ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


ラマダンはムスリムたちの本音を聞くチャンス

 ラマダン期間中(今年は5月17日から29日間)というのは、興味深い時間を過ごすことができる時でもある。毎晩ムスリムの友人、知人に夕食に招待され、食後にリラックスして紅茶を飲みながら、ふだんは決して聞くことができない本音を聞けるからだ。今回は、ここ数年のラマダン中に耳にしたアメリカの政治に関する意外な事実をお伝えしたいと思う。

 2010年に行われた国勢調査に基づく推定によると、アメリカのムスリム人口は約700万人。内訳は、黒人24%、アラブ系26%、南アジア系26%、その他24%となっている。大手報道機関のニュースを見ていると、アメリカのムスリムは皆アンチ・トランプで、トランプ政権のムスリム入国希望者に対するExtreme Vetting Policy(徹底的身元調査方針)や厳しい不法移民取締政策に大反対しているように思えるだろう。しかし、実際は、報道とは大きく異なる点がある。それはアラブ系と南アジア系のムスリムの多くは、トランプ政権のこれらの方針を大歓迎しているという点だ。

 特に、サダム・フセインの暴政、紛争が絶えないシリアやレバノンを逃れてアメリカに移住してきたイラク人、シリア人、レバノン人には、トランプ支持者が多い。彼らはそれぞれの国の過激派たちが、難民に混ざってアメリカに侵入しようとしていることを祖国にいる知人や親戚から聞いて知っているので、トランプの徹底的な身元調査方針は妥当な政策だと考えている傾向が強い。

 また、インドネシアやマレーシアから来たムスリムには、ビジネスマンや高等教育を受けた人々が多く、彼らもイスラム国に感化されたムスリムが、難民の振りをしてアメリカに入ってくることを恐れている。そのためトランプの方針がムスリム差別だとは思っていないことが多いのだ。

 さらに、 アラブ系ではないが、アヤトラ・ホメイニのイラン革命を逃れてアメリカに移住してきたイラン人も、イランに媚びたオバマ政権とは対照的にイランを声高に批判し、イラン核合意から離脱したトランプ政権に感謝の念すら抱いていることが多いようだ。

トランプ支持でも声を上げられない理由とは

 これらのムスリムに共通しているのは、彼等が祖国には存在しない自由や安全を求めて自らの意志でアメリカにやって来た、ということ。彼らはアメリカが好きだからこそ、アメリカに移住してきたのだ。また、彼らは、難民として、あるいは労働許可証を取得して、法を順守し、何年も順番待ちをして合法的に永住権や市民権を入手した人々でもある。そのため、正当な手続きを取らずに”抜け駆け”して、順番待ちをせずにアメリカに”割り込もう”とする不法移民たちの態度については、否定的でもある。むしろ、トランプの厳しい不法移民政策はフェアーだという見解を示していると言えるのだ。

 しかし、彼らは公の場では、こうした本音を言うことはまずありえない。ムスリムのトランプ支持派は、「多くのムスリムが反トランプらしいので、本音を言ったら、ムスリムのコミュニティーから裏切り者扱いされ、追放されてしまうだろう」と恐れているのだ。アメリカの大手報道機関は、ムスリム難民や不法移民をほぼ無条件で受け容れることを要求している民主党系ムスリムの意見のみをフィーチャーしているので、「ムスリム=反トランプ」というステレオタイプが定着しているからだろう。人種差別者呼ばわりされることを恐れて本音を言えない、言わば「隠れトランプ支持者たち」同様、アメリカには実は声をあげられないムスリムのトランプ支持者も意外と多いのだ。

 アメリカの大手メディアの報道や世論調査は、鵜呑みにしないほうがいいだろう。

ブッシュ夫人の死を喜ぶリベラル派が浮き彫りにしたものは?

https://bizseeds.net/articles/708

多様なアメリカでは暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はバーバラ・ブッシュ夫人の訃報を喜んだリベラル派大学教授のツイート炎上に関する保守派の意見を紹介する。

アメリカの「社会・政治」に関する記事

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?


トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

デイビッド・アンドリューズの「You are what you eat/食は人なり」 自然をこよなく愛し、趣味はハイキング、そして食べることが何よりも好きな「ごく普通の会社員」である筆者が、感じたことや不思議に思ったことなどを書き綴る。一般的なアメリカ人は日々どんなことに目をとめるのだろう?そう、きっかけはいつだって食べ物なのだ。


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング