「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


顧客が棚から取った商品vs.買い物かごに入れた商品

 米ワシントン州に本社を構えるマイクロフトが、無人精算システムを開発中で、すでに各国の小売業者にテスト版を紹介しただけでなく、全米展開する大手小売業ウォールマートと協議を進めていることを14日、ロイター通信がスクープした。

 無人精算システムと言えば、マイクロソフトと同じ州に本社を構えるアマゾンドットコム社が、世界に先駆けて同システムを完備した「Amazon Go」を今年シアトルにオープンしたばかり。「Amazon Go」には、レジがない。顧客はスマートフォンのアプリをかざして入店し、好きな商品を持参の袋に入れ、そのまま店を出れば、請求がアプリに届くという無人精算システムで、店内に備え付けたカメラが陳列棚から顧客が取った商品を識別するシステムだ。その「Amazon Go」の紹介ビデオはこちら。

マイクロソフトの狙いはアマゾンの一人勝ちを阻止すること

 一方、マイクロソフトが開発中のシステムは、店内の買い物かごに入れた商品を識別するものだという。この新技術が成功すれば、アマゾンとの対抗を余儀なくされている多くの小売業者が導入することが見込めるため、大市場となるだろう。同社が新技術を市場に投入する時期はまだ不明だが、ミネアポリスにあるループ・ベンチャーズ社によると、米国内だけでも無人精算システムは約500億ドルの市場があると見ている。

 アマゾンは、「Amazon Go」を近々シカゴとサンフランシスコにオープンさせる準備を進めている。しかし、クラウド市場ではアマゾンに続いて業界2位のマイクロソフトの開発スピードが気にならないはずはない。各社が今後どれほどの速さで開発を推進しようが、世界中の小売業界に大きな新風が吹き込むことは間違いなさそうだ。

アマゾンに勝負!  生き残りをかける小売食品業界を救う新事業

https://bizseeds.net/articles/665

アマゾン社をはじめ、多くの企業がオンデマンド食料品配達を急ピッチで進める中、小規模な食料品小売業はどうすれば生き残れるのか? ロボットが増えたら人間の仕事がなくなるかも知れないと心配する人々とは裏腹に、「優秀なロボットが増えれば人間も小売業も生き残れる」と謳うベンチャー企業が提案する解決策とは?

この記事の寄稿者

関連する投稿


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

無人「買い物デリバリー車」が街をゆく?

 一部の都心を除いては、車なしに生活することは不可能なアメリカ。ミルクひとつ買いに行くだけでも、車を走らせねばならない。そんな生活を一変させるかもしれない、夢のような一般家庭用向けの車の開発が進んでいる。その実態とは?


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

高齢者用だった電動自転車、若いIT系プロフェッショナルに人気沸騰

交通法規の違いから、日本ではまだ流通がないアメリカ製のe-bike(イーバイク、電動自転車)。当初は高齢者のサイクリストを狙って作られたe-bikeだが、ここ数年、機能やデザインの改良が飛躍的に進み、ファッショナブルで便利な移動手段として、特にIT企業が多い西海岸で人気が沸騰。若い層の売り上げがうなぎ上りだ。


ウォルマート、全米5,000店のレジ列棚から『コスモポリタン』誌を撤去

ウォルマート、全米5,000店のレジ列棚から『コスモポリタン』誌を撤去

全米に5,000店舗以上を展開する小売の巨大企業のウォルマートが、雑誌が最も売れるレジ列の棚から、女性ファッション誌『コスモポリタン』を撤去すると発表。同誌が女性の「性」を強調しているのが理由だというが……






最新の投稿


俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング