失敗しないネイルが誕生! アメリカで話題沸騰中のセルフ・ネイルとは?

失敗しないネイルが誕生! アメリカで話題沸騰中のセルフ・ネイルとは?

基礎化粧品やメイク関連商品と同様に、爪の手入れに関しても次から次へと新商品が生まれている。そんな中、アメリカのネイル業界が沸き立つ新商品が誕生、「2018年中には、これがアメリカで大流行する」と言われている。既存の商品とは何が違うのだろうか?


ジェルのように長持ちし、爪にも優しいネイル

 今年中にアメリカ中で大流行すると言われる話題のネイルが、「ディップ・パウダー・ネイル」だ。ネイルサロンでは、「ディップ・パウダー・ネイル」の取扱店が軒並み増え、この商品を取扱うサロンでは、「ディップ・パウダー・ネイル」の注文がマジョリティーを占めているという。

 「ディップ・パウダー・ネイル」は、簡単に説明すると爪にボンドのような下地を塗り、その上に好みの色のパウダーをつける要領で完成させるネイルだ。一躍話題になったのは、「サロンの施術レベルのネイルが自宅でできる」から。自宅で簡単に出来るキットが登場したことで、ブームに火がついた。

  日本で支持が高いジェルネイルは、マニキュアよりも長持ちし、ツヤが良いためファンが多いが、ジェルネイルは爪の表面を研磨したり、UVやLEDランプを当ててジェルを硬化せねばならない。また、日本ではジェル用の筆で塗るタイプが主流なため技術が必要で、サロンで施術してもらうような完璧なネイルを自分で行うのは、かなり器用な人でないと難しい。自宅でのセルフ・ネイルでは、うまくケアーできずに爪を痛めてしまう人も多く、ジェルネイルはサロンで施術してもらうのが安心だし、一般的だ。

 アメリカでのジェルネイルは、日本のように筆で塗るタイプではなく、マニキュア式のジェルが主流。マニキュアを塗る要領で塗ったジェルをUVかLEDランプで硬化するだけと手軽ではあるが、研磨することへの抵抗や、UVライトによる皮膚がん等への懸念が浮上していた。

将来的にはアメリカのサロンからジェルネイルが消える?

 そんな状況下で登場した「ディップ・パウダー・ネイル」。パウダーは下地を塗った場所にしかつかず、ジェルのように多くつけて流れてしまったりしないため、自宅で塗っても失敗しないというのは大きな魅力だ。「ディップ・パウダー・ネイル」の塗り方はこちら。

 このブームに火をつけたスターター・キットは、ソーシャルメディアでミリオン視聴を得たKiara Skyより販売されているDIP System(インスタフォロワー数25万人)だ。スターター・キットは$100前後で購入できるので、自宅で簡単にセルフ・ネイルに挑戦しやすい。サロンにいかずともツヤツヤのネイルが手に入り、爪も傷つけないという映像をソーシャルメディアで見て、思わずポチッとネット購入してしまう人が多いのもうなずける。日本上陸もきっと時間の問題だろう。

眠りのIQが高まる、究極のベッド

https://bizseeds.net/articles/702

「睡眠IQ」を高めるという、ハイテクなベッドが話題を呼んでいる。「このベッドで毎晩眠ることで、人生そのものの質が変わる」と言われる理由とは? 人気の秘密に迫ってみよう。

アメリカの「美容」に関する記事

この記事の寄稿者





最新の投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

ポリオ似の謎の病におびえるアメリカ

5歳以下の子供の感染率が高いことから、「小児麻痺」と呼ばれることも多いポリオ。人から人に感染する治療法がない難病だ。1988年以降、発症数は99.9%減少した病気だが、このポリオに“似た病気”がアメリカで増加しているという。


成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

成功への選択「朝のコーヒーショップ」2018年12月7日~12月13日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング