ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

美に対するセレブリティたちの執着は、時に常軌を逸することがある。鳥の糞やプラセンタを使ったフェイシャル、蛇の毒を使ったアイクリーム、蜂に刺されるトリートメントなど、奇妙な美容術は山ほどあるが、今回は「まさか、それを使って?!」と驚愕するような「あるモノ」を使用した話題のフェイシャル・トリートメントを紹介しよう。


衝撃のトリートメントは「ぺ●ス」の細胞入り

 ハリウッド女優のケイト・ ブランシェットが、女優仲間のサンドラ・ブロックと共に最近受けたという、新しいフェイシャル・トリートメントが話題を呼んでいる。それは、ニューヨークに店舗を構える「Georgia Louise」というサロンが提供する「ハリウッドEGFフェイシャル」だ。

 この名称を聞いただけでは、別に誰も驚かないだろう。しかし、ケイト・ブランシェットのような美しいセレブリティが、このフェイシャルを称して「ペニス・フェイシャル」と呼んで、その効果を賞賛し、一躍、話題を呼んでいるのだ。

 「ハリウッドEGFフェイシャル」には、クレンズ、ケミカルピーリング、マイクロ・ニードリング、そして「感動的な」フェイスマスクが含まれるが、この韓国生まれのフェイスマスクの名称は「EGF(Epidermal Growth Factor)」。新生児のペニスの包皮中のヒト線維芽細胞から抽出した前駆細胞を使って作ったセラムを使ったフェイスマスクで、つまり、本当に「ペニス由来成分が含有されるマスク」なのである。

 ケイト・ブランシェットは、『Vogue Australia』のインタビューで、このフェイシャル・トリートメントのことを「若々しい肌を保つ秘密兵器」だと評し、「すごいのよ、何か分からないけど、どうしてか分からないけど、ちょっと精子のような臭いがして、エンザイムが入っているから、私たちはペニス・フェイシャルと呼んでるの」と語っている。

 また、サンドラ・ブロックは米国の人気番組「ELLEN」に出演した際、このトリートメントを絶賛。「ペニス・フェイシャル」という呼び名を恥ずかしそうに使いつつも、「これで私の人生は永遠に変わったわ」と、その効果を褒めたたえた。

一般人は予約すら不可? 2年先まで予約はいっぱい

 この驚愕のフェイシャル・トリートメント、ちょっと不気味な気もするが、美肌を得たいセレブリティたちにとっては、含有素材の奇抜さなど、まったく問題にならないようだ。こうして大女優たちが次々に絶賛するため、同トリートメントは大人気で、予約は2年待ちだという。費用は一回$650。おそらく一般人は予約することすら難しいとの噂もある。

 この評判は噂なのか、本当なのか。美肌を何としても手に入れたい人なら、2年待ってでも受けてみるのかもしれない。

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

https://bizseeds.net/articles/704

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。

アメリカの「新サービス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

バスケットボール界を代表するNBAスーパースター選手だったコービー・ブライアント氏が26日(日本時間27日)、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことを受けて、米各地で追悼集会が開かれている。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング