構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


本格的なグルメ・ハンバーガーが6ドル! 米大都市では破格値

 先月27日、サンフランシスコにオープンしたばかりの「Creator」は、ロボットが作るグルメ・ハンバーガーが味わえる画期的なレストランだ。この「Creator」は、「グルメ・ハンバーガー製造マシーン」を白紙から開発、販売を展開するベンチャー企業で、ロボット開発には構想から約8年の歳月を費やしたという。

 これまでのハンバーガー・ロボットのように、鉄板の上の肉を引っ繰り返す人の腕を模した機械とは異なり、同社のロボットは肉を焼くだけではく、野菜などの材料を切り、バンズをトーストすることもできる。注文からたった5分で本格的なハンバーガーが出来上がるというスピーディーさも魅力だ。その全工程をあえて客に見えるようにシースルーにしたスタイリッシュな店内デザインには、BMWのリード・デザイナーのセルヴォーグ(Per Selvaag)氏も参画している。

Aubrie Pick

 同社経営者のアレックス・ヴァーダオスタス氏は、自身の家族が経営するレストランで長年ハンバーガーに挟む肉を引っ繰り返していたため、大学で物理やエンジニアリングを勉強していたときに、 「こういう機械を作れば、レストランは必ず効率化する」ことを思いついたという。それから8年に渡り、ロボティックスの専門家や有名シェフらと共に試行錯誤を繰り返し、このロボットを作りあげたそうだ。

優れたロボットの導入でレストラン業界が変わる

 ミニマリストが好みそうなお洒落な店内のインテリアの一部にもなっている同ロボットには、350のセンサーと20のコンピューターがついている。客がAppleのiPhone で好みのバーガーを注文すると、それを受けてロボットが注文の品を作り始める。店内にはロボット・スタッフがおり、注文した品を運んでくれるという。

Ryan Darcy

 ハンバーガーやサイドディッシュの味を監修するシェフたちも、元Chez Panisseのシェフや、ナパ・バレーの有名レストラン「French Laundry」などを手がけた凄腕揃いだ。ハンバーガーの肉質や配合を選び抜いただけでなく、食材はすべてオーガニック。シーズニングにもこだわり、ソースには日本の塩麹が使われている。通常、レストランでは材料費は料金の3割までが基本だが、このロボットがハンバーガーを作ることにより、材料費を40〜50%まで掛けられるため、「ロボットが作る6ドルのハンバーガー」と侮れないほど、味は本格的らしい。

 ロボットの登場によって人間の職が奪われるという声も聞こえるが、同社は「 良い食材を安価で提供できるだけでなく、油煙を吸いながら肉を焼くことなど、人間に有害な仕事をロボットが代わりに行ってくれるメリットも大きい」と話している。

公式サイト http://www.creator.rest/

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

https://bizseeds.net/articles/736

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 

アメリカの「飲食業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

フォードが宅配ロボット動画を公開 ロボット配達人の動きに注目!

米自動車大手フォードは、自社の自動運転車に搭載した二足歩行の宅配ロボットがドアの前まで荷物を運ぶ実験の開始を発表。そのロボットの動き方を撮った動画が公開され、大きな話題を呼んでいる。


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング