アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


Uberが根付いたアメリカ 自転車シェアリングは普及しやすい?

  中国や欧州ほどではないものの、アメリカでもバイク・シェアリング(自転車シェアー)業界の成長が加速している。

 アメリカ東海岸の大都市ボストンやニューヨーク、シカゴや大学キャンパス内などでは以前から限定地域におけるバイク・シェアリングが展開されていたが、昨年あたりから中国のテンセントが率いる「Mobike」とライバルの「Ofo」がアメリカ市場に参戦。

 シリコンバレーに本社を構える、爽やかなライムグリーンの車体の「Lime Bike」は、華やかな投資家たちが132ミリオンドルを投資してスタートし、今は西海岸地域ではかなりの勢いを見せているが、「Motivate Co.」、「Spin」、スクーター・シェアリングの「Bird」などの進出も目覚ましい。

 そんな中、今年4月に、配車サービスの「Uber」が、サンフランシスコを本拠地とするバイク・シェアリングのスタートアップだった「Jump」(元Social Bicycles)を2億ドル(220億円強)で買収したことで、一気に業界の成長と注目度が加速。Uberのノウハウを使えば、Jumpが全米に拡大するのは簡単に予想できる。この買収で競合レースを抜きん出たと見られるJumpのプロモ映像はこちら。

ポートランド市ではNIKEがスポンサー

 市町村規模でもバイク・シェアリングは発展している。たとえば、健康維持と環境保全に敏感な人が多く住んでいると言われるオレゴン州ポートランドでは、市の交通局が地場産業である「NIKE」をタイトル・スポンサーにつけて、2016年7月から自転車シェアリング・サービスを展開。スポンサー企業の「NIKETOWN」に引っ掛けて、自転車サービス名を「BIKETOWN」と銘打っているのも分かりやすい。料金は1分$0.08(約10円)で、1ヶ月契約でも19ドル(約2,000円)と手ごろで、ダウンタウンの中に1,000台の自転車と、125箇所のステーションが用意されている。おすすめの利用法は、30分以内の片道ライド(乗り捨て)だ。

 同サービスでは、スポンサー特徴を活かして、台数限定でNIKEの「エアマックス95」や「エアサファリ」などをモチーフにした自転車もあるので、NIKEファンにはたまらないはず。また、女の子たちも楽しく乗れる可愛いデザインの自転車も用意され、観光客でも気軽にトライしたくなるような遊びココロが随所に見られる。

 ポートランド市のように、市町村などの公共団体が運営する自転車シェアリングも年々各都市に広がっているため、同業界は今後ますます混戦しそうだ。

アメリカの「若者」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は多くのスター選手を輩出している米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)が、自らの方針を変えてまで中国市場に取り入っていることについて。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。






最新の投稿


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング