エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

電子レンジで料理を温めるときや、食材を保存するときなどに使うプラスチック製ラップは、キッチンになくてはならない常備品。欧米でプラスチック製品に使用されている一部の材料の人体への影響を問題視する人たちが増える中、北米では環境を気遣うエコ・コンシャスたちの間で、自然素材から作られた再利用できるラップが人気を集めている。


ビーワックスや樹脂から作った無農薬でサステイナブルなラップとは?

 欧米では毎日のように環境と身体に優しい新商品が登場し、無農薬の食材をはじめ、無農薬な衣料素材、洗剤、シャンプーなど、日常品の多くが次々とエコ・コンシャスな商品へと変化している。

 そんな中、増え続けるゴミの山を見て、「使ったら捨てるプラスチック・ラップで、ゴミがさらに増えることが耐えられない」という想いを抱いたひとりの男性が、日夜、自宅の地下室で試行錯誤を繰り返して、生物分解性のある自然素材だけで作り上げた再生可能なラップを作り出した。それを商品化したのが「Etee」だ。 自然素材で作られているが、陶器のボウルにかぶせて逆さにしても、液体も中身もこぼれない優れものだという。そのラップを紹介した映像はこちら。

気に入らないなら全額払い戻しを保証する自信作

 ビーワックス(みつろう)や針葉樹の樹脂、エッセンシャル・オイルなどをオーガニック・コットンに染み込ませた薄い板のようなラップは、大中小の3サイズからなるスターター・セットで$18。使用後に洗えば、1枚で120〜150回は再利用でき、毎日使用しても約半年使えるということなので、お値打ち価格だろう。

 面白いのは、その使い方。初回だけは、薄い板状のラップを両手で揉みほぐし、団子でも作る要領で丸めて柔らかくしてから、それを手の平の温かさを利用しつつ、ボウルや皿の縁に沿って撫でながらくっつける。そのコツさえ得れば、あとは使うたびに洗えば再利用できる。サンドイッチやスナック菓子を入れるビニール製キッチンバッグの代わりに、このラップでスナック菓子などを包んで持ち歩くこともできるという。

 グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダード認証なども得ている商品で安全が保証されているが、使ってみたが気に入らないという場合は、90日以内であれば全額返金してもらえる。現在は北米(アメリカ、カナダ)のみの展開だが、発案者の熱意と意気込みが感じられる商品としても、人々の注目を集めているようだ。

アメリカの「環境問題」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

底冷えする寒い季節には、部屋の暖房をつけ続けたり、ときには室内でも服を着こまざるを得ない日も多いはず。そんな冬にぜひ手にしたい携帯型の新ガジェットがアメリカで発売された。


少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。


折り畳み式カヤックで暑い夏を乗り切ろう!

折り畳み式カヤックで暑い夏を乗り切ろう!

今夏の日本は猛暑だが、今年は世界各地で記録的な気温の上昇がみられ、アメリカでも死者が出ているほど暑い日が続いている。そんな猛暑を乗り切るための様々なアイテムが販売されている中、アメリカで売れ行きがよい商品のひとつが「折り畳み式カヤック」だ。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング