危険から自分の身を守るスマート・ジュエリー

危険から自分の身を守るスマート・ジュエリー

犯罪が多いアメリカで、最近人気が出てきたジュエリーがある。何か事件や事故に巻き込まれそうになった時に、すぐさま警察へコンタクトできる内部構造を持つジュエリーだ。


シンプルで美しく、普段使いができるアクセサリー

 米マサチューセッツ州に拠点を置く、invisaWear Technologies LLC社が開発したジュエリーが、女性たちの間で注目を集めている。同社のジュエリーには複数のラインがあり、ネックレス、ブレスレット、チョーカー、キーホルダーと、どれもシンプルで美しく、普段使いができるシンプルなデザインのものばかりだ。

 このアクセサリーの内部は特殊な構造で、ダブルクリックすると、あらかじめ登録された5つまでの緊急連絡先に救援メッセージが届くことになっている。 オプションで警察への連絡機能もあり、この機能を有効にすると、所持者がヘルプを要求しているという通知に加え、所持者の居場所を特定できるという仕組みだ。

 NBCニュースの調べによると、何かの事件に巻き込まれて、警察に電話で連絡をする人の約60%が、場所の特定ができない電話を使用しているそうだ。そのため、「居場所の特定」は非常に重要で、それが出来るこうしたアクセサリーは身の安全を守る面でとても便利なのだ。そのジュエリーを紹介した映像はこちら。

緊急時には携帯を取り出して話す時間はない

 「わざわざアクセサリーをつける必要など、ないのでは?」という人もいるかもしれない。今の時代、ほとんどの人が携帯電話を持っているので、何かあれば携帯から電話をすれば済むと言えばそれまでだ。

 しかし、緊急時には電話を取り出せないことも想定できる。電話を手に取ることができても、必要な連絡先をクリックして電話をかけて話すという一連の行為が、通常通りには行きにくい。事実、警察を呼んだ経験のある人のほとんどが、連絡時にはパニック状態を自覚しているそうだ。

 こうしたジュエリーがアメリカで注目されるようになった背景には、今年に入ってから多発している学校での銃乱射事件も影響している。「自分の子供が何らかの事件に巻き込まれた際に、すぐさま警察とコンタクトが取れるように」と、子供の身を案じる親たちが、子供にアクセサリーを買い与えるケースも増えているそうだ。また、アメリカでは女性の5人に1人が、何らかの身の危険を感じる経験をしていると言われる。自分の身を守るアクセサリーが支持されるのは、アメリカのこうした背景もあるからだろう。

HP:https://www.invisawear.com/

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

https://bizseeds.net/articles/697

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている

「マサチューセッツ州」に関する他の記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


地球に優しいニュー・トレンド、窓辺の電力発電

地球に優しいニュー・トレンド、窓辺の電力発電

環境に優しいと言われる太陽光発電は、屋根の上にパネルを設置するのが一般的。光熱費削減というメリットがあるが、大掛かりな工事と高額な費用が必要なため、二の足を踏む人も多い。そんな人に朗報。もっと手軽に自宅で太陽光発電ができそうだ。




彼氏に携帯で自殺を勧めた少女に有罪判決

彼氏に携帯で自殺を勧めた少女に有罪判決

引用元『Guilty verdict in U.S. trial tying suicide to teen texting』:http://www.reuters.com/article/us-massachusetts-crime-suicide-idUSKBN19714W






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング