魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


食材は植物ベースのみ。ヘルシーでカラフルな寿司

 「自分が食べるもの、そのものが自分」という美意識を持つ人が多いニューヨークでは、体に良いもの、無農薬のもの、ジャンクフードではないもの、地球環境に優しいものなど、口に入れる食材にこだわりを持ち、なおかつ美味しいものを求める人たちが大勢いる。

 アメリカには、ベジタリアン(肉と魚を食べない人、Vegetarian)、ペスカタリアン(肉を食べない人、Pescatarian)、ヴィーガン(肉と魚と乳製品を食べない人、Vegan)、フルータリアン(果物が主食で肉・魚・穀物も食べない人、Fruitarian)など、食に対して様々な主義を明確に持つ人たちだけでなく、宗教的に特別な方法で処理されたものでなければ口に出来ない人も多い。つまり、「出されたものは何でも食べるのが礼儀」という日本流は存在しないのだ。そのためレストラン・オーナーも自身が対象にする客層を明確にしなければ、大都市では勝ち残れない。

 アメリカでは、和食はヘルシーという印象は浸透しているものの、鰹節や煮干しで取った出汁や、魚を使う料理が多い和食は、意外にもベジタリアンやヴィーガンたちは食べられない。そんな客層に狙いを定めて、オーガニックな野菜や果物、穀物など「100%オーガニックで植物ベースの食材」で作る寿司や丼などを出す 「Beyond Sushi」というレストランが、ニューヨークで店舗を着々と増やしている。そのお店の様子がわかる映像はこちら。

魚がのっていない寿司を食べたい人が多い?

 店舗規模が小さいものも含めて、ニューヨークに6店舗を出すこの店の売りは、その独創的なプレゼンテーションと、本格的に料理を学んだシェフが作り出す味。シャリには黒米や赤米、または玄米やライ麦など4〜6種を混ぜた米などが用意され、 アボカドやハラペーニョ、黒豆ペーストを入れて野菜で巻き、ライムを加えてラテン風味に仕上げたものや、マリネしたキノコ、酢漬けにしたゴボウや大根を巻いてトリュフ・オイルをかけた巻き寿司(8ピース$7.50)、カレー風味のカリフラワーやローストしたトマトがのった軍艦(4貫$5.95)など、色とりどりで驚きがあるメニューが並ぶ。

Photo Credit: Beyond-Sushi

  カラフルなプレゼンテーションがインスタ映えすることも人気を支えている。そのインスタを見て来店する人もいれば、これまで寿司を食べられなかったベジタリアンやヴィーガンたち、魚の寿司とは別物としてこれを楽しむ人たちなども利用している。オーナー・シェフがイスラエル人ということもあり、ユダヤ教徒でも安心して食せるコーシャー(Kosher)の国際承認も得ているため、「使われている食材が、どこから来たものか」が明確にわかっている安心さもあるという。

 「魚を出さない寿司屋」を、もはや「寿司屋」と呼べるのかという議論は別として、「進化し続けるニューヨークらしい進化した料理」であることは間違いなさそうだ。

アメリカの「食」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング