日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


アメリカ人、ダイソーにぞっこん!

 今回はアメリカでも大人気のダイソーの商品を試してもらった。入手したのは「イージーシーラー」。開封したお菓子などのパッケージを、熱を加えることによって再び封が出来る道具だ。値段は1つ5ドルとお手頃。アメリカにもシーラーはあるが、スライド式、挟み込み式などの本格的なものは1つ20ドルから50ドルするので、「この値段は、さすがダイソー」と、参加者のアメリカ人たちは大喜び。

 今回はシーラーを使うためのお菓子もダイソーから調達した。ダイソーで購入できる日本の文具やお菓子は人気が高く、編集部が用意した「やさしいトマトグミ」にも期待が高まった。しかし、残念ながらこのグミは「トマト味だと宣伝しているのに、トマトの味がまったくしない」と、ちょっと不評だった。アメリカ人は「なんとなくの風味」より、もっと分かりやすく「そのものの味」がする方を好むようだ。

 グミの前置きはさておき、肝心のシーラーに対するアメリカ人の評価はどうだったのか? その様子を撮った映像はこちら。

コスパは優れていると、好反応

 実際に使ってもらうと、「思ったよりも、ちゃんとくっつく!」という好反応。値段がとても安いだけに、このシーラーでちゃんと封ができるのか心配したようだが、そんな不安も使ったらすぐに消えたようだ。その他、参加者たちのコメントは……。

アンリ:
「アメリカにもシーラーはあるけれど、もっと簡単に封ができる。でも値段を考えたら、これは優れものと言っていいわね」

クリスタル:
「確かにシーラーとして使うには、ちょっと使い勝手が悪いかも。でも楽しいわね。この作業、結構癒される~」

ロリー:
「私は買わないな。それと、しつこいようだけど、トマトのグミには、もっとトマトの味を効かせて欲しい!」

総評

 ダイソーはアメリカでは都会にしかないので、知らない人も大勢いるが、知っている人の中には「I love Daiso!」と言う熱烈ファンが多い。ダイソーを通じて日本の便利グッズに魅せられる傾向も強く、今回集まってくれた3人のうち2人はダイソー・ファンだった。

 それゆえ「ダイソーだから」という理由から、最初から商品への期待度が高かった「イージーシーラー」だが、コスト・パフォーマンスという点では高い評価を得たといえる。最も手厳しい反応をしたロリーさんですら、取材時には「買わない」と言っていたにもかかわらず、最後に編集部が「使いたい人がいたら差し上げますよ」とオファーしたところ、ちゃっかりと商品を貰って帰っていった。

コスパ    ★★★★★
使いやすさ  ★★★★
実用度    ★★★★★
デザイン性  ★★★
購入したい度 ★★★★

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

https://bizseeds.net/articles/698

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?

アメリカから見た「日本」の記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!






最新の投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング