食品廃棄物を自然に返そう!

食品廃棄物を自然に返そう!

オーガニック栽培や遺伝子組み換えがない安全な野菜を求める意識の高いアメリカ人の中には、自宅の庭に菜園を作って野菜を育てる人も多い。そんな家庭菜園家たちを虜にしている画期的な新商品が話題になっている。


アメリカの一般家庭の平均年間生ごみ量は180キロ

 アメリカにおける一般家庭の平均食品廃棄物は、年間180キロと言われている。アメリカ全土にある埋め立て地の20%はこれらの廃棄物で占められており、その廃棄物が「温室効果ガス」との異名を持つ、メタンガスを排出する原因となっている。ちなみに年間食品廃棄物の総量から計算すると、それらがアメリカにおけるメタンガス排出原因の20%というのだから驚きだ。

 飽食の時代が生んだ、こうした社会問題を解決する商品が次々と登場する中、自然環境に関心が高く、家庭菜園で野菜を育てている人にとっては「救世主のようだ」との呼び声高い新商品が注目されている。その話題の商品の映像はこちら。

昨年のCESイノベーション・アワードを受賞

 この商品は、自家用堆肥(たいひ)生成機「ZERA」。ミシガン州に拠点を構えるWhirlpool Corporation社が開発した、家庭で出る生ごみをたった24時間で堆肥に変えてしまうという優れものだ。堆肥は、生ごみなどの有機物を微生物や菌の作用により発酵させることによって作られるが、完全堆肥化して土に戻すという自然の循環サイクルには時間がかかるという問題があった。しかし、この画期的な商品を使えば、それにかかる時間はたった1日だ。

 使い方は極めて簡単。調理の際に出る生ごみや食べ残しなどを、キッチンに置いたスタイリッシュな機械の中に入れるだけで、24時間後には家庭菜園で使える堆肥が出来上がる。全米最大の家電見本市CESで紹介されて話題になり、昨年のCESイノベーション・アワードも受賞した。同社は、「環境問題は人類全体が取り組むべき課題。家庭で出来る小さな取り組みから、この大きな課題への解決に少しでも繋げたい。この商品はその手助けをする最良のものだ」と話している。値段は1,199ドル(約12万円)。

ZERA HP:
https://wlabsinnovations.com/pages/zera

常識を覆すアロマセラピーが脳を覚醒させる?!

https://bizseeds.net/articles/675

アロマセラピーというと、効能別の精油を用いたマッサージや、ディフューザーを使ってアロマの香りで部屋を満たし、リラックスする、というイメージがあるが、そんなの常識を覆す商品が登場し、話題になっている

アメリカの「食品」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


眠りのIQが高まる、究極のベッド

眠りのIQが高まる、究極のベッド

「睡眠IQ」を高めるという、ハイテクなベッドが話題を呼んでいる。「このベッドで毎晩眠ることで、人生そのものの質が変わる」と言われる理由とは? 人気の秘密に迫ってみよう。







最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング