空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

空への夢の始まり16 — 英語で教官免許の試験に挑戦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。次々と規定の航空免許取得に挑戦して、それを取得することを重ねる大学生活。その最後の難関は英語で説明する教官免許の試験だ


事業用免許と双発機免許を取得

 計器飛行免許を取得した後は、事業用免許のトレーニングが始まった。ここでは主にソロ・フライトを多くこなし、パイロットとしての経験を積み重ねる。また、飛行に必要なテクニックを学び、飛行機の操縦を明確に安定して行える技量を培う。計器飛行免許の取得を通して、管制塔とのコミュニケーションには自信がついてきた私だったが、ほとんどのソロ・フライトを夜間に行った。なぜなら、夜は空があまり混んでいないため、管制官たちも割と穏やかで、優しい口調で話してくれるからである(笑)。

 無事に事業用免許を取得した次は、双発機の免許だ。大学1年生の頃から単発の小さな飛行機を使ってトレーニングをしていた私たちは、誰もが首を長くして双発機に乗る機会を心待ちにしていた。

 双発機にはエンジンがふたつあるため、一般的には単発機よりも安全だと思われがちだが、ここでのトレーニングのポイントは、片方のエンジンが飛行中に止まってしまった時の対応法だ。双発機は単発機と違い、エンジン・トラブルが起きると横転してしまうので、これをしっかり練習しておくことが重要だった。トレーニングでは、実際に教官が片方のエンジンをわざと空中で止めて、方向舵を思いっきり足で操作しながら操縦桿を手で操作する。私の場合、初めはあまりにも足の力が足りず、飛行機を思うようにコントロールできなかった。何度も教官に「もっとしっかり脚で方向舵を抑えて飛行機の横転を止めろ!」と注意された。トレーニングの後に地上に降り立つと、足がブルブルと震えてうまく歩けないほどだったので、教官から「ジムに通え! そんな筋肉のない脚では危なくて飛ばせないぞ」と言われた。

 大学生活も後半戦に差し掛かり、そろそろプロのパイロットになれると確信し始めていた時期だったので、教官の言葉はとても悔しかった。その日から学校のジムと街中にあるスポーツジムの両方に通って、体力強化と筋肉強化のトレーニングを始めた。これがきっかけで始まったジム通いは、その後、エアラインの仕事に就いてからもずっと続いている。結果的に良い健康管理習慣となったことは、よかったと思っている。

英語で教官免許を取らねば、大学を卒業できない

 双発機免許を取得後、最後にもうひとつ待っていたのが教官免許である。大学を卒業するために必要な免許 で、アメリカでプロのパイロットを目指す人のほとんどが教官免許を取得する。

 一般的に、エアラインに就職するためには1,500時間ほどのフライト時間を持っていなければならない。事業用免許を取った時点でのフライト時間が250時間なので、1,500時間は長い道のりだ。自腹で1時間何万円もするフライト経験を,1500時間まで積み重ねるには相当な大金が必要となるため、プロのパイロットを目指すほとんどの人がまず教官となり、生徒に教えながら自分の滞空時間を貯めるのである。

 人に教えること、しかも英語で飛行術を教えることは、とても難しい。自身が本当に理解していないと、相手が納得いく説明をしながら教えることは出来ない。英語のハンディを指摘されず、丁寧に細かいところまで説明が出来るようにと、私は一生懸命勉強した。

 試験当日、4時間の口頭試験では時間一杯に使い切り、試験官に分かりやすいようにホワイトボードに絵を描きながら、ゆっくりと丁寧に説明した。その甲斐あって、試験は合格。その上、そのときの試験官自らが、フライトスクールのチーフパイロットに私を雇うようにと推薦してくれたのだ。ほとんどの人は、試験官を相手に教官試験を受ける際には、相手がもう既に飛行機の基礎知識を持っていることを前提に説明するが、私の場合は「まったく飛行機の知識がない子供に教えているかのように、基礎の基礎から説明していたところ」が評価されたのである。教官から「とても分かり易かった」と、夢にも思っていなかった最高の褒め言葉をいただいた時、以前は「アルタネーター」という単語さえ知らなかった自分の経験を思い出して懐かしく、そして誇らしく思った。

銃を規制しても問題は解決しない

https://bizseeds.net/articles/672

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は アメリカの世論を二分する銃規制問題に対して、銃を所持している一般人のひとりとしての意見を述べる。

アメリカの「航空業界」に関する記事

この記事の寄稿者

愛知県豊橋市出身。高校卒業後、渡米。ボストン郊外のセーラム・ステート・カレッジで英語を学び、その後、航空学科のあるワシントン州グリーン・リバー・コミュニティ・カレッジへ。同校を経てセントラル・ワシントン大学に編入し、航空学で学士号、工業エンジニアリングで修士号取得。卒業後、同大学で操縦教官に就任。7年間の教官生活の傍ら、個人用ビジネスジェット機のパイロットも経験。2007年3月に 『Women in Aviation, International』 から奨学金を受けると共に、アジア人の女性パイロットネットワーク『Women in Aviation Asia』を発足。2008年1月、ホライゾン航空入社。不景気で一時解雇となり、グアムで遊覧飛行、飛行訓練、ドクター・ジェットの操縦を務めるも、2010年10月に同社復帰。同年、航空宇宙産業技術展2010ビジネスジェットパネリストも務めた。現在はオレゴン州に拠点を移し、家庭を持ち、子育てをしながら空を飛んでいる。

関連する投稿


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?


空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の著者が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』の最終回。何年も教官として働きながらも旅客機のパイロットとして勤務する夢を諦めず、念願の夢を手にいれた道のりとは?


アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

アメリカン航空、蛇や養鶏、山羊などの客室搭乗を禁止

鬱病や精神的障害などから、飛行機にひとりで乗ることに不安を持つ乗客が、精神安定のために機内に同伴できる「エモーショナル・サポート・アニマル」(心を支えてくれる動物)。今までは基本的にどんな動物でも客室へ搭乗することが許されていたが、今年から新規定を設定する航空会社が続出している。その理由とは?


空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

空への夢の始まり15—メカニックな単語がわからない?!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。さて自家用機免許を取得後に念願の4年制大学にめでたく転入したものの、周囲は男子生徒ばかり。この中でやっていけるのか?






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング