女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


シナモンとハチミツだけで撃退

 セルライトとは、 皮下脂肪内の脂肪細胞に老廃物が絡まって、主に女性の太ももや腹部などの肌に表面化したもの。脂肪よりもセルライトの方が燃焼しにくいため、セルライトを消すことはなかなか難しい。成人女性の9割に影響を及ぼしていると言われるが、最近ではメタボな男性も他人ごとではないようだ。 

 エステやマッサージ、手術などセルライトの除去法はいろいろあるが、なにより格安で、たいていの家のキッチンにも常備されているスパイスの「シナモン」が、セルライトに効くという話題がアメリカで再燃している。古代から様々な効用があると知られているシナモンは、美容業界でも以前から注目されており、シナモン・オイルを使用したセルライト用マッサージや、シナモン・ティーの飲用を推進していたが、最近はホーム・レメディー的に自宅で簡単にできる方法がネットでいろいろ紹介されている。

 シナモンの効用は様々なメディアで紹介されていたものの、Health Advice 365やStep to Healthが、セルライトを撃退する自然療法の中でシナモン、ハチミツ、コーヒーが効果的でそのコンビネーションを使ったレメディーが効くという記事を出し、それを実行して効果があった人たちがブログなどでビフォー&アフターの写真を載せて自慢するのを見て、それを真似する人が増えた結果のようだ。

 用意するのは、シナモンパウダーとハチミツだけ。加熱処理されていない純粋ハチミツか有機ハチミツを選ぶ方が良く、ハチミツ約28gに約2gのシナモンパウダーを加えて、ゆっくり温めながらペースト状になるまで混ぜ、気になるセルライトに塗る。毎日続けると約2週間で効果が見られるとのことだ。

 しかし、シナモンは長期間にわたって過剰摂取すると、クマリンという成分により肝障害が出る恐れがあることと、子宮に刺激を与えるため、妊婦が摂取する場合には注意が必要。1日の適量は1~3gで十分効果がでるという。

即効性を求める人への究極の解決法

 「どうしても今すぐセルライトを消したい!」という人には、アメリカらしい斬新な解決法もある。セルライト対策用のタトゥー(Tatoo)だ。「ナノ・カモフラージュ・トリートメント」と呼ばれるもので、肌と同じ色に調合されたインクをセルライトの線に重ねていくが、施術後の肌は、セルライトがかなりきれいに消えて見える。

 タトゥーにこのような使用法があることに驚かされるが、この施術はセルライトを隠すためだけに用いられるのではなく、外科手術の縫合跡や出産時の帝王切開跡など、それらの傷や跡が、自らのコンプレックスになっている人々からの依頼で施術をすることもあるという。

 「ナノ・カモフラージュ・トリートメント」は施術する箇所の大きさにより異なるが、費用は$3,500〜とかなり高額だ。即効性が高く、 施術後の持続性も考慮すると高額でも納得すべきなのかもしれない。

アメリカの「ダイエット」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。






最新の投稿


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング