宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


アマゾンがホールフーズ・マーケットを買収後、市場が変化

忙しくても自宅で調理した料理を食べたいと考える人たちを対象に発展した「ミール・キット」は、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がパッケージされ、レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめる。アメリカでミール・キットの大御所といえば、「Blue Apron」や「Sun Basket」の名前が挙がるが、「Hello Fresh」、「Plated」、「Home Chef」、「Munchery」、 「Chef’d」、「Marth & Marley Spoon」、「Purple Carrot」、「Green Chef」、 「Greenblender」、「Freshly」、「Terra’s Kitchen」など数多くのブランドが競合。どのブランドも有名シェフによる監修、オーガニック食材の使用、ベジタリアン対象などの特色を明確に打ち出し健闘している成長産業だ。

 ミール・キット市場は、言うまでもなくネット販売による定期宅配が基本。しかし、昨年アマゾンドットコム社が、全米展開する高級スーパーマーケットのホールフーズを買収後は、全米展開する他の大手スーパーマーケットやドラッグストアと組んで店頭販売する動きが、急速に広がっている。

1億人のアマゾンプライム会員を相手に

 アマゾンドットコム社は、プライム会員だけで1億人以上の会員がいるが、まだそこに向けての食料品販売は開始していない。しかし、話題のレジなし小売店「アマゾン・ゴー」の第1号店では、同社オリジナルのミール・キットをテスト販売しており、これが売れているという。

 また昨年から「Blue Apron」が大型倉庫型小売業のコストコと組んだり、大手スーパーマーケット・チェーンのアルバートソンズが「Plated」を買収したり、小売業界の王者ウォルマートが独自のキットを開発販売したり、大手食品企業がスタートアップのミール・キット会社と組んだりと、宅配一辺倒だった業界から大きく変化しつつある。

 中小の食品スーパーも地元のスーパーも、ヴィーガン専用のキットを開発したり、 「インストア・ミールキット」(店内の生鮮食品を使い、店内で下準備をするミール・キット)を展開するなど、新しいアイデアを続出。大手のなかには有名スポーツ選手やセレブリティーを起用して、キットの良さを大々的に宣伝する企業も増えてきた。

 調査会社ニールセンによると、ミール・キットの店舗における購入数は増加しているという。昨年の調査では過去6カ月間にミール・キットを購入した世帯は全体の9%となる1,050万世帯にも上る。これまでは宅配業者のキラー商品だったミール・キットだが、今後は小売業界の主要棚を占めそうだ。

参考記事:
https://www.cnbc.com/2018/06/29/amazons-purchase-of-whole-foods-changed-the-meal-kit-industry.html

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

https://bizseeds.net/articles/659

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?

その他の「飲食業界」に関する記事へ

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

スナック菓子が好きなアメリカ人は、とにかく多い。ポテトチップスが学校給食に出るのはもちろん、ポテトチップスやトルティーヤ・チップス類を常備する家庭も多い。ドリトスなどのチーズ味やバーベキュー味のお菓子は子供だけでなく、大人のおつまみとしても人気が高い。そんなスナック菓子がハンバーガーとコラボした企画が話題だ。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング