危険から自分の身を守るスマート・ジュエリー

危険から自分の身を守るスマート・ジュエリー

犯罪が多いアメリカで、最近人気が出てきたジュエリーがある。何か事件や事故に巻き込まれそうになった時に、すぐさま警察へコンタクトできる内部構造を持つジュエリーだ。


シンプルで美しく、普段使いができるアクセサリー

 米マサチューセッツ州に拠点を置く、invisaWear Technologies LLC社が開発したジュエリーが、女性たちの間で注目を集めている。同社のジュエリーには複数のラインがあり、ネックレス、ブレスレット、チョーカー、キーホルダーと、どれもシンプルで美しく、普段使いができるシンプルなデザインのものばかりだ。

 このアクセサリーの内部は特殊な構造で、ダブルクリックすると、あらかじめ登録された5つまでの緊急連絡先に救援メッセージが届くことになっている。 オプションで警察への連絡機能もあり、この機能を有効にすると、所持者がヘルプを要求しているという通知に加え、所持者の居場所を特定できるという仕組みだ。

 NBCニュースの調べによると、何かの事件に巻き込まれて、警察に電話で連絡をする人の約60%が、場所の特定ができない電話を使用しているそうだ。そのため、「居場所の特定」は非常に重要で、それが出来るこうしたアクセサリーは身の安全を守る面でとても便利なのだ。そのジュエリーを紹介した映像はこちら。

緊急時には携帯を取り出して話す時間はない

 「わざわざアクセサリーをつける必要など、ないのでは?」という人もいるかもしれない。今の時代、ほとんどの人が携帯電話を持っているので、何かあれば携帯から電話をすれば済むと言えばそれまでだ。

 しかし、緊急時には電話を取り出せないことも想定できる。電話を手に取ることができても、必要な連絡先をクリックして電話をかけて話すという一連の行為が、通常通りには行きにくい。事実、警察を呼んだ経験のある人のほとんどが、連絡時にはパニック状態を自覚しているそうだ。

 こうしたジュエリーがアメリカで注目されるようになった背景には、今年に入ってから多発している学校での銃乱射事件も影響している。「自分の子供が何らかの事件に巻き込まれた際に、すぐさま警察とコンタクトが取れるように」と、子供の身を案じる親たちが、子供にアクセサリーを買い与えるケースも増えているそうだ。また、アメリカでは女性の5人に1人が、何らかの身の危険を感じる経験をしていると言われる。自分の身を守るアクセサリーが支持されるのは、アメリカのこうした背景もあるからだろう。

HP:https://www.invisawear.com/

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

https://bizseeds.net/articles/697

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている

「マサチューセッツ州」に関する他の記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


「ダサさ」を払拭! クールな盗難防止機能つきリュック

「ダサさ」を払拭! クールな盗難防止機能つきリュック

アメリカは日本に比べて、はるかに治安の悪い場所が多い。スリや置き引き以外にも、刃物でバッグを切り裂かれて財布を盗まれるようなことも場所によっては起こりうる。そんな中、あらゆる盗難防止機能がついたリュックが話題になっている。デザインもシンプルでクールだと評判のこのバッグ、どんな機能がついているのだろう?






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング