過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴの公立中学校で取り入れられる予定の性教育プログラムの内容が「度を越えており問題がある」と炎上している。学校で教えるには相応しいとは言えない内容のカリキュラムに対して、反対派の教員や親たちは、日々デモを行っているというが……。


抗議で学校をボイコット

 カリフォルニア州サンディエゴ市が定めた、中学生向けの新しい性教育プログラム『Sexual Health Education Program(通称SHEP) 』が物議を呼んでいる。このプログラムは10代の妊娠と性感染症の予防などを目的として構築されたもので、その中には「性的健康」について詳細な情報も盛り込まれている。

 しかし、市の教育委員会が語る「性的健康」の内容は度を越えており、ポルノまがいであるという懸念から、多くの教育者や子供の親たちがこのプログラムに猛反発。聖職者なども反対運動に加わり、今年に入ってから、その抗議活動が活発になっていた。そして、とうとう5月29日に、一部の親たちがこのプログラムへの反対姿勢を示すために、子供たちを学校に行かせないというボイコットを呼びかける事態にまで発展してしまった。

“It’s Perfectly Normal(完全にノーマル)”……ではない!

 このプログラムでは、『It’s Perfectly Normal』という書籍をカリキュラムに加えている。しかし、その内容がエロティック過ぎ、教育教材には不適当というのが争点だ。この問題を報道したニュース番組でも、「残念ながら、放送することは出来ません」とイラスト部分にモザイクをかけたほどである。

「さあ、試してみよう!」と紹介される内容には、マスターベーションの方法、アナルやオーラルセックスなど、アダルトビデオかと疑いたくなるような内容が含まれている。しかも、プログラムでは生物学的な性別に違和感がある場合は、親に隠れて性別を変えても良いという誤解を与えかねない内容も取り入れられているという。

 これに反発している親たちは、「私たちは性教育に反対しているのではなく、年齢にふさわしく、医学的に正確で、コミュニティーの価値観に合った性教育を望んでいるだけだ」と話している。性の多様性やマイノリティーへの差別をなくす配慮は、時代の必須でもある。しかし、学校という教育現場でこれらの問題に取り組む場合には、それが子供の成熟に適した内容であることは大前提であろう。まだまだ収まる様子を見せないサンディエゴの性教育問題、どの方向に決着するのだろうか。

教材に使われている『It’s Perfectly Normal』

参考ニュース:
https://www.nbcsandiego.com/news/local/Opt-Out-Day-Protest-Sex-Education-Program-San-Diego-Unified-School-District-483934051.html

トランスはジェンダーだけではない?

https://bizseeds.net/articles/652

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!

アメリカの「学生」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


教室にシェルターの設置が加速する?

教室にシェルターの設置が加速する?

今年2月、17人もの犠牲者を出したフロリダ州パークランドの高校における銃乱射事件。アメリカの教育現場ではこうした悲劇を防ぐための解決策が模索されている。そんな中でも注目の対策は?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。







最新の投稿


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える


成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

成功への選択「太陽がいっぱい」:2018年6月23日~6月29日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

Apple、カンヌライオンズで既に2部門でグランプリ その映像とは?

世界最大規模の広告関連の祭典、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」。 今月24日まで開催中だが、米Appleが、すでに「Music部門」と「Brand Experience & Activation部門」の2部門でグランプリを受賞し、注目を浴びている。


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング