宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


アマゾンがホールフーズ・マーケットを買収後、市場が変化

忙しくても自宅で調理した料理を食べたいと考える人たちを対象に発展した「ミール・キット」は、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がパッケージされ、レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめる。アメリカでミール・キットの大御所といえば、「Blue Apron」や「Sun Basket」の名前が挙がるが、「Hello Fresh」、「Plated」、「Home Chef」、「Munchery」、 「Chef’d」、「Marth & Marley Spoon」、「Purple Carrot」、「Green Chef」、 「Greenblender」、「Freshly」、「Terra’s Kitchen」など数多くのブランドが競合。どのブランドも有名シェフによる監修、オーガニック食材の使用、ベジタリアン対象などの特色を明確に打ち出し健闘している成長産業だ。

 ミール・キット市場は、言うまでもなくネット販売による定期宅配が基本。しかし、昨年アマゾンドットコム社が、全米展開する高級スーパーマーケットのホールフーズを買収後は、全米展開する他の大手スーパーマーケットやドラッグストアと組んで店頭販売する動きが、急速に広がっている。

1億人のアマゾンプライム会員を相手に

 アマゾンドットコム社は、プライム会員だけで1億人以上の会員がいるが、まだそこに向けての食料品販売は開始していない。しかし、話題のレジなし小売店「アマゾン・ゴー」の第1号店では、同社オリジナルのミール・キットをテスト販売しており、これが売れているという。

 また昨年から「Blue Apron」が大型倉庫型小売業のコストコと組んだり、大手スーパーマーケット・チェーンのアルバートソンズが「Plated」を買収したり、小売業界の王者ウォルマートが独自のキットを開発販売したり、大手食品企業がスタートアップのミール・キット会社と組んだりと、宅配一辺倒だった業界から大きく変化しつつある。

 中小の食品スーパーも地元のスーパーも、ヴィーガン専用のキットを開発したり、 「インストア・ミールキット」(店内の生鮮食品を使い、店内で下準備をするミール・キット)を展開するなど、新しいアイデアを続出。大手のなかには有名スポーツ選手やセレブリティーを起用して、キットの良さを大々的に宣伝する企業も増えてきた。

 調査会社ニールセンによると、ミール・キットの店舗における購入数は増加しているという。昨年の調査では過去6カ月間にミール・キットを購入した世帯は全体の9%となる1,050万世帯にも上る。これまでは宅配業者のキラー商品だったミール・キットだが、今後は小売業界の主要棚を占めそうだ。

参考記事:
https://www.cnbc.com/2018/06/29/amazons-purchase-of-whole-foods-changed-the-meal-kit-industry.html

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

https://bizseeds.net/articles/659

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?

その他の「飲食業界」に関する記事へ

この記事の寄稿者

関連する投稿


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング