割り勘も立て替えもアプリ「Venmo」でらくらく!

割り勘も立て替えもアプリ「Venmo」でらくらく!

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届け。今回紹介するのは、友人たちとの食事で割り勘にするときや、誰かの分を立て替えてあげるときに助かるアプリ、「Venmo 」。


このアプリがあれば、少額の貸し借りもうやむやにならない?

  友人や同僚たちと食事をするときに、さっと店を出たいのに、お釣りの計算などに手間取って時間がかかってしまう割り勘や立て替え。もっとスマートに、できるだけ素早く終わらせたいと思ったことがある人は多いだろう。

そんな悩みを解決したのが、オンラインで簡単に個人間での送金ができるモバイル・アプリの「Venmo (ベンモ)」だ。このアプリは、日本でもお馴染みの国際的な決済サービスPayPal (ペイパル)が作ったアプリ。お金のやり取りのデジタル化を実現したペイパルは、Venmoのような「個人間送金」なども含め、さまざまな業界において欠かせない存在に成長している。

 Venmoの使い方は簡単。登録にはユーザーネーム、電話番号、クレジットカード情報を入れるだけで、登録すればユーザーはアプリを通してお金の支払いリクエストや、受け取りリクエストができる。アプリを開いて、送金またはリクエストをしたいユーザーを選び、金額と支払い内容を入力するだけだ。例えば、「@Maria・リクエスト$5・タクシー代」といった風に、この3つを入力するだけで送金が完了する。

キャッシュレスが進むアメリカで、便利なアプリ

 実際にアメリカの大学における学生生活の中でも、食事の会計時だけでなく、イベントのチケットやグッズの購入などの時に、現金でもクレジットカードでもなく、Venmoを使うことが多々ある。例えば、何かのイベントなどの資金集めの時に「@〇〇まで$〇〇、送ってください!」という広告もよく見かける。だからこそ、スマホひとつで送金可能のVenmoは、効率性を重視する若者たちに人気なのかもしれない。

 現在はアメリカ国内だけしか使用できないが、これから国際的なビジネスに発展する可能性はとても高く、またVenmoに似たようなアプリが活用される日も遠くはないだろう。アメリカでは、現金や小切手の利用が減少し、クレジットカードの種類と幅がどんどん増加している上、これほど簡単にオンライン送金ができるようになった。これは、近い将来に始まるキャッシュレス世界、仮想通貨の時代の序章ということなのかもしれない。

アメリカの「学生」の記事

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

クレジットカード社会のアメリカでは、オンラインやモバイル・バンキングが早くから普及したため、銀行の窓口に行く機会は日本に比べて少ない。ところが、デジタルでなんでも出来る時代の裏返しか、「人と人のインターアクション」を全面に打ち出したサービスを提供する銀行がこのところ増えている。その一部を紹介しよう。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

毎日1秒を記録することで生まれるポジティブネス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは多くの学生たちが使っているアプリ「1 Second Everyday」だ。


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


【Red vs. Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs. Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング