軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識

軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識


 アメリカは言わずと知れた軍事大国である。政府機関はもちろんのこと、民間にも軍事関連企業が多く、その規模は他国の追随を許さないほどだ。そんなアメリカ合衆国の軍事国防を統括するのが国防総省、通称「ペンタゴン」と呼ばれる組織である。この連載ではペンタゴン式のメンタル・トレーニングを主に紹介していく予定だが、第一回目はペンタゴンという組織について少し紹介したい。

 ペンタゴンは首都ワシントンD.C.から至近のバージニア州アーリントン市に本部を置き、軍の管理を含む国防全体に関わるミッションのすべてを管理する組織だ。ペンタゴンの名の由来は、本部の建物の形がペンタゴン、つまり五角形を模っているため。この名称は本部ビルだけを指すと思っている人が多いようだが、実際には五角形の本部に象徴される政府軍事関連機関・国防総省の「総称」である。国防総省は英語で「Department of Defense」なので、この頭文字を取って「DoD(ディー・オー・ディー)」と呼ぶことも多い。

 ペンタゴンは、とにかく想像を絶するほどの大きな組織だ。誤解している方が多いようだが、アメリカにおける国防(軍)のトップは、国防長官ではなく、合衆国の大統領である。大統領の直下に国防長官室があり、その下にさらに細分化された内局が存在する。傘下の軍を入れれば関連組織は世界中に点在し、従事する人間の数はなんとアメリカの人口の1%にあたる320万人を超える。ペンタゴンは現状、世界で最も巨大な組織なのである。

 また、それだけ巨大な組織には、ビジネスチャンスを求めて群がる企業が多いことも想像に容易だろう。ロッキードマーティン社やボーイング社といった、武器や戦闘機を製造する類の直接的な軍事関連企業ならずとも、ペンタゴンを取引先にしたい一般企業は山ほど存在する。そのため一般企業でも、軍事関係出身者を積極的に雇い入れる企業も少なくない。例えば誰でも知っているような世界企業を例にとるなら、マイクロソフト社はその良い例だろう。もっともマイクロソフト社の場合は、退役や除隊した軍人のためのセカンドキャリア(第二の人生支援)プログラムの一環としての積極採用である面も大きいが、「Microsoft Military Affairs」というプログラムがあるということは、恐らく日本ではほとんど知られていないのではないかと思う。

参考『Microsoft Military Affairs HP』:
https://military.microsoft.com/about/

参考『Microsoft Military Affair Youtube Channel』:
https://www.youtube.com/channel/UCyZwdMDICciUMxEezfHnkRQ

 こうしたペンタゴンにかかわる情報も交えつつ、次回からはペンタゴン式メンタル・トレーニングについて、ゆっくり語っていこうと思う。

この記事の寄稿者

現役米国国防総省キャリア、サイバーセキュリティ・スペシャリスト。University of Washington卒。米空軍在軍中に、米国軍 事大学院で修士課程修了。その直後に 国防総省国防情報システム局入局。情報部隊のエキスパートとして、国防総省でも保有率わずか1%というサイバーテロスペシャリストのライセンスを取得。現在は国防総省、軍に籍を置きつつ、民間企業「ディフェンス・ディベロップメント・コンセプト社」をベースに、米、カナダ等でセミナー、コンサルティ ングなども行っている。日本、台湾等で書籍を出版した経験も。空軍での階級は少佐。

関連するキーワード


米軍

関連する投稿


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

脳に働きかけて能力向上を図るブレインテックは、アメリカで急成長し続ける技術エリアだ。今回紹介するのは、ブレインテック・ヘッドフォン。トップ・アスリートたちがこよなく愛する商品の秘密とは?!


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング