シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


違反すれば罰金250ドル

 米ワシントン州シアトル市は1日、市内のすべての飲食店、約5,000軒においてプラスチック製ストローやスプーンやフォーク、カクテルに添えられるピックなどの提供を全面的に禁止する措置に踏み切った。違反すれば250ドル(約2万7000円)の罰金が飲食店に科される。

 シアトル発の飲食店といえば、真っ先に名前があがる世界規模コーヒーチェーンのスターバックス社でも、全店において植物由来で肥料にすることもできるコンポースタブル素材のストローの提供を開始した。米ハンバーガー・チェーン最大手のマクドナルドも同様の植物素材のストローに変更。また多くの飲食店では紙で作られたストローなども取り入れられ始めている。

小さなプラスチック製ストローはリサイクルに不向き

 米国内でも西海岸地域は特に環境保全を呼びかける声が高く、シアトル市にある様々な環境保全団体も海に投棄されたプラスチック製ゴミによる環境汚染が生態系へ影響することから、サイズが小さいためにリサイクルが難しいプラスチック製ストローやスプーンなどの禁止を訴えていた。

 シアトルに先駆け、すでにカリフォルニア州マリブ市が飲食店によるプラスチック製ストローの提供を全面的に禁止しているが、大都市ではシアトルが全米初となるため、今回の同市の禁止令施行により、既に条例案が提出されているサンフランシスコやニューヨークでも同様の動きに拍車がかかると見られている。

参考記事
Seattle Times

アメリカの「環境問題」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


シアトルの「犬を飼うならシェルター」事情

シアトルの「犬を飼うならシェルター」事情

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、犬を飼いたい人たちが増えているという話。全米でも「ドッグフレンドリー」な街で有名なシアトルでは、家族の一員として迎える犬を見つけるまでが一苦労という事態が発生しているという。


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング