ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

美に対するセレブリティたちの執着は、時に常軌を逸することがある。鳥の糞やプラセンタを使ったフェイシャル、蛇の毒を使ったアイクリーム、蜂に刺されるトリートメントなど、奇妙な美容術は山ほどあるが、今回は「まさか、それを使って?!」と驚愕するような「あるモノ」を使用した話題のフェイシャル・トリートメントを紹介しよう。


衝撃のトリートメントは「ぺ●ス」の細胞入り

 ハリウッド女優のケイト・ ブランシェットが、女優仲間のサンドラ・ブロックと共に最近受けたという、新しいフェイシャル・トリートメントが話題を呼んでいる。それは、ニューヨークに店舗を構える「Georgia Louise」というサロンが提供する「ハリウッドEGFフェイシャル」だ。

 この名称を聞いただけでは、別に誰も驚かないだろう。しかし、ケイト・ブランシェットのような美しいセレブリティが、このフェイシャルを称して「ペニス・フェイシャル」と呼んで、その効果を賞賛し、一躍、話題を呼んでいるのだ。

 「ハリウッドEGFフェイシャル」には、クレンズ、ケミカルピーリング、マイクロ・ニードリング、そして「感動的な」フェイスマスクが含まれるが、この韓国生まれのフェイスマスクの名称は「EGF(Epidermal Growth Factor)」。新生児のペニスの包皮中のヒト線維芽細胞から抽出した前駆細胞を使って作ったセラムを使ったフェイスマスクで、つまり、本当に「ペニス由来成分が含有されるマスク」なのである。

 ケイト・ブランシェットは、『Vogue Australia』のインタビューで、このフェイシャル・トリートメントのことを「若々しい肌を保つ秘密兵器」だと評し、「すごいのよ、何か分からないけど、どうしてか分からないけど、ちょっと精子のような臭いがして、エンザイムが入っているから、私たちはペニス・フェイシャルと呼んでるの」と語っている。

 また、サンドラ・ブロックは米国の人気番組「ELLEN」に出演した際、このトリートメントを絶賛。「ペニス・フェイシャル」という呼び名を恥ずかしそうに使いつつも、「これで私の人生は永遠に変わったわ」と、その効果を褒めたたえた。

一般人は予約すら不可? 2年先まで予約はいっぱい

 この驚愕のフェイシャル・トリートメント、ちょっと不気味な気もするが、美肌を得たいセレブリティたちにとっては、含有素材の奇抜さなど、まったく問題にならないようだ。こうして大女優たちが次々に絶賛するため、同トリートメントは大人気で、予約は2年待ちだという。費用は一回$650。おそらく一般人は予約することすら難しいとの噂もある。

 この評判は噂なのか、本当なのか。美肌を何としても手に入れたい人なら、2年待ってでも受けてみるのかもしれない。

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

https://bizseeds.net/articles/704

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。

アメリカの「新サービス」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。


日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

アメリカでは現在、「こんまり」こと近藤麻理恵の「ミニマリズム」が大ブームだ。彼女が提案するライフスタイルに魅了されるアメリカ人が続出し、今やその名前を聞かない日がないほど。しかし、その「こんまり」よりも、ずっと以前からアメリカで活動を続け、昨今のヴィーガン・ブームの火付け役の一人となった日本人女性がいる。その人物とは?


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


成功への選択「冷や汗をかく瞬間」2018年11月2日~11月8日

成功への選択「冷や汗をかく瞬間」2018年11月2日~11月8日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


世界的な人気作家スティーヴン・キングが映画化権を1ドルで売却

世界的な人気作家スティーヴン・キングが映画化権を1ドルで売却

ホラー小説家として世界的に知られるアメリカ人作家、スティーヴン・キング氏が、短編小説『エアロバイク』の映画化権をウェールズの学生に1ドルで売却した。キング氏はこれまでに数多くの小説やノンフィクション、脚本などを発表し、そのうちのほとんどが世界中で翻訳され、多くが映画化されている著名作家だが、この売却には理由があるという。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング