女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


シナモンとハチミツだけで撃退

 セルライトとは、 皮下脂肪内の脂肪細胞に老廃物が絡まって、主に女性の太ももや腹部などの肌に表面化したもの。脂肪よりもセルライトの方が燃焼しにくいため、セルライトを消すことはなかなか難しい。成人女性の9割に影響を及ぼしていると言われるが、最近ではメタボな男性も他人ごとではないようだ。 

 エステやマッサージ、手術などセルライトの除去法はいろいろあるが、なにより格安で、たいていの家のキッチンにも常備されているスパイスの「シナモン」が、セルライトに効くという話題がアメリカで再燃している。古代から様々な効用があると知られているシナモンは、美容業界でも以前から注目されており、シナモン・オイルを使用したセルライト用マッサージや、シナモン・ティーの飲用を推進していたが、最近はホーム・レメディー的に自宅で簡単にできる方法がネットでいろいろ紹介されている。

 シナモンの効用は様々なメディアで紹介されていたものの、Health Advice 365やStep to Healthが、セルライトを撃退する自然療法の中でシナモン、ハチミツ、コーヒーが効果的でそのコンビネーションを使ったレメディーが効くという記事を出し、それを実行して効果があった人たちがブログなどでビフォー&アフターの写真を載せて自慢するのを見て、それを真似する人が増えた結果のようだ。

 用意するのは、シナモンパウダーとハチミツだけ。加熱処理されていない純粋ハチミツか有機ハチミツを選ぶ方が良く、ハチミツ約28gに約2gのシナモンパウダーを加えて、ゆっくり温めながらペースト状になるまで混ぜ、気になるセルライトに塗る。毎日続けると約2週間で効果が見られるとのことだ。

 しかし、シナモンは長期間にわたって過剰摂取すると、クマリンという成分により肝障害が出る恐れがあることと、子宮に刺激を与えるため、妊婦が摂取する場合には注意が必要。1日の適量は1~3gで十分効果がでるという。

即効性を求める人への究極の解決法

 「どうしても今すぐセルライトを消したい!」という人には、アメリカらしい斬新な解決法もある。セルライト対策用のタトゥー(Tatoo)だ。「ナノ・カモフラージュ・トリートメント」と呼ばれるもので、肌と同じ色に調合されたインクをセルライトの線に重ねていくが、施術後の肌は、セルライトがかなりきれいに消えて見える。

 タトゥーにこのような使用法があることに驚かされるが、この施術はセルライトを隠すためだけに用いられるのではなく、外科手術の縫合跡や出産時の帝王切開跡など、それらの傷や跡が、自らのコンプレックスになっている人々からの依頼で施術をすることもあるという。

 「ナノ・カモフラージュ・トリートメント」は施術する箇所の大きさにより異なるが、費用は$3,500〜とかなり高額だ。即効性が高く、 施術後の持続性も考慮すると高額でも納得すべきなのかもしれない。

アメリカの「ダイエット」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?


ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

ハリウッドを虜にした“ドッキリする呼び名”の美容術とは?

美に対するセレブリティたちの執着は、時に常軌を逸することがある。鳥の糞やプラセンタを使ったフェイシャル、蛇の毒を使ったアイクリーム、蜂に刺されるトリートメントなど、奇妙な美容術は山ほどあるが、今回は「まさか、それを使って?!」と驚愕するような「あるモノ」を使用した話題のフェイシャル・トリートメントを紹介しよう。






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング