MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 


MIT出身の4人のオーナーが目指したものは?

 このレストランをオープンさせたのは、名門マサチューセッツ工科大学(MIT)出身の4人の男性だ。世界最高峰のロボット工学を学んだ彼らが実現させたのは、ズバリ「ロボット・キッチン」である。

 栄養価が高く、健康なものを食べようとすると、どうしても値段が張ってしまう。しかし、手頃な食事を求めると、栄養バランスが悪くなる。全米でも物価の高いボストンで、学生時代に美味しいとは言い難いテイクアウトの食事に、毎度10ドル以上も費やさねばならない経験をした彼らは、「手頃で美味しく、しかも栄養のバランスがよい食事を作る方法はないか」と考えるようになった。皆、一度は就職したものの、起業を決意。2年間で数えきれないほどのケガや火傷と闘いながら、ヘルシーな食材を使って安く提供できる料理が作れるシステム構築を模索し、試行錯誤の上に完成させたロボット・キッチンの映像はこちら。

ミシュラン・シェフに直談判! 夢のような一皿が実現

 メニューはすべてサラダボウル型の器に入った一皿料理で、一律7ドル50セントとお手頃価格。客は自分でオーダー用のパネルをクリックして好みのコンビネーションを選択し、注文した人の名前がスクリーンに映し出されてから調理が始まる。注文から料理が出てくるまでの時間は約3分だ。

 このレストランが話題を呼んでいる理由は、ロボットで自動化されているシステムだけではない。なんと料理の監修に、ニューヨークの名店「Café Boulud」率いるミシュランのスターシェフのダニエル・ブールドとサム・ベンソンが参画しているのだ。オーナーの4人は、「安くて、どこよりも健康的でおいしい食事を出す店を出す」という夢を実現させるために、ブルード・シェフに直談判。彼らの情熱に心を動かされたブルード・シェフは、料理ディレクターに就任することを受け入れ、しかも自分の店で働いていたシェフのサム・ベンソンをエグゼクティブ・シェフとしてSPYCEに参画させることを決めたのだ。

 そんな彼らのレシピで作られるヘルシーな料理が、美味しくない訳がない。ロボット・キッチン見学、そしてミシュラン・シェフの一皿をたった7ドル50セントで堪能できるというのだから、ボストンに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたい。

SPYCE HP:
https://www.spyce.com/

この記事の寄稿者

関連する投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング