「ラスベガス百花繚乱」 2018/5/31

「ラスベガス百花繚乱」 2018/5/31


ラスベガスでは今、このスポーツが熱い!

 ラスベガスで今、特別な盛り上がりを見せているスポーツをご紹介します。それはアイスホッケーです。昨年からラスベガスを本拠地とするアイスホッケー・チーム「Vegas Golden Knights(ベガス・ゴールデン・ナイツ)」がスタートし、チームは絶好調。その好成績ぶりだけでなく、チームの人気がとても高い理由には、長い間アメリカの主要スポーツリーグで、ラスベガスを本拠地とするチームがなかったことがあげられます(マイナーリーグを除く)。

 街の中心地にあるホームスタジアム「T-mobileアリーナ」には、毎試合2万人近くの観客が試合観戦に訪れています。

 そのゴールデン・ナイツの黒地に金と灰色が配色されたユニフォームやロゴは、ラスベガスの街中のありとあらゆるところで見受けられます。例えばメイン・ストリートにある「ニューヨーク・ニューヨーク・カジノ」の前にある自由の女神像も、現在はゴールデン・ナイツのユニフォームを着ています。

 チームにとって今年は1年目のシーズンですが、いきなりパシフィック・ディビジョンで優勝を収め、今月行われた西リーグの決勝戦でも見事勝利し、全米チャンピオンまであと一歩のところまで上り詰めました。日本時間の5月29日からおよそ2週間にわたって開催される全米決勝戦で相手チームに勝ち越すことが出来れば、アメリカ国内で計31チームあるナショナル・ホッケーリーグの頂点に立つことになります。

 僕自身もゴールデン・ナイツがきっかけで、アイスホッケーの試合を観戦するようになり、少しづつその魅力にハマりつつあります。ラスベガス含め、今、全米で大盛り上がりのアイスホッケー。決勝戦の試合中継をご覧いただければ、その熱気を日本でも感じていただけるはずです。

塚原ミキヒトの「ラスベガス就活奮戦記」へ


※ブロガー個人の意見です。


この記事の寄稿者

高校生の頃から日本でマジシャンとして活動をはじめ、様々なコンテストで優秀な成績をおさめる。自らの主催で、渋谷やお台場、赤坂などで大規模な学生イベントを展開。なかでも 「MARCH祭」は後輩たちに受け継がれ、現在も渋谷O-EASTにて毎年開催されている。高校卒業後、ラスベガスに移住。大学でカジノとホテル経営学を専攻し、2017年5月に卒業。アメリカの人気TV番組「 America’s Got Talent」にも出演し、人気イリュージョニストのアシスタントなども務めた。現在は“J Resort Japan”というプロジェクトを立ち上げ、日本におけるエンターテイメントとカジノ、観光産業の発展をリードできる人材になること目指し、日々ラスベガスで精進している。

最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング