これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?


アメリカ版「トクホ」の実態とは

 「食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」と定義づけされている特定保健用食品、通称「トクホ」。日本の消費者庁が認可する「トクホ」マークがついたトクホ食品は、少々値が張っても、つい手がでてしまう人が多いだろう。なかでも血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたり、はたまた脂肪の吸収を抑えるなどの効能があるといわれる「トクホ飲料」は、手軽という意味でも人気が高い。

 なかでも人気なのはダイエット商材だ。「脂肪の吸収を抑える」という日本のトクホ飲料の多くには、難消化デキストリンという成分が含まれている。難消化デキストリンは簡単にいえば水溶性の食物繊維だが、アメリカでもこの成分が入った商品数は多く、全米展開するドラッグストアーやウォールマートなどの大手スーパーマーケットの商品棚には、同成分入りの商品がたくさん並んでいる。

どんな飲み物も「トクホ飲料」に早変わり

 難消化デキストリンを含む商品のなかでも、小売店はもとより倉庫型量販店Costco(コストコ)でも取扱いを開始した大人気商品が、難消化デキストリンをパウダーにした「Benefiber」だ。 小売店によって多少値段は異なるが、パウダータイプ(約500グラム)は20ドル前後(2,000円前後)で、500グラム入りだと、なんと約125回分(125杯)。パウダーには味がないため、どんな飲み物に入れても味が変わらない。

 持ち運び用のスティック・タイプや、水で割りやすいフレーバー付きタイプ、体重のコントロール用のシリーズなど、バリエーションも豊か。100%ナチュラルであることが売りで、食物繊維でも腹痛が起こることが少なく自然に作用するというのも人気の理由だという。

 前述の通り、アメリカには「トクホ」はない。しかし消費者庁のような役目をする機関は各州にあり、国規模で食品・薬品などの安全性や内容を認証は、アメリカ食品医薬品局(FDA / Food and Drug Administration)という機関が行っている。サプリメントやダイエット食品、健康食品等のパッケージにこのFDAの承認マークがついていると「FDAで検査されたものだから安全」と判断され、なかには「FDA承認だから絶対に効くはず」だと認識する消費者も多い。先の「Benefiber」も、グルテン含有量などについてFDA規定が商品づくりに採用されている。

 アメリカでもダイエット食品は値段が高めなため、同商品の手頃な価格と、好きな飲み物に加えるだけで効用を得られるという手軽さの両方が、人気に拍車をかけているようだ。

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

https://bizseeds.net/articles/610

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?

アメリカの「健康」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


ダイエットもブレインテックの時代へ!

ダイエットもブレインテックの時代へ!

健康産業の現場で、着々とその存在感を示しつつあるブレインテック。そのテクノロジーを用いてダイエットを成功させるヘッドフォンが誕生し、話題になっている。アイルランドの企業とカリフォルニア大学サンディエゴ校が合同開発した商品とは?


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている






最新の投稿


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

成功への選択「サイドディッシュの注文」2018年9月21日~9月27日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ZOZOTOWNの前澤社長、月旅行決定! アメリカ現地の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長が、イーロン・マスク氏が率いる宇宙ベンチャー企業「スペースX」が2023年に計画している月旅行の最初の顧客として契約した。このニュースはアメリカでも大きく取り上げられているが、米国民の反応は?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング