MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 


MIT出身の4人のオーナーが目指したものは?

 このレストランをオープンさせたのは、名門マサチューセッツ工科大学(MIT)出身の4人の男性だ。世界最高峰のロボット工学を学んだ彼らが実現させたのは、ズバリ「ロボット・キッチン」である。

 栄養価が高く、健康なものを食べようとすると、どうしても値段が張ってしまう。しかし、手頃な食事を求めると、栄養バランスが悪くなる。全米でも物価の高いボストンで、学生時代に美味しいとは言い難いテイクアウトの食事に、毎度10ドル以上も費やさねばならない経験をした彼らは、「手頃で美味しく、しかも栄養のバランスがよい食事を作る方法はないか」と考えるようになった。皆、一度は就職したものの、起業を決意。2年間で数えきれないほどのケガや火傷と闘いながら、ヘルシーな食材を使って安く提供できる料理が作れるシステム構築を模索し、試行錯誤の上に完成させたロボット・キッチンの映像はこちら。

ミシュラン・シェフに直談判! 夢のような一皿が実現

 メニューはすべてサラダボウル型の器に入った一皿料理で、一律7ドル50セントとお手頃価格。客は自分でオーダー用のパネルをクリックして好みのコンビネーションを選択し、注文した人の名前がスクリーンに映し出されてから調理が始まる。注文から料理が出てくるまでの時間は約3分だ。

 このレストランが話題を呼んでいる理由は、ロボットで自動化されているシステムだけではない。なんと料理の監修に、ニューヨークの名店「Café Boulud」率いるミシュランのスターシェフのダニエル・ブールドとサム・ベンソンが参画しているのだ。オーナーの4人は、「安くて、どこよりも健康的でおいしい食事を出す店を出す」という夢を実現させるために、ブルード・シェフに直談判。彼らの情熱に心を動かされたブルード・シェフは、料理ディレクターに就任することを受け入れ、しかも自分の店で働いていたシェフのサム・ベンソンをエグゼクティブ・シェフとしてSPYCEに参画させることを決めたのだ。

 そんな彼らのレシピで作られるヘルシーな料理が、美味しくない訳がない。ロボット・キッチン見学、そしてミシュラン・シェフの一皿をたった7ドル50セントで堪能できるというのだから、ボストンに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたい。

SPYCE HP:
https://www.spyce.com/

この記事の寄稿者

関連する投稿


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?






最新の投稿


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

とうもろこしや大豆など遺伝子組換え種子や農薬を生産販売してきた多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の主力除草剤「ラウンドアップ」。これに発がん性があることを隠して販売していたとして、末期がんを宣告された男性が同社を告訴していた裁判で11日、男性側が勝訴。モンサントは約320億円の賠償金の支払いを命じられた。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング