「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


顧客が棚から取った商品vs.買い物かごに入れた商品

 米ワシントン州に本社を構えるマイクロフトが、無人精算システムを開発中で、すでに各国の小売業者にテスト版を紹介しただけでなく、全米展開する大手小売業ウォールマートと協議を進めていることを14日、ロイター通信がスクープした。

 無人精算システムと言えば、マイクロソフトと同じ州に本社を構えるアマゾンドットコム社が、世界に先駆けて同システムを完備した「Amazon Go」を今年シアトルにオープンしたばかり。「Amazon Go」には、レジがない。顧客はスマートフォンのアプリをかざして入店し、好きな商品を持参の袋に入れ、そのまま店を出れば、請求がアプリに届くという無人精算システムで、店内に備え付けたカメラが陳列棚から顧客が取った商品を識別するシステムだ。その「Amazon Go」の紹介ビデオはこちら。

マイクロソフトの狙いはアマゾンの一人勝ちを阻止すること

 一方、マイクロソフトが開発中のシステムは、店内の買い物かごに入れた商品を識別するものだという。この新技術が成功すれば、アマゾンとの対抗を余儀なくされている多くの小売業者が導入することが見込めるため、大市場となるだろう。同社が新技術を市場に投入する時期はまだ不明だが、ミネアポリスにあるループ・ベンチャーズ社によると、米国内だけでも無人精算システムは約500億ドルの市場があると見ている。

 アマゾンは、「Amazon Go」を近々シカゴとサンフランシスコにオープンさせる準備を進めている。しかし、クラウド市場ではアマゾンに続いて業界2位のマイクロソフトの開発スピードが気にならないはずはない。各社が今後どれほどの速さで開発を推進しようが、世界中の小売業界に大きな新風が吹き込むことは間違いなさそうだ。

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

https://bizseeds.net/articles/665

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?

この記事の寄稿者

関連する投稿


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

北米を制する小売業界の王者、ウォルマートが、元グーグル開発チームによる自動運転車、Waymoと提携し、顧客が購入した商品を自動運転車で受け取りに行けるシステム開発に取り組むことを発表した。オンラインの帝王、アマゾンドットコム社に対抗するための措置とみられている。


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング