過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

過激な性教育プログラムに揺れるサンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴの公立中学校で取り入れられる予定の性教育プログラムの内容が「度を越えており問題がある」と炎上している。学校で教えるには相応しいとは言えない内容のカリキュラムに対して、反対派の教員や親たちは、日々デモを行っているというが……。


抗議で学校をボイコット

 カリフォルニア州サンディエゴ市が定めた、中学生向けの新しい性教育プログラム『Sexual Health Education Program(通称SHEP) 』が物議を呼んでいる。このプログラムは10代の妊娠と性感染症の予防などを目的として構築されたもので、その中には「性的健康」について詳細な情報も盛り込まれている。

 しかし、市の教育委員会が語る「性的健康」の内容は度を越えており、ポルノまがいであるという懸念から、多くの教育者や子供の親たちがこのプログラムに猛反発。聖職者なども反対運動に加わり、今年に入ってから、その抗議活動が活発になっていた。そして、とうとう5月29日に、一部の親たちがこのプログラムへの反対姿勢を示すために、子供たちを学校に行かせないというボイコットを呼びかける事態にまで発展してしまった。

“It’s Perfectly Normal(完全にノーマル)”……ではない!

 このプログラムでは、『It’s Perfectly Normal』という書籍をカリキュラムに加えている。しかし、その内容がエロティック過ぎ、教育教材には不適当というのが争点だ。この問題を報道したニュース番組でも、「残念ながら、放送することは出来ません」とイラスト部分にモザイクをかけたほどである。

「さあ、試してみよう!」と紹介される内容には、マスターベーションの方法、アナルやオーラルセックスなど、アダルトビデオかと疑いたくなるような内容が含まれている。しかも、プログラムでは生物学的な性別に違和感がある場合は、親に隠れて性別を変えても良いという誤解を与えかねない内容も取り入れられているという。

 これに反発している親たちは、「私たちは性教育に反対しているのではなく、年齢にふさわしく、医学的に正確で、コミュニティーの価値観に合った性教育を望んでいるだけだ」と話している。性の多様性やマイノリティーへの差別をなくす配慮は、時代の必須でもある。しかし、学校という教育現場でこれらの問題に取り組む場合には、それが子供の成熟に適した内容であることは大前提であろう。まだまだ収まる様子を見せないサンディエゴの性教育問題、どの方向に決着するのだろうか。

教材に使われている『It’s Perfectly Normal』

参考ニュース:
https://www.nbcsandiego.com/news/local/Opt-Out-Day-Protest-Sex-Education-Program-San-Diego-Unified-School-District-483934051.html

トランスはジェンダーだけではない?

https://bizseeds.net/articles/652

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!

アメリカの「学生」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


アップル、時価総額が米企業初の1兆ドル越え

アップル、時価総額が米企業初の1兆ドル越え

 米国株式市場で、米アップル社が米企業として初めて時価総額1兆ドルを突破した。ハイテク大手による「1兆ドル達成レース」が注目されていた中、アマゾン・ドットコム社などの追随を振り切って、アップルが初の座を手に入れた。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?






最新の投稿


成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング