シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


違反すれば罰金250ドル

 米ワシントン州シアトル市は1日、市内のすべての飲食店、約5,000軒においてプラスチック製ストローやスプーンやフォーク、カクテルに添えられるピックなどの提供を全面的に禁止する措置に踏み切った。違反すれば250ドル(約2万7000円)の罰金が飲食店に科される。

 シアトル発の飲食店といえば、真っ先に名前があがる世界規模コーヒーチェーンのスターバックス社でも、全店において植物由来で肥料にすることもできるコンポースタブル素材のストローの提供を開始した。米ハンバーガー・チェーン最大手のマクドナルドも同様の植物素材のストローに変更。また多くの飲食店では紙で作られたストローなども取り入れられ始めている。

小さなプラスチック製ストローはリサイクルに不向き

 米国内でも西海岸地域は特に環境保全を呼びかける声が高く、シアトル市にある様々な環境保全団体も海に投棄されたプラスチック製ゴミによる環境汚染が生態系へ影響することから、サイズが小さいためにリサイクルが難しいプラスチック製ストローやスプーンなどの禁止を訴えていた。

 シアトルに先駆け、すでにカリフォルニア州マリブ市が飲食店によるプラスチック製ストローの提供を全面的に禁止しているが、大都市ではシアトルが全米初となるため、今回の同市の禁止令施行により、既に条例案が提出されているサンフランシスコやニューヨークでも同様の動きに拍車がかかると見られている。

参考記事
Seattle Times

アメリカの「環境問題」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。


視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング