「ラスベガス百花繚乱」 2018/5/31

「ラスベガス百花繚乱」 2018/5/31


ラスベガスでは今、このスポーツが熱い!

 ラスベガスで今、特別な盛り上がりを見せているスポーツをご紹介します。それはアイスホッケーです。昨年からラスベガスを本拠地とするアイスホッケー・チーム「Vegas Golden Knights(ベガス・ゴールデン・ナイツ)」がスタートし、チームは絶好調。その好成績ぶりだけでなく、チームの人気がとても高い理由には、長い間アメリカの主要スポーツリーグで、ラスベガスを本拠地とするチームがなかったことがあげられます(マイナーリーグを除く)。

 街の中心地にあるホームスタジアム「T-mobileアリーナ」には、毎試合2万人近くの観客が試合観戦に訪れています。

 そのゴールデン・ナイツの黒地に金と灰色が配色されたユニフォームやロゴは、ラスベガスの街中のありとあらゆるところで見受けられます。例えばメイン・ストリートにある「ニューヨーク・ニューヨーク・カジノ」の前にある自由の女神像も、現在はゴールデン・ナイツのユニフォームを着ています。

 チームにとって今年は1年目のシーズンですが、いきなりパシフィック・ディビジョンで優勝を収め、今月行われた西リーグの決勝戦でも見事勝利し、全米チャンピオンまであと一歩のところまで上り詰めました。日本時間の5月29日からおよそ2週間にわたって開催される全米決勝戦で相手チームに勝ち越すことが出来れば、アメリカ国内で計31チームあるナショナル・ホッケーリーグの頂点に立つことになります。

 僕自身もゴールデン・ナイツがきっかけで、アイスホッケーの試合を観戦するようになり、少しづつその魅力にハマりつつあります。ラスベガス含め、今、全米で大盛り上がりのアイスホッケー。決勝戦の試合中継をご覧いただければ、その熱気を日本でも感じていただけるはずです。

塚原ミキヒトの「ラスベガス就活奮戦記」へ


※ブロガー個人の意見です。


この記事の寄稿者

高校生の頃から日本でマジシャンとして活動をはじめ、様々なコンテストで優秀な成績をおさめる。自らの主催で、渋谷やお台場、赤坂などで大規模な学生イベントを展開。なかでも 「MARCH祭」は後輩たちに受け継がれ、現在も渋谷O-EASTにて毎年開催されている。高校卒業後、ラスベガスに移住。大学でカジノとホテル経営学を専攻し、2017年5月に卒業。アメリカの人気TV番組「 America’s Got Talent」にも出演し、人気イリュージョニストのアシスタントなども務めた。現在は“J Resort Japan”というプロジェクトを立ち上げ、日本におけるエンターテイメントとカジノ、観光産業の発展をリードできる人材になること目指し、日々ラスベガスで精進している。

最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング