トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


同じ共和党からトランプに反旗

 ジョン・ケーシック(John Kasich)は、アメリカ大統領になりたいと思っている。彼がドナルド・トランプよりも大統領に向かないとは言いにくい。なぜなら、ケーシックは経験豊富な政治家だからだ。今までにオハイオ州上院議員4年、米下院議員を18年務め、現在は2期目のオハイオ州知事である。彼はどうすれば物事を成し遂げられるかを熟知している知的な男で、謙虚にもなれるし、必要であれば譲歩することもできる、精通した政治家だ。

 そんな彼が抱く「大統領への野望」に立ちはだかる主要因は、彼が共和党員であり、トランプもそうであることだ。一期目を終えた大統領が、自身が所属する党の大統領予備選挙で他の候補者から挑戦されることは、珍しいことではない。しかし、アメリカの歴史上、挑戦者が2期目の大統領職を目指す候補者を破ったことは一度しかない。

 ケーシックは、2020年大統領候補として共和党の指名を得るためにトランプに挑戦するかもしれないし、無所属として大統領選に立つかもしれない。現在66歳なので、自分はまだ十分若いと考えて、次期ではなく、2024年の大統領選まで待つかもしれない。今のところ、彼は自身の計画をまだ発表しておらず、共和党を離れてはいないと言っているが、「共和党が彼から離れていっている」と感じているようだ。

 現在の共和党は、伝統的な共和党の価値を支持していない。トランプの言動が彼らの価値観やアメリカの理想に反していても、やみくもにトランプを支えるために、繰り返し国民の信頼を裏切っている。たとえば現状、彼らはトランプが業界を規制するための政府機関のトップに内部関係者を任命することを許しているため、政府は企業の利益ではなく、国民の利益のために働くという考え方を放棄していることになる。それでは事実上、最高値の入札者にアメリカ政府を売っているのと同じことだ。

 ケーシックは、そんな共和党を社会的にちゃんとしたものに戻したいと言っている。彼は「トランプを選んでしまったことは、とんでもない間違いだった」とアメリカ国民が気づいていると信じ、トランプとは対照的に、自身を「理性的で道理をわきまえた共和党員」と位置づける努力を続けている。

 彼の国民の心情についての考察は正しいかもしれない。しかし彼は、共和党の有権者は騙されやすいことも知っている。共和党と民主党を比較する時のように、彼とトランプがどう違うのかという比較ではなく、ケーシック自身がどういう人であるかが判断されることが重要だろう。トランプと比べれば、チンパンジーでさえ妥当な大統領候補に見えるからだ。

ケーシックは本当にトランプより穏健なのか?

 皆から穏健な共和党員だと思われたいケーシックだが、実はそれほど穏健ではない。彼の経済政策は、貧しい人々を犠牲にして富裕層に都合の良いものだし、国民による選挙を今よりも困難にしたいと考えているだけでなく、地球温暖化の進行を止めるために行われる全てのことに反対している。オハイオ州知事としては、教職員組合と警察組合を弱体化させるように動き、同州では女性が妊娠中絶を受けることと、生殖に関する医療へのアクセスを制限する法律を制定している。ちなみに、オハイオ州知事選挙に出馬する前の彼は、大手投資銀行リーマンブラザーズの取締役で、2008年に世界金融危機の引き金を引いたリーマンショック時も同社取締役だった。

 トランプが出てくるまでは、ケーシックは急進派の共和党員であり、ひどく欠点のある大統領候補だった。それは今でも変わっていない。しかし彼は、自身をトランプと比較することによって、彼の立ち位置を急進派から穏健派共和党員にすり替えられると信じているようだ。

 アメリカ国民はケーシックの策略に乗せられてはならない。ケーシックは、アメリカにとって、トランプと全く同じくらい危険である。いや、もしかすると、彼はトランプよりも危険かもしれない。なぜならケーシックは間抜けなトランプとは違って、熟練した政治家だからだ。

銃乱射事件生存者たちの「マトモ」な訴えが、マトモに伝わらない国

https://bizseeds.net/articles/662

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は先月、フロリダの高校で起きた銃乱射事件後の米国内のリアクションについて、著者がリベラル派としての見解を述べる。

アメリカの「リベラル派」に関する記事

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング