宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


アマゾンがホールフーズ・マーケットを買収後、市場が変化

忙しくても自宅で調理した料理を食べたいと考える人たちを対象に発展した「ミール・キット」は、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がパッケージされ、レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめる。アメリカでミール・キットの大御所といえば、「Blue Apron」や「Sun Basket」の名前が挙がるが、「Hello Fresh」、「Plated」、「Home Chef」、「Munchery」、 「Chef’d」、「Marth & Marley Spoon」、「Purple Carrot」、「Green Chef」、 「Greenblender」、「Freshly」、「Terra’s Kitchen」など数多くのブランドが競合。どのブランドも有名シェフによる監修、オーガニック食材の使用、ベジタリアン対象などの特色を明確に打ち出し健闘している成長産業だ。

 ミール・キット市場は、言うまでもなくネット販売による定期宅配が基本。しかし、昨年アマゾンドットコム社が、全米展開する高級スーパーマーケットのホールフーズを買収後は、全米展開する他の大手スーパーマーケットやドラッグストアと組んで店頭販売する動きが、急速に広がっている。

1億人のアマゾンプライム会員を相手に

 アマゾンドットコム社は、プライム会員だけで1億人以上の会員がいるが、まだそこに向けての食料品販売は開始していない。しかし、話題のレジなし小売店「アマゾン・ゴー」の第1号店では、同社オリジナルのミール・キットをテスト販売しており、これが売れているという。

 また昨年から「Blue Apron」が大型倉庫型小売業のコストコと組んだり、大手スーパーマーケット・チェーンのアルバートソンズが「Plated」を買収したり、小売業界の王者ウォルマートが独自のキットを開発販売したり、大手食品企業がスタートアップのミール・キット会社と組んだりと、宅配一辺倒だった業界から大きく変化しつつある。

 中小の食品スーパーも地元のスーパーも、ヴィーガン専用のキットを開発したり、 「インストア・ミールキット」(店内の生鮮食品を使い、店内で下準備をするミール・キット)を展開するなど、新しいアイデアを続出。大手のなかには有名スポーツ選手やセレブリティーを起用して、キットの良さを大々的に宣伝する企業も増えてきた。

 調査会社ニールセンによると、ミール・キットの店舗における購入数は増加しているという。昨年の調査では過去6カ月間にミール・キットを購入した世帯は全体の9%となる1,050万世帯にも上る。これまでは宅配業者のキラー商品だったミール・キットだが、今後は小売業界の主要棚を占めそうだ。

参考記事:
https://www.cnbc.com/2018/06/29/amazons-purchase-of-whole-foods-changed-the-meal-kit-industry.html

アマゾンのハイテク無人ストア「Amazon Go」、さらに年内6店舗

https://bizseeds.net/articles/659

アマゾンが「ショッピングの改革」と銘打って開発した無人ストア「Amazon Go」。ネット小売業界を牽引しつつ、その真逆にも見える戦略で高級スーパーマーケット・チェーンの買収や本屋を次々と開店する同社の狙いとは?

その他の「飲食業界」に関する記事へ

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング