して投稿できるアプリ「VSCO(ヴィスコ)」が、アメリカの若者、特に女子たちの間では欠かせないアプリになった。

 VSCOの基本的なコンセプトはインスタよりもシンプルだ。フィード(投稿)もでき、VSCOで加工するとアーティスティックな写真に仕上がる。VSCOはフィルターの数や加工のオプションが、インスタよりも圧倒的に多く、アプリをダウンロードした際についてくるフィルター数はそれほど多くないが、気に入ったフィルターをテーマごとに購入することができるのだ。例えばポートレイト・シリーズやランドスケープ・シリーズ(景色)などがあり、フィルター数にもよるが、だいたい2ドル〜4ドルでフィルターのパッケージを購入できる。おしゃれなフィルターが多く、「VSCOをソーシャルネットワークのプラットフォームで使う」のではなく、「加工をVSCO上でして、その写真をインスタにあげる」という若者も少なくない。私もインスタを見ていて素敵な写真があると「これはVSCOで加工したのかな」と思うことが頻繁にある。

写真を通じてユーザーとの関係性を構築できるアプリ

 VSCOのフィードは、インスタのように「今日の出来事」を載せるのではなく、アーティスティックで、それを見た人がインスパイアーされるような写真を投稿するユーザーが多い。もちろんVSCOのフィルターを駆使すれば写真をアーティスティックにすることができるが、写真自体が美しくおしゃれであることも非常に重要だ。またVSCOには、ツイッターのリツイートやお気に入りのような記録もできるため、他のユーザーが投稿した写真を集めたり、気に入った写真を自分のフィードに残すこともできる。

 このようにしてユーザー同士の繋がりや、写真を通して人をインスパイアーしていく関係性を構築することができるVSCOは、現代のモバイル・フォトグラフィーの文化をこれからも変えていくと思われる。VSCOのスローガンでもある、”Create, Discover, and Connect” (創造し、発見し、繋がる)という考え方は、テクノロジーやソーシャル・メディアで未来を切り拓いていくであろうミレニアル世代ならではのもの。これからも携帯ひとつでクリエイターになれるようなアプリから目が離せそうにない。

VSCO HP:
https://vsco.co/

普通女子をミリオネアへと転身させるアメリカの「インスタ・ビジネス」

https://bizseeds.net/articles/719

“インスタ映え”する風景や人の写真を見るのは、暇つぶしに最適だが、好きな写真をシェアーする場であるインスタグラムも、昨今ではビジネス・ツール色が濃くなってきた。アメリカでは、スポンサーを意識した写真を載せて、一般人からミリオネアになった女子たちも。そんな彼女たちの手法とは?

コロンビア大学・バーナードカレッジ在学中の「光田有希」の他の記事へ

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。






最新の投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング