アメリカの中間選挙とは? 入門編

アメリカの中間選挙とは? 入門編

アメリカでは今年11月6日に中間選挙が行われる。中間選挙は事実上、大統領への与信投票と言われ、現トランプ政権も、この選挙によって政権への是非が国民に審判されることになる。また、この選挙で大統領率いる共和党が勝利するか否かで、現政権が残り2年で行う政策の内容はもちろん、次期大統領選への動きが大きく変わる注目の選挙でもある


大統領任期のちょうど真ん中で、国民の信任を問う

 11月6日の中間選挙は、議会選で435の下院全議席と上院33議席(総議席は100)が改選され、同時に全米各地で州知事選も開催される。米大統領の任期は4年だが、下院議員の任期は2年、上院議員の任期は6年だ。上院議員は2年ごとに3分の1が改選されるため、大統領任期の中間地点にあたる時期に選挙が行われる。

 トランプ政権になってからの米議会は、多数党が大統領と同じ共和党だ。そのため政策が実現しやすかったが、中間選挙で共和党が負けた場合には現状が大きく変わる。トランプ政権の支持率は、5月28日時点で支持率49%、不支持率50%(Rasmussen Report調べ)。減税法案の成立後は、共和党支持者の8割程度が現政権を肯定的に受け止めていると言われている。

中間選挙の予備選はすでに始まっている

 中間選挙の総選挙は11月6日だが、各州における予備選は早い州ではすでに始まっている。最も早かったのは3月6日に行われたテキサス州予備選。アメリカでは州ごとに選挙法が異なるため、予備選の後に決選投票を行う州も多く、総選挙後の12月以降に決選投票が行われる州もいくつかある。Federal Voting Assistance Programに各州の予備選と予備選決戦日程が記載されている。

• 3月6日:テキサス州
• 3月20日:イリノイ州
• 5月8日:オハイオ州、ノースカロライナ州、インディアナ州、ウエストバージニア州
• 5月15日:ペンシルヴェニア州、ネブラスカ州、アイダホ州、オレゴン州
• 5月22日:ケンタッキー州、アーカンソー州、ジョージア州、テキサス州予備選決選
• 6月5日:カリフォルニア州、アラバマ州、ミシシッピ州、サウスダコタ州、アイオワ州、モンタナ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州
6月12日:バージニア州、サウスカロライナ州、ノースダコタ州、ネバダ州、メイン州
• 6月19日:アーカンソー州予備選決選、コロンビア特別区
• 6月26日:コロラド州、メリーランド州、ユタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州予備選決選
• 7月17日:ノースカロライナ州予備選決選、アラバマ州予備選決選
• 7月24日:ジョージア州予備選決選
• 8月2日:テネシー州
• 8月4日:ヴァージン諸島
• 8月7日:ワシントン州、ミズーリ州、ミシガン州、カンザス州
• 8月11日:ハワイ州
• 8月14日:バーモント州、ウィスコンシン州、コネチカット州、ミネソタ州
• 8月21日:ワイオミング州、アラスカ州
• 8月25日:グアム
• 8月28日:アリゾナ州、フロリダ州、オクラホマ州予備選決選
• 9月6日:デラウェア州
• 9月11日:ニューヨーク州、ニューハンプシャー州
• 9月12日:ロードアイランド
• 9月18日:マサチューセッツ州
• 11月6日:総選挙
• 12月4日:アーカンソー州総選挙決選
• 12月8日:ルイジアナ州総選挙決選
• 翌年1月8日:ジョージア州総選挙決選

米議会の下院と上院とは?

 米議会下院は各州で人口比ごとに割られた議席が定められているが、 上院は州の代表であり、住民による直接選挙によって全米50州から2名ずつが選ばれる。米両院の権限はほぼ対等で、下院には予算先議権と大統領の弾劾訴追権などがあり、上院には条約締結権、閣僚の承認、大統領の弾劾裁判権等がある。現在の議席数は:

下院:共和党239議席/民主党194議席 
上院:共和党51議席/民主党47議席+独立系2議席 

 下院は共和党が圧倒的多数だが、上院はほとんど差がないため、上院選の行方に注目が集まっている。今回の選挙で、上院は三分の一の議席が改選される。ここで民主党が多数党に返り咲くと流れが大きく変わるが、再選率が6割〜8割と高い議会選の歴史を見ると、民主党が苦戦する可能性が高いといわれている。ただし、今回は引退を表明している共和党議員が複数いるため、多数派の共和党も中間選挙は予断を許さない状況だ。

 また、多数派である共和党内が一枚岩ではなく、党内の保守派、主流派、過激な反主流派(過激な反移民、反自由貿易等)と大きく三派に分かれ、党内にトランプ大統領に反感を抱く人々が存在することで内部抗争の可能性が指摘されている。そうなると民主党にはチャンスが生まれるため、今回の中間選挙は再びアメリカの政治に大きな動きが出る可能性を秘めている。今後の動きに注目だ。

中間選挙に向けて始動するアメリカ

https://bizseeds.net/articles/712

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?

アメリカの「社会・政治」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は現在進行形の「トランプ大統領を弾劾するべきか否か」問題にについて。


米大統領選ガイド(3) 「間接選挙:選挙人投票の仕組みと問題点」

米大統領選ガイド(3) 「間接選挙:選挙人投票の仕組みと問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は現在進行形の「トランプ大統領を弾劾するべきか否か」問題にについて。


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

全米最多の人口を誇り、アメリカで3番目に面積が大きいカリフォルニア州。GAFAをはじめ、世界的に有名な大企業が本社を構えることなどから税金や生活費が驚愕的に高額になったこと、そして政治面ではリベラルに偏り過ぎたことなどから、「もう、住めない!」という人が続出! 1年間で約70万人がカリフォルニアから逃げだしている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング