構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


本格的なグルメ・ハンバーガーが6ドル! 米大都市では破格値

 先月27日、サンフランシスコにオープンしたばかりの「Creator」は、ロボットが作るグルメ・ハンバーガーが味わえる画期的なレストランだ。この「Creator」は、「グルメ・ハンバーガー製造マシーン」を白紙から開発、販売を展開するベンチャー企業で、ロボット開発には構想から約8年の歳月を費やしたという。

 これまでのハンバーガー・ロボットのように、鉄板の上の肉を引っ繰り返す人の腕を模した機械とは異なり、同社のロボットは肉を焼くだけではく、野菜などの材料を切り、バンズをトーストすることもできる。注文からたった5分で本格的なハンバーガーが出来上がるというスピーディーさも魅力だ。その全工程をあえて客に見えるようにシースルーにしたスタイリッシュな店内デザインには、BMWのリード・デザイナーのセルヴォーグ(Per Selvaag)氏も参画している。

Aubrie Pick

 同社経営者のアレックス・ヴァーダオスタス氏は、自身の家族が経営するレストランで長年ハンバーガーに挟む肉を引っ繰り返していたため、大学で物理やエンジニアリングを勉強していたときに、 「こういう機械を作れば、レストランは必ず効率化する」ことを思いついたという。それから8年に渡り、ロボティックスの専門家や有名シェフらと共に試行錯誤を繰り返し、このロボットを作りあげたそうだ。

優れたロボットの導入でレストラン業界が変わる

 ミニマリストが好みそうなお洒落な店内のインテリアの一部にもなっている同ロボットには、350のセンサーと20のコンピューターがついている。客がAppleのiPhone で好みのバーガーを注文すると、それを受けてロボットが注文の品を作り始める。店内にはロボット・スタッフがおり、注文した品を運んでくれるという。

Ryan Darcy

 ハンバーガーやサイドディッシュの味を監修するシェフたちも、元Chez Panisseのシェフや、ナパ・バレーの有名レストラン「French Laundry」などを手がけた凄腕揃いだ。ハンバーガーの肉質や配合を選び抜いただけでなく、食材はすべてオーガニック。シーズニングにもこだわり、ソースには日本の塩麹が使われている。通常、レストランでは材料費は料金の3割までが基本だが、このロボットがハンバーガーを作ることにより、材料費を40〜50%まで掛けられるため、「ロボットが作る6ドルのハンバーガー」と侮れないほど、味は本格的らしい。

 ロボットの登場によって人間の職が奪われるという声も聞こえるが、同社は「 良い食材を安価で提供できるだけでなく、油煙を吸いながら肉を焼くことなど、人間に有害な仕事をロボットが代わりに行ってくれるメリットも大きい」と話している。

公式サイト http://www.creator.rest/

MITの頭脳を結集した「世界一テック」なレストラン

https://bizseeds.net/articles/736

5月3日、ボストンにオープンしたレストラン「SPYCE」。世界一テックなレストランという呼び声も高く、早くも全米で注目の的となっている。何が世界一「テック」だと言われる理由なのだろうか? 

アメリカの「飲食業界」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

このところ、アメリカのトレンド・フォーカスは、ピクルスらしい。そう、ハンバーガーやサンドイッチの添え物である、きゅうりの酢漬けのことだ。ニューヨークにあるピクルス専門レストランでは、意外なメニューにファンが急増しているという。


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング