ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


ラマダンはムスリムたちの本音を聞くチャンス

 ラマダン期間中(今年は5月17日から29日間)というのは、興味深い時間を過ごすことができる時でもある。毎晩ムスリムの友人、知人に夕食に招待され、食後にリラックスして紅茶を飲みながら、ふだんは決して聞くことができない本音を聞けるからだ。今回は、ここ数年のラマダン中に耳にしたアメリカの政治に関する意外な事実をお伝えしたいと思う。

 2010年に行われた国勢調査に基づく推定によると、アメリカのムスリム人口は約700万人。内訳は、黒人24%、アラブ系26%、南アジア系26%、その他24%となっている。大手報道機関のニュースを見ていると、アメリカのムスリムは皆アンチ・トランプで、トランプ政権のムスリム入国希望者に対するExtreme Vetting Policy(徹底的身元調査方針)や厳しい不法移民取締政策に大反対しているように思えるだろう。しかし、実際は、報道とは大きく異なる点がある。それはアラブ系と南アジア系のムスリムの多くは、トランプ政権のこれらの方針を大歓迎しているという点だ。

 特に、サダム・フセインの暴政、紛争が絶えないシリアやレバノンを逃れてアメリカに移住してきたイラク人、シリア人、レバノン人には、トランプ支持者が多い。彼らはそれぞれの国の過激派たちが、難民に混ざってアメリカに侵入しようとしていることを祖国にいる知人や親戚から聞いて知っているので、トランプの徹底的な身元調査方針は妥当な政策だと考えている傾向が強い。

 また、インドネシアやマレーシアから来たムスリムには、ビジネスマンや高等教育を受けた人々が多く、彼らもイスラム国に感化されたムスリムが、難民の振りをしてアメリカに入ってくることを恐れている。そのためトランプの方針がムスリム差別だとは思っていないことが多いのだ。

 さらに、 アラブ系ではないが、アヤトラ・ホメイニのイラン革命を逃れてアメリカに移住してきたイラン人も、イランに媚びたオバマ政権とは対照的にイランを声高に批判し、イラン核合意から離脱したトランプ政権に感謝の念すら抱いていることが多いようだ。

トランプ支持でも声を上げられない理由とは

 これらのムスリムに共通しているのは、彼等が祖国には存在しない自由や安全を求めて自らの意志でアメリカにやって来た、ということ。彼らはアメリカが好きだからこそ、アメリカに移住してきたのだ。また、彼らは、難民として、あるいは労働許可証を取得して、法を順守し、何年も順番待ちをして合法的に永住権や市民権を入手した人々でもある。そのため、正当な手続きを取らずに”抜け駆け”して、順番待ちをせずにアメリカに”割り込もう”とする不法移民たちの態度については、否定的でもある。むしろ、トランプの厳しい不法移民政策はフェアーだという見解を示していると言えるのだ。

 しかし、彼らは公の場では、こうした本音を言うことはまずありえない。ムスリムのトランプ支持派は、「多くのムスリムが反トランプらしいので、本音を言ったら、ムスリムのコミュニティーから裏切り者扱いされ、追放されてしまうだろう」と恐れているのだ。アメリカの大手報道機関は、ムスリム難民や不法移民をほぼ無条件で受け容れることを要求している民主党系ムスリムの意見のみをフィーチャーしているので、「ムスリム=反トランプ」というステレオタイプが定着しているからだろう。人種差別者呼ばわりされることを恐れて本音を言えない、言わば「隠れトランプ支持者たち」同様、アメリカには実は声をあげられないムスリムのトランプ支持者も意外と多いのだ。

 アメリカの大手メディアの報道や世論調査は、鵜呑みにしないほうがいいだろう。

ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

https://bizseeds.net/articles/708

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はバーバラ・ブッシュ夫人の訃報を喜んだリベラル派大学教授のツイート炎上に関する保守派の意見を紹介する。

アメリカの「社会・政治」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


アメリカの中間選挙とは? 入門編

アメリカの中間選挙とは? 入門編

アメリカでは今年11月6日に中間選挙が行われる。中間選挙は事実上、大統領への与信投票と言われ、現トランプ政権も、この選挙によって政権への是非が国民に審判されることになる。また、この選挙で大統領率いる共和党が勝利するか否かで、現政権が残り2年で行う政策の内容はもちろん、次期大統領選への動きが大きく変わる注目の選挙でもある


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。






最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング