日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


アメリカ人、ダイソーにぞっこん!

 今回はアメリカでも大人気のダイソーの商品を試してもらった。入手したのは「イージーシーラー」。開封したお菓子などのパッケージを、熱を加えることによって再び封が出来る道具だ。値段は1つ5ドルとお手頃。アメリカにもシーラーはあるが、スライド式、挟み込み式などの本格的なものは1つ20ドルから50ドルするので、「この値段は、さすがダイソー」と、参加者のアメリカ人たちは大喜び。

 今回はシーラーを使うためのお菓子もダイソーから調達した。ダイソーで購入できる日本の文具やお菓子は人気が高く、編集部が用意した「やさしいトマトグミ」にも期待が高まった。しかし、残念ながらこのグミは「トマト味だと宣伝しているのに、トマトの味がまったくしない」と、ちょっと不評だった。アメリカ人は「なんとなくの風味」より、もっと分かりやすく「そのものの味」がする方を好むようだ。

 グミの前置きはさておき、肝心のシーラーに対するアメリカ人の評価はどうだったのか? その様子を撮った映像はこちら。

コスパは優れていると、好反応

 実際に使ってもらうと、「思ったよりも、ちゃんとくっつく!」という好反応。値段がとても安いだけに、このシーラーでちゃんと封ができるのか心配したようだが、そんな不安も使ったらすぐに消えたようだ。その他、参加者たちのコメントは……。

アンリ:
「アメリカにもシーラーはあるけれど、もっと簡単に封ができる。でも値段を考えたら、これは優れものと言っていいわね」

クリスタル:
「確かにシーラーとして使うには、ちょっと使い勝手が悪いかも。でも楽しいわね。この作業、結構癒される~」

ロリー:
「私は買わないな。それと、しつこいようだけど、トマトのグミには、もっとトマトの味を効かせて欲しい!」

総評

 ダイソーはアメリカでは都会にしかないので、知らない人も大勢いるが、知っている人の中には「I love Daiso!」と言う熱烈ファンが多い。ダイソーを通じて日本の便利グッズに魅せられる傾向も強く、今回集まってくれた3人のうち2人はダイソー・ファンだった。

 それゆえ「ダイソーだから」という理由から、最初から商品への期待度が高かった「イージーシーラー」だが、コスト・パフォーマンスという点では高い評価を得たといえる。最も手厳しい反応をしたロリーさんですら、取材時には「買わない」と言っていたにもかかわらず、最後に編集部が「使いたい人がいたら差し上げますよ」とオファーしたところ、ちゃっかりと商品を貰って帰っていった。

コスパ    ★★★★★
使いやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★★
デザイン性  ★★★
購入したい度 ★★★★

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

https://bizseeds.net/articles/698

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?

アメリカから見た「日本」の記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!


【Red vs. Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs. Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


【Red vs. Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs. Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。






最新の投稿


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング