魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


食材は植物ベースのみ。ヘルシーでカラフルな寿司

 「自分が食べるもの、そのものが自分」という美意識を持つ人が多いニューヨークでは、体に良いもの、無農薬のもの、ジャンクフードではないもの、地球環境に優しいものなど、口に入れる食材にこだわりを持ち、なおかつ美味しいものを求める人たちが大勢いる。

 アメリカには、ベジタリアン(肉と魚を食べない人、Vegetarian)、ペスカタリアン(肉を食べない人、Pescatarian)、ヴィーガン(肉と魚と乳製品を食べない人、Vegan)、フルータリアン(果物が主食で肉・魚・穀物も食べない人、Fruitarian)など、食に対して様々な主義を明確に持つ人たちだけでなく、宗教的に特別な方法で処理されたものでなければ口に出来ない人も多い。つまり、「出されたものは何でも食べるのが礼儀」という日本流は存在しないのだ。そのためレストラン・オーナーも自身が対象にする客層を明確にしなければ、大都市では勝ち残れない。

 アメリカでは、和食はヘルシーという印象は浸透しているものの、鰹節や煮干しで取った出汁や、魚を使う料理が多い和食は、意外にもベジタリアンやヴィーガンたちは食べられない。そんな客層に狙いを定めて、オーガニックな野菜や果物、穀物など「100%オーガニックで植物ベースの食材」で作る寿司や丼などを出す 「Beyond Sushi」というレストランが、ニューヨークで店舗を着々と増やしている。そのお店の様子がわかる映像はこちら。

魚がのっていない寿司を食べたい人が多い?

 店舗規模が小さいものも含めて、ニューヨークに6店舗を出すこの店の売りは、その独創的なプレゼンテーションと、本格的に料理を学んだシェフが作り出す味。シャリには黒米や赤米、または玄米やライ麦など4〜6種を混ぜた米などが用意され、 アボカドやハラペーニョ、黒豆ペーストを入れて野菜で巻き、ライムを加えてラテン風味に仕上げたものや、マリネしたキノコ、酢漬けにしたゴボウや大根を巻いてトリュフ・オイルをかけた巻き寿司(8ピース$7.50)、カレー風味のカリフラワーやローストしたトマトがのった軍艦(4貫$5.95)など、色とりどりで驚きがあるメニューが並ぶ。

Photo Credit: Beyond-Sushi

  カラフルなプレゼンテーションがインスタ映えすることも人気を支えている。そのインスタを見て来店する人もいれば、これまで寿司を食べられなかったベジタリアンやヴィーガンたち、魚の寿司とは別物としてこれを楽しむ人たちなども利用している。オーナー・シェフがイスラエル人ということもあり、ユダヤ教徒でも安心して食せるコーシャー(Kosher)の国際承認も得ているため、「使われている食材が、どこから来たものか」が明確にわかっている安心さもあるという。

 「魚を出さない寿司屋」を、もはや「寿司屋」と呼べるのかという議論は別として、「進化し続けるニューヨークらしい進化した料理」であることは間違いなさそうだ。

アメリカの「食」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年最も稼いだユーチューバーの世界ランキングが発表された。1位はアメリカの8歳児で年収は2,600万ドル(約28億円)! ランキングの3位はロシアの5歳児で1,800万ドル(約20億円)だった。子供たちが稼いだ金額の高さに多くのため息がもれている。


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?






最新の投稿


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


米大統領選ガイド(8) 「大統領選はカネで買えるのか?」

米大統領選ガイド(8) 「大統領選はカネで買えるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング