構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


本格的なグルメ・ハンバーガーが6ドル! 米大都市では破格値

 先月27日、サンフランシスコにオープンしたばかりの「Creator」は、ロボットが作るグルメ・ハンバーガーが味わえる画期的なレストランだ。この「Creator」は、「グルメ・ハンバーガー製造マシーン」を白紙から開発、販売を展開するベンチャー企業で、ロボット開発には構想から約8年の歳月を費やしたという。

 これまでのハンバーガー・ロボットのように、鉄板の上の肉を引っ繰り返す人の腕を模した機械とは異なり、同社のロボットは肉を焼くだけではく、野菜などの材料を切り、バンズをトーストすることもできる。注文からたった5分で本格的なハンバーガーが出来上がるというスピーディーさも魅力だ。その全工程をあえて客に見えるようにシースルーにしたスタイリッシュな店内デザインには、BMWのリード・デザイナーのセルヴォーグ(Per Selvaag)氏も参画している。

Aubrie Pick

 同社経営者のアレックス・ヴァーダオスタス氏は、自身の家族が経営するレストランで長年ハンバーガーに挟む肉を引っ繰り返していたため、大学で物理やエンジニアリングを勉強していたときに、 「こういう機械を作れば、レストランは必ず効率化する」ことを思いついたという。それから8年に渡り、ロボティックスの専門家や有名シェフらと共に試行錯誤を繰り返し、このロボットを作りあげたそうだ。

優れたロボットの導入でレストラン業界が変わる

 ミニマリストが好みそうなお洒落な店内のインテリアの一部にもなっている同ロボットには、350のセンサーと20のコンピューターがついている。客がAppleのiPhone で好みのバーガーを注文すると、それを受けてロボットが注文の品を作り始める。店内にはロボット・スタッフがおり、注文した品を運んでくれるという。

Ryan Darcy

 ハンバーガーやサイドディッシュの味を監修するシェフたちも、元Chez Panisseのシェフや、ナパ・バレーの有名レストラン「French Laundry」などを手がけた凄腕揃いだ。ハンバーガーの肉質や配合を選び抜いただけでなく、食材はすべてオーガニック。シーズニングにもこだわり、ソースには日本の塩麹が使われている。通常、レストランでは材料費は料金の3割までが基本だが、このロボットがハンバーガーを作ることにより、材料費を40〜50%まで掛けられるため、「ロボットが作る6ドルのハンバーガー」と侮れないほど、味は本格的らしい。

 ロボットの登場によって人間の職が奪われるという声も聞こえるが、同社は「 良い食材を安価で提供できるだけでなく、油煙を吸いながら肉を焼くことなど、人間に有害な仕事をロボットが代わりに行ってくれるメリットも大きい」と話している。

公式サイト http://www.creator.rest/

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

https://bizseeds.net/articles/736

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 

アメリカの「飲食業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

「投票せよ!」米中間選挙前に沈黙を破ったオバマ前大統領

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は政権交代後、公式発言を控えてきたオバマ前大統領が久々に披露した演説について。前大統領の演説から今のアメリカに必要なことや、再生に向けて著者が感じたこととは……。


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

アプリ操作で簡単! ロボット・バーテンダーで本格的なカクテルを

掃除ロボットやハンバーガーを作るロボットなど、次々と新しいマシーンが登場する中、カクテルを作ってくれるロボットが登場した。モバイル・アプリと連動して動くロボット・バーテンダーのキャッチコピーは、「あなたのパーソナル・バーテンダー」だ。自宅にロボットがいたら、飲み過ぎてしまいそう?!






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング