アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


Uberが根付いたアメリカ 自転車シェアリングは普及しやすい?

  中国や欧州ほどではないものの、アメリカでもバイク・シェアリング(自転車シェアー)業界の成長が加速している。

 アメリカ東海岸の大都市ボストンやニューヨーク、シカゴや大学キャンパス内などでは以前から限定地域におけるバイク・シェアリングが展開されていたが、昨年あたりから中国のテンセントが率いる「Mobike」とライバルの「Ofo」がアメリカ市場に参戦。

 シリコンバレーに本社を構える、爽やかなライムグリーンの車体の「Lime Bike」は、華やかな投資家たちが132ミリオンドルを投資してスタートし、今は西海岸地域ではかなりの勢いを見せているが、「Motivate Co.」、「Spin」、スクーター・シェアリングの「Bird」などの進出も目覚ましい。

 そんな中、今年4月に、配車サービスの「Uber」が、サンフランシスコを本拠地とするバイク・シェアリングのスタートアップだった「Jump」(元Social Bicycles)を2億ドル(220億円強)で買収したことで、一気に業界の成長と注目度が加速。Uberのノウハウを使えば、Jumpが全米に拡大するのは簡単に予想できる。この買収で競合レースを抜きん出たと見られるJumpのプロモ映像はこちら。

ポートランド市ではNIKEがスポンサー

 市町村規模でもバイク・シェアリングは発展している。たとえば、健康維持と環境保全に敏感な人が多く住んでいると言われるオレゴン州ポートランドでは、市の交通局が地場産業である「NIKE」をタイトル・スポンサーにつけて、2016年7月から自転車シェアリング・サービスを展開。スポンサー企業の「NIKETOWN」に引っ掛けて、自転車サービス名を「BIKETOWN」と銘打っているのも分かりやすい。料金は1分$0.08(約10円)で、1ヶ月契約でも19ドル(約2,000円)と手ごろで、ダウンタウンの中に1,000台の自転車と、125箇所のステーションが用意されている。おすすめの利用法は、30分以内の片道ライド(乗り捨て)だ。

 同サービスでは、スポンサー特徴を活かして、台数限定でNIKEの「エアマックス95」や「エアサファリ」などをモチーフにした自転車もあるので、NIKEファンにはたまらないはず。また、女の子たちも楽しく乗れる可愛いデザインの自転車も用意され、観光客でも気軽にトライしたくなるような遊びココロが随所に見られる。

 ポートランド市のように、市町村などの公共団体が運営する自転車シェアリングも年々各都市に広がっているため、同業界は今後ますます混戦しそうだ。

アメリカの「若者」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


女子大生起業家による注目の化粧品、「くたばれトランプ」!

女子大生起業家による注目の化粧品、「くたばれトランプ」!

アメリカではいわゆる放送禁止用語である、Fから始まる4文字の単語。この無礼な意味を持つ単語と現職の米大統領名のコンビネーションを堂々と商品名にした「F*ck Trump」というリップグロスが売れている。トランプ政権に真っ向から挑戦を挑んだ女子大生たちによる、タイムリーな商品に全米から注目が集まるワケとは?






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング