シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


違反すれば罰金250ドル

 米ワシントン州シアトル市は1日、市内のすべての飲食店、約5,000軒においてプラスチック製ストローやスプーンやフォーク、カクテルに添えられるピックなどの提供を全面的に禁止する措置に踏み切った。違反すれば250ドル(約2万7000円)の罰金が飲食店に科される。

 シアトル発の飲食店といえば、真っ先に名前があがる世界規模コーヒーチェーンのスターバックス社でも、全店において植物由来で肥料にすることもできるコンポースタブル素材のストローの提供を開始した。米ハンバーガー・チェーン最大手のマクドナルドも同様の植物素材のストローに変更。また多くの飲食店では紙で作られたストローなども取り入れられ始めている。

小さなプラスチック製ストローはリサイクルに不向き

 米国内でも西海岸地域は特に環境保全を呼びかける声が高く、シアトル市にある様々な環境保全団体も海に投棄されたプラスチック製ゴミによる環境汚染が生態系へ影響することから、サイズが小さいためにリサイクルが難しいプラスチック製ストローやスプーンなどの禁止を訴えていた。

 シアトルに先駆け、すでにカリフォルニア州マリブ市が飲食店によるプラスチック製ストローの提供を全面的に禁止しているが、大都市ではシアトルが全米初となるため、今回の同市の禁止令施行により、既に条例案が提出されているサンフランシスコやニューヨークでも同様の動きに拍車がかかると見られている。

参考記事
Seattle Times

アメリカの「環境問題」に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

このところ、アメリカのトレンド・フォーカスは、ピクルスらしい。そう、ハンバーガーやサンドイッチの添え物である、きゅうりの酢漬けのことだ。ニューヨークにあるピクルス専門レストランでは、意外なメニューにファンが急増しているという。


スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、リベラル派で知られるスターバックス社の元CEO、ハワード・シュルツ氏が、来年の米大統領選に出馬を検討中であるとインタビューで話したことについて。


自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

底冷えする寒い季節には、部屋の暖房をつけ続けたり、ときには室内でも服を着こまざるを得ない日も多いはず。そんな冬にぜひ手にしたい携帯型の新ガジェットがアメリカで発売された。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング